2022.8.2

グルメ

2022年クレープ開店ラッシュ……北海道のウェブサイトが選ぶ“ハイレベルな話題店”

SASARU編集部

2022年の上半期、北海道にはさまざまなクレープ店がOPENし話題となりました。 今回は、北海道の情報サイト「SASARU」の編集部が上半期の人気記事を中心にクレープ店を4つをピックアップしてご紹介。

新店のみまらず、人気のキッチンカーなども登場します。生地が主役のクレープ・原宿で行列をうんだブリュレクレープ・フランス出身のシェフがつくる本場クレープ…個性豊かなお店たちが北海道にはあります。

主役は生地!? 北海道に初上陸した「千葉の人気店」

1店舗目は、札幌市の東区に4月オープンの「タナカクレープ」。千葉県で大人気の味がついに北海道に初上陸しました。 こちらのお店のウリは“生地”!
無農薬小麦粉・国産全粒粉・ギーを使用しています。ギーとは無塩バターを1時間以上煮詰め、それを濾して不純物を取り除いたもの。インドの伝統医学アーユルヴェーダで万能、若返りのオイルとも言われます。
イチオシのメニューは「スモークチキン(650円 税込)」。 花束のように立っているシャキシャキレタス。それにマスタードマヨネーズがクセになる一品です。お食事系クレープのイメージをガラッと変えてしまうかも!?
タナカクレープ
住所:札幌市東区北18条東8丁目2-20
営業時間:12:00〜生地無くなり次第終了
定休日:月曜+臨時休業有
駐車場:なし
Instagram:@tanaka.crepe

※こちらの店舗は住宅街にあります。店舗周辺の路上駐車や、近隣の住宅を塞ぐような行列はしないように、十分ご配慮下さい。

取材した記事を読む↓
生地のレベルがすごい!“クレープ好き”感動 住宅街に出店!北海道初上陸クレープ屋さん 
https://sasaru.media/article/gourmet/20220423_003/(2022.4.23公開)

日本初の“焦がしクレープ”…原宿で行列をうんだ伝説のお店

クレープの激戦区といえば「原宿」。
そこで行列を生んだ「コムクレープ」が4月に札幌へとやってきました。 看板商品は「クレープブリュレ(630円 税込 / 持ち帰りは618円)」。中に入っているのは特製バニラカスタードクリーム&独自の生地のみ。フルーツなどは入っていません。
注文を受けてからクレープの表面を焦がすので、出来立てをいただけます。 ブリュレされた部分のほろ苦さ、濃厚な甘さのクリームが絶妙なバランス。焦げた部分のパリパリ食感と、生地のモチっと食感もクセになる美味しさ。
「王様のブランチ」、「嵐にしやがれ」など数々のメディアやSNSでも紹介されるほどのクレープ。人気の理由、みなさんも確かめてみては?

コムクレープ 札幌店
住所:札幌市白石区東札幌3条5丁目1-11
電話:011-598-8311
営業時間:午前11時~午後18時
定休日:水曜日
Instagram : @comcrepe_sapporo

取材した記事を読む↓
クレープの聖地"原宿で行列"を生んだ伝説の「コムクレープ」北海道初上陸【札幌】  https://sasaru.media/article/gourmet/20220405_004/(2022.4.5公開)

十勝産の小麦で”もっちり生地”…クレープ専門の「キッチンカー」

3店舗目は、帯広を中心に十勝管内を走る「crepe misora(クレープミソラ)」。クレープ専門のキッチンカーです。常時20種類以上のメニューが並び、デザート系・おかず系・月替わりのメニューを食べることができます。
こちらのお店オリジナルの人気商品が「ティラミスショコラ(600円 税込)」 マスカルポーネチーズが入ったクリームは、コーヒーが染みこんだケーキとよく合います。
ほどよい甘さともっちり感のある生地はやみつきになる美味しさ。 十勝産の小麦を使うことで、しっとりした食感に仕上がっています。 出店場所や月替わりクレープなどの情報はインスタグラムをチェックです!
crepe misora
営業時間:午前11時~午後4時※売り切れ次第、終了
※営業場所は、インスタグラムで随時告知
定休日:月~金、不定休あり
Instagram:@crepe__misora

取材した記事を読む↓
十勝産小麦クレープ誕生!しっとりもちもち「おいしい条件全部そろってる」ティラミスショコラ人気【十勝】 
https://sasaru.media/article/gourmet/20220530_003/(2022.5.30公開)

シェフはフランス出身!本場の「クレープ&ガレット」を提供する人気キッチンカー

4店舗目は札幌近郊に出店するキッチンカー「JB’s crêpes」フランス出身のシェフが作る本格的なクレープやガレットを手軽に食べられると人気を集めています。
メニューはガレットも合わせて全15種。フランスでは定番の「バター、シュガー、生レモン(380円 税込)」・塩キャラメルソースがたっぷり入った「塩キャラメル(380円 税込)」などがいただけます。
注文を受けてから焼くクレープは、出来立てアツアツ。JBさんが "Merci beaucoup." の言葉とともに直接手渡してくれるんです!笑顔が素敵でとっても癒されますね。
かわいらしい水色のキッチンカー「JB’s crêpes」
出店日や出店場所はインスタグラムに掲載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

JB’s crêpes
営業時間:午前11時~午後5時(出店場所によって変更あり)
Instagram:@jb.crepes

取材した記事を読む↓
本物のクレープ&ガレットが大人気…行く先々で行列"目印は水色のキッチンカー"シェフはフランス出身!
https://sasaru.media/article/gourmet/20220601_002/(2022.6.1公開)

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)
 

主役は生地!? 北海道に初上陸した「千葉の人気店」

1店舗目は、札幌市の東区に4月オープンの「タナカクレープ」。千葉県で大人気の味がついに北海道に初上陸しました。 こちらのお店のウリは“生地”!
無農薬小麦粉・国産全粒粉・ギーを使用しています。ギーとは無塩バターを1時間以上煮詰め、それを濾して不純物を取り除いたもの。インドの伝統医学アーユルヴェーダで万能、若返りのオイルとも言われます。
イチオシのメニューは「スモークチキン(650円 税込)」。 花束のように立っているシャキシャキレタス。それにマスタードマヨネーズがクセになる一品です。お食事系クレープのイメージをガラッと変えてしまうかも!?
タナカクレープ
住所:札幌市東区北18条東8丁目2-20
営業時間:12:00〜生地無くなり次第終了
定休日:月曜+臨時休業有
駐車場:なし
Instagram:@tanaka.crepe

※こちらの店舗は住宅街にあります。店舗周辺の路上駐車や、近隣の住宅を塞ぐような行列はしないように、十分ご配慮下さい。

取材した記事を読む↓
生地のレベルがすごい!“クレープ好き”感動 住宅街に出店!北海道初上陸クレープ屋さん 
https://sasaru.media/article/gourmet/20220423_003/(2022.4.23公開)

日本初の“焦がしクレープ”…原宿で行列をうんだ伝説のお店

クレープの激戦区といえば「原宿」。
そこで行列を生んだ「コムクレープ」が4月に札幌へとやってきました。 看板商品は「クレープブリュレ(630円 税込 / 持ち帰りは618円)」。中に入っているのは特製バニラカスタードクリーム&独自の生地のみ。フルーツなどは入っていません。
注文を受けてからクレープの表面を焦がすので、出来立てをいただけます。 ブリュレされた部分のほろ苦さ、濃厚な甘さのクリームが絶妙なバランス。焦げた部分のパリパリ食感と、生地のモチっと食感もクセになる美味しさ。
「王様のブランチ」、「嵐にしやがれ」など数々のメディアやSNSでも紹介されるほどのクレープ。人気の理由、みなさんも確かめてみては?

コムクレープ 札幌店
住所:札幌市白石区東札幌3条5丁目1-11
電話:011-598-8311
営業時間:午前11時~午後18時
定休日:水曜日
Instagram : @comcrepe_sapporo

取材した記事を読む↓
クレープの聖地"原宿で行列"を生んだ伝説の「コムクレープ」北海道初上陸【札幌】  https://sasaru.media/article/gourmet/20220405_004/(2022.4.5公開)

十勝産の小麦で”もっちり生地”…クレープ専門の「キッチンカー」

3店舗目は、帯広を中心に十勝管内を走る「crepe misora(クレープミソラ)」。クレープ専門のキッチンカーです。常時20種類以上のメニューが並び、デザート系・おかず系・月替わりのメニューを食べることができます。
こちらのお店オリジナルの人気商品が「ティラミスショコラ(600円 税込)」 マスカルポーネチーズが入ったクリームは、コーヒーが染みこんだケーキとよく合います。
ほどよい甘さともっちり感のある生地はやみつきになる美味しさ。 十勝産の小麦を使うことで、しっとりした食感に仕上がっています。 出店場所や月替わりクレープなどの情報はインスタグラムをチェックです!
crepe misora
営業時間:午前11時~午後4時※売り切れ次第、終了
※営業場所は、インスタグラムで随時告知
定休日:月~金、不定休あり
Instagram:@crepe__misora

取材した記事を読む↓
十勝産小麦クレープ誕生!しっとりもちもち「おいしい条件全部そろってる」ティラミスショコラ人気【十勝】 
https://sasaru.media/article/gourmet/20220530_003/(2022.5.30公開)

シェフはフランス出身!本場の「クレープ&ガレット」を提供する人気キッチンカー

4店舗目は札幌近郊に出店するキッチンカー「JB’s crêpes」フランス出身のシェフが作る本格的なクレープやガレットを手軽に食べられると人気を集めています。
メニューはガレットも合わせて全15種。フランスでは定番の「バター、シュガー、生レモン(380円 税込)」・塩キャラメルソースがたっぷり入った「塩キャラメル(380円 税込)」などがいただけます。
注文を受けてから焼くクレープは、出来立てアツアツ。JBさんが "Merci beaucoup." の言葉とともに直接手渡してくれるんです!笑顔が素敵でとっても癒されますね。
かわいらしい水色のキッチンカー「JB’s crêpes」
出店日や出店場所はインスタグラムに掲載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

JB’s crêpes
営業時間:午前11時~午後5時(出店場所によって変更あり)
Instagram:@jb.crepes

取材した記事を読む↓
本物のクレープ&ガレットが大人気…行く先々で行列"目印は水色のキッチンカー"シェフはフランス出身!
https://sasaru.media/article/gourmet/20220601_002/(2022.6.1公開)

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)
 

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。

SHARE