2022.11.6

グルメ

学生街の”コスパ最強店” クレープ230円から!…賑わう交差点の角にオープン【札幌】

森涼美

ライター

持つとなんとなく童心に返った気分になる、軽食のクレープ。小さい頃から慣れ親しんだわけではなくとも、そのフォルムや味はどことなく若々しさを彷彿とさせます。

そんなクレープを売るお店として10年以上の歴史を持つのが、札幌市内に3店舗を構える「パイ&クレープ Clover(クローバー)」。北8条店が移転するというニュースを聞きつけて、新しくリニューアルオープンされた北18条店を訪問しました。

北18条に移転…駅近くの路面店でアクセス抜群

幅広い年代層に愛されてきたクローバーの北8条店が移転を済ませたのは、日暮れが早まる10月。移転先として選ばれたのは、カフェや学生で賑わう北18条でした。

北18条を選んだ理由については「移転先の物件を探していたところ、北大や高校が近く、地下鉄駅も隣接しているこの場所がビビッときた」とオーナーの吉田さん。移転の際には、前店舗の名残を惜しむ利用者の声も多かったのだそうです。

木目調の店内には40種以上のクレープが

ガラスのドアを開ける振動が、チリンとチャイムを鳴らすクローバー北18条店。それを聞きつけた店員さんの挨拶と共に、40種以上のクレープの中から好みを探す時間が始まります。

新たな店舗は、前店舗の頃から内装のテイストも少し様変わり。木目が基調なのは受け継ぎつつも、色彩の異なる板材が店内を彩ります。

リーズナブルで気軽に買える…おかず系クレープも

クローバーでは今年5月に価格改訂があったものの、そのリーズナブルさは顕在。230円からのメニューには、学生でも気軽に好きなものを選べる嬉しさがあります。

そしてクローバーのメニューは、甘いもの好きさん以外にも寛容。4種類のおかず系クレープもあり、どんな気分の時にも欲しいメニューが見つかるはずです。

自然の素材で仕上げた生地はほんのり甘いもちもち食感

今回頂いたのは、スイーツ系クレープとおかず系クレープから一品ずつ。どちらのクレープにも同じ生地が使われていて、自然の素材由来のほんのり甘いもちもち食感が特徴です。
キャラメル生クリームミルフィーユ (380円 税込)」は、ザクザクとした香ばしいミルフィーユが魅力。生地に隙間なく入った生クリームは、甘すぎず舌触りもなめらか。キャラメルソースはほんのりとした甘みと苦みがあり、ペロリと完食してしまえる一品です。
ウインナーチーズ (430円 税込)」は、パリッと食感のウインナーが食べ応えあり。チーズとケチャップに合わさって口の中に広がる塩味は、程よい甘さのクレープ生地と絶妙なハーモニーを織りなします。

値段や時間を気にせず気軽に…学校帰りや小休憩に最適

気軽に食べられるクレープは、軽食として小腹を満たすのにぴったり。クローバー北18条店は、学校や会社の帰り、遊び疲れてホッと一息つきたい時にフラッと立ち寄れる一店です。

オーナーの吉田さんは、クローバーへの想いについて「札幌には数少ない路面店のクレープ屋さんとして、値段や時間を気にせず足を運んでもらえるようなお店になれば」と一言。同店のクレープが新しい土地に根付くのは、そう遠くはない未来になるはずです。
パイ&クレープ Clover (クローバー) 北18条店
住所:北海道札幌市北区北18条西4丁目1-14 18HTビル 1階
営業時間:午前11時〜午後7時
定休日:なし
Webサイト:http://clover1223.main.jp
Instagram:@clover1223

(上記の情報は記事作成時点でのものです。価格や最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

北18条に移転…駅近くの路面店でアクセス抜群

幅広い年代層に愛されてきたクローバーの北8条店が移転を済ませたのは、日暮れが早まる10月。移転先として選ばれたのは、カフェや学生で賑わう北18条でした。

北18条を選んだ理由については「移転先の物件を探していたところ、北大や高校が近く、地下鉄駅も隣接しているこの場所がビビッときた」とオーナーの吉田さん。移転の際には、前店舗の名残を惜しむ利用者の声も多かったのだそうです。

木目調の店内には40種以上のクレープが

ガラスのドアを開ける振動が、チリンとチャイムを鳴らすクローバー北18条店。それを聞きつけた店員さんの挨拶と共に、40種以上のクレープの中から好みを探す時間が始まります。

新たな店舗は、前店舗の頃から内装のテイストも少し様変わり。木目が基調なのは受け継ぎつつも、色彩の異なる板材が店内を彩ります。

リーズナブルで気軽に買える…おかず系クレープも

クローバーでは今年5月に価格改訂があったものの、そのリーズナブルさは顕在。230円からのメニューには、学生でも気軽に好きなものを選べる嬉しさがあります。

そしてクローバーのメニューは、甘いもの好きさん以外にも寛容。4種類のおかず系クレープもあり、どんな気分の時にも欲しいメニューが見つかるはずです。

自然の素材で仕上げた生地はほんのり甘いもちもち食感

今回頂いたのは、スイーツ系クレープとおかず系クレープから一品ずつ。どちらのクレープにも同じ生地が使われていて、自然の素材由来のほんのり甘いもちもち食感が特徴です。
キャラメル生クリームミルフィーユ (380円 税込)」は、ザクザクとした香ばしいミルフィーユが魅力。生地に隙間なく入った生クリームは、甘すぎず舌触りもなめらか。キャラメルソースはほんのりとした甘みと苦みがあり、ペロリと完食してしまえる一品です。
ウインナーチーズ (430円 税込)」は、パリッと食感のウインナーが食べ応えあり。チーズとケチャップに合わさって口の中に広がる塩味は、程よい甘さのクレープ生地と絶妙なハーモニーを織りなします。

値段や時間を気にせず気軽に…学校帰りや小休憩に最適

気軽に食べられるクレープは、軽食として小腹を満たすのにぴったり。クローバー北18条店は、学校や会社の帰り、遊び疲れてホッと一息つきたい時にフラッと立ち寄れる一店です。

オーナーの吉田さんは、クローバーへの想いについて「札幌には数少ない路面店のクレープ屋さんとして、値段や時間を気にせず足を運んでもらえるようなお店になれば」と一言。同店のクレープが新しい土地に根付くのは、そう遠くはない未来になるはずです。
パイ&クレープ Clover (クローバー) 北18条店
住所:北海道札幌市北区北18条西4丁目1-14 18HTビル 1階
営業時間:午前11時〜午後7時
定休日:なし
Webサイト:http://clover1223.main.jp
Instagram:@clover1223

(上記の情報は記事作成時点でのものです。価格や最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

森涼美

ライター

北海道の「美味しいモノ、楽しい場所、面白い人」がメインテーマ。文章を通して、そんな3つのテーマを届けられたらと思っています。普段は雑誌・映画・音楽が好きなインドア派ですが、食のことになるとアウトドア派。素直な直観や興味を大切に、グルメやライフスタイル情報を発信していきます。SASARUを通して、読者の方がまだ見ぬ魅力的なモノや場所に出会えることを願っています。

SHARE