2022.7.15

おでかけ

大人オシャレカフェ…築50年の古民家「スタイリッシュで楽しい」不思議な複合店【札幌】

佐藤 日和

フリーライター

“雨後の筍”という言葉を知っていますか?雨上がりにたけのこが次々と生えてくることから、物事が相次いで起こることを表現した言葉です。

札幌・豊平区にある『ugo』は、そんな“雨後の筍”のようなお店。

訪れるだけで、新しい“モノ”や面白い“人”と出会えるんです。一体どんな施設なのか、実際に訪れてみました。

“こんなの見たことない”に出会える場所

店内へ足を踏み入れると、カラフルな花器がたくさん並ぶシックな空間が広がっていました。

『ugo』は、カフェエリア・セレクトショップ・コワーキングスペース・水煙草(シーシャ)エリアの4エリアから構成される複合施設です。

築50年の古民家を改装しており、店内はスタイリッシュでありながら、どこか懐かしさも感じられます。
同店を運営している伊藤さんご夫婦は、旦那様が愛媛県生まれで、奥様が北海道生まれ。

お2人とも国内外のさまざまな場所へ渡航経験があり、今までに訪れた場所で見て体験した“素敵なもの”を北海道へ還元したいという思いから『ugo』をオープンしました。

開業の経緯について奥様は「札幌は地方都市なので、新しいものを見たり触れたりする場所が少ない。“こんなの見たことない、ここに来れば面白いものがある”という場所を作りたかった」といいます。

国内外の“素敵なアイテム”に囲まれたセレクトショップ


画像提供:ugo

1階のショップエリアは、取り扱っているアイテムが主役という考えのもと、それぞれを引き立てるように白で構成された洗練された雰囲気が特徴です。

プロダクトが好きな奥様の「自分が使って、よかったものを紹介したい」という思いにより、国内外から仕入れた多種多様な商品が並んでいます。

たとえば羽ペンのような見た目の「etseq.」は、台湾発のネイルポリッシュブランド。可愛らしいボトルは、見ているだけでわくわくしますね。
滋賀県で生まれたライフスタイルブランド 「lilo」のアイテムも販売されていました。

以前、『ugo』ではliloダッチオーブンを使って料理を提供したり、商品の魅力を北海道の方に伝えるイベントを開催したりしたそう。生産者やデザイナーと出会える貴重な機会ということもあり、このイベントに は多くの人が参加したんだとか。

そのほかにも、フィンランドで最も古いテキスタイルブランド「FINLAYSON」のキャンドルなど、普段は見かける機会がない世界の“素敵なアイテム”がたくさんありました。

画像提供:ugo

海外感あふれるグルメを提供するカフェエリア


画像提供:ugo

セレクトショップの隣がカフェエリアとなっており、昼から夜にかけて営業しています。

海外のカフェを意識した店内に、異国情緒あふれるメニューが見どころ。訪れた際は、台湾グルメのルーロー飯も提供されていました。

なかでも、特に人気のメニューがニューヨークの屋台料理「チキンオーバーライス」なんだとか。

日本では馴染みのない世界のグルメを体験したい人は、カフェで食事をしてみるのもいいかもしれませんね。

ライブ配信や仕事に最適なコワーキング

自宅でオンライン会議ができない人や、ちょっと気分と場所を変えて仕事をしたい人など、趣味から仕事まで幅広い用途で利用できます。

利用料金にはドリンクとプリンターの使用料も含まれているので、快適に作業ができそうです。

画像提供:ugo

カジュアルで気軽に入れる水煙草(シーシャ)エリア


画像提供:ugo

2階には、コワーキングスペースのほかにシーシャのお店「雨後乃水煙草店」が営業しています。

シーシャと聞くと「暗い店内で怪しげ」や「危ない雰囲気で入りにくい」とイメージする人も少なくありません。ですが、『ugo』は誰もが気軽に入れるようカジュアルな空気が演出されています。

古民家らしい落ち着く店内、暖かみのある薪ストーブ、そしておしゃれな音楽が印象的でした。

食事や買い物をした後に、「雨後乃水煙草店」でまったりと過ごすのもよさそうですね。

新たな出会いにわくわくする『ugo』

『ugo』で提供するサービスは、ご夫婦が本当に「おすすめしたい」と思った選りすぐりのモノやコトばかり。

また、4エリアはそれぞれ雰囲気がまったく異なり、空間を移動するだけで新鮮な気持ちになれるのが面白かったです。この独特の空気感にハマった常連さんも少なくないんだとか。

一風変わった“新たな出会い”を体験したい人は、『ugo』へ一度足を運んでみては?

画像提供:ugo

ugo
住所:札幌市豊平区豊平3条4丁目1-23
営業時間
月・水・木曜日:午後12時~午後11時
金・土・日曜日:午後12時~午前0時
定休日:火曜日
電話番号:011-376-5663
Instagram:@ugo_lifestyle
Webサイト:https://www.ugo-lifestyle.info/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は公式サイトでご確認ください)

住宅リノベーションをテーマにしたドラマがスタート

さて、今回は古民家を“リノベーション”した素敵なお店をご紹介しましたが、新月10ドラマ「魔法のリノベ」は、住宅リノベーションをテーマにした“人生リノベーションお仕事ドラマ”となっています!

波留さん演じる元大手リフォーム会社の営業エースと、間宮祥太朗さん演じる営業成績0点でバツ2シングルファザーの“凸凹営業コンビ”が、さまざまな問題を抱える依頼人のために五感と機転と根性を駆使した住宅リノベ提案で、悩みや問題をスカッと解決する姿に注目です。

「魔法のリノベ」は7月18日(月)よる10時放送スタートです。

▼番組公式ホームページ(関西テレビ放送)
https://www.ktv.jp/mahorino/

“こんなの見たことない”に出会える場所

店内へ足を踏み入れると、カラフルな花器がたくさん並ぶシックな空間が広がっていました。

『ugo』は、カフェエリア・セレクトショップ・コワーキングスペース・水煙草(シーシャ)エリアの4エリアから構成される複合施設です。

築50年の古民家を改装しており、店内はスタイリッシュでありながら、どこか懐かしさも感じられます。
同店を運営している伊藤さんご夫婦は、旦那様が愛媛県生まれで、奥様が北海道生まれ。

お2人とも国内外のさまざまな場所へ渡航経験があり、今までに訪れた場所で見て体験した“素敵なもの”を北海道へ還元したいという思いから『ugo』をオープンしました。

開業の経緯について奥様は「札幌は地方都市なので、新しいものを見たり触れたりする場所が少ない。“こんなの見たことない、ここに来れば面白いものがある”という場所を作りたかった」といいます。

国内外の“素敵なアイテム”に囲まれたセレクトショップ


画像提供:ugo

1階のショップエリアは、取り扱っているアイテムが主役という考えのもと、それぞれを引き立てるように白で構成された洗練された雰囲気が特徴です。

プロダクトが好きな奥様の「自分が使って、よかったものを紹介したい」という思いにより、国内外から仕入れた多種多様な商品が並んでいます。

たとえば羽ペンのような見た目の「etseq.」は、台湾発のネイルポリッシュブランド。可愛らしいボトルは、見ているだけでわくわくしますね。

画像提供:ugo

滋賀県で生まれたライフスタイルブランド 「lilo」のアイテムも販売されていました。

以前、『ugo』ではliloダッチオーブンを使って料理を提供したり、商品の魅力を北海道の方に伝えるイベントを開催したりしたそう。生産者やデザイナーと出会える貴重な機会ということもあり、このイベントに は多くの人が参加したんだとか。

そのほかにも、フィンランドで最も古いテキスタイルブランド「FINLAYSON」のキャンドルなど、普段は見かける機会がない世界の“素敵なアイテム”がたくさんありました。

海外感あふれるグルメを提供するカフェエリア


画像提供:ugo

セレクトショップの隣がカフェエリアとなっており、昼から夜にかけて営業しています。

海外のカフェを意識した店内に、異国情緒あふれるメニューが見どころ。訪れた際は、台湾グルメのルーロー飯も提供されていました。

なかでも、特に人気のメニューがニューヨークの屋台料理「チキンオーバーライス」なんだとか。

日本では馴染みのない世界のグルメを体験したい人は、カフェで食事をしてみるのもいいかもしれませんね。

ライブ配信や仕事に最適なコワーキング


画像提供:ugo

自宅でオンライン会議ができない人や、ちょっと気分と場所を変えて仕事をしたい人など、趣味から仕事まで幅広い用途で利用できます。

利用料金にはドリンクとプリンターの使用料も含まれているので、快適に作業ができそうです。

カジュアルで気軽に入れる水煙草(シーシャ)エリア


画像提供:ugo

2階には、コワーキングスペースのほかにシーシャのお店「雨後乃水煙草店」が営業しています。

シーシャと聞くと「暗い店内で怪しげ」や「危ない雰囲気で入りにくい」とイメージする人も少なくありません。ですが、『ugo』は誰もが気軽に入れるようカジュアルな空気が演出されています。

古民家らしい落ち着く店内、暖かみのある薪ストーブ、そしておしゃれな音楽が印象的でした。

食事や買い物をした後に、「雨後乃水煙草店」でまったりと過ごすのもよさそうですね。

新たな出会いにわくわくする『ugo』


画像提供:ugo

『ugo』で提供するサービスは、ご夫婦が本当に「おすすめしたい」と思った選りすぐりのモノやコトばかり。

また、4エリアはそれぞれ雰囲気がまったく異なり、空間を移動するだけで新鮮な気持ちになれるのが面白かったです。この独特の空気感にハマった常連さんも少なくないんだとか。

一風変わった“新たな出会い”を体験したい人は、『ugo』へ一度足を運んでみては?
ugo
住所:札幌市豊平区豊平3条4丁目1-23
営業時間
月・水・木曜日:午後12時~午後11時
金・土・日曜日:午後12時~午前0時
定休日:火曜日
電話番号:011-376-5663
Instagram:@ugo_lifestyle
Webサイト:https://www.ugo-lifestyle.info/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は公式サイトでご確認ください)

住宅リノベーションをテーマにしたドラマがスタート

さて、今回は古民家を“リノベーション”した素敵なお店をご紹介しましたが、新月10ドラマ「魔法のリノベ」は、住宅リノベーションをテーマにした“人生リノベーションお仕事ドラマ”となっています!

波留さん演じる元大手リフォーム会社の営業エースと、間宮祥太朗さん演じる営業成績0点でバツ2シングルファザーの“凸凹営業コンビ”が、さまざまな問題を抱える依頼人のために五感と機転と根性を駆使した住宅リノベ提案で、悩みや問題をスカッと解決する姿に注目です。

「魔法のリノベ」は7月18日(月)よる10時放送スタートです。

▼番組公式ホームページ(関西テレビ放送)
https://www.ktv.jp/mahorino/

佐藤 日和

フリーライター

札幌在住のフリーライター。進学就職を機に北海道を離れ首都圏へ。その後フリーライターとして独立し、東南アジアと日本を行き来するノマド生活を送る。国内外各地を旅するなかで「やっぱり地元北海道が最高!」と気づき札幌へ。現在、執筆や編集、翻訳業をメインに活動しています。趣味は旅行とカフェ巡り。特技はインドネシア語。SASARUでは、各地を旅してきたからこそわかる"北海道ならではの魅力"を発信していきます。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード