2022.9.15

グルメ

紅葉スポットつかまえた!「室内なのにまるでアウトドア」紅櫻公園カフェ【札幌】

重本美月

フリーアナウンサー

まだ残暑を感じる日もありますが、季節はだんだんと秋に移り変わっていますね。
 
秋といえば紅葉。札幌市内の紅葉名所といえば「紅櫻公園」がありますが、実は公園内に室内にいながらアウトドア気分を楽しめるカフェがあるって知っていましたか?
 
今回は紅葉シーズンにぴったり!「紅櫻珈琲」をご紹介します。

わくわく!まるでアウトドアな店内

店内に入ると、床は人工芝、テントにハンモックなどキャンプに来たようなテイストになっていて、細部にまでこだわったキャンプグッズには、心が躍ります。
 
紅櫻珈琲のスタッフである井上さんは「店内のデザインは、紅櫻公園内にあるキャンプ場の方に一緒に考えてもらいました。室内でも自然を感じられるので、雨の日でもアウトドア気分を楽しめます」と話します。
 
室内にいることを忘れてしまうような空間、つい長居してしまいそう~。
大きな窓からは、紅櫻公園の景色が広がっていて、アウトドア感がさらにアップ。
 
10月上旬頃~は、きれいに染まった紅葉を眺めながら過ごすことができるそう! 井上さんも「ここで働く前から紅葉の絶景は大好きで、皆さんに見ていただきたいです」と話していました。
 
紅葉シーズンには絶対に訪れたいですね!

紅櫻公園の紅葉(提供画像:紅櫻珈琲)

スペシャリティーコーヒー「紅櫻ブレンド」

同店のコーヒー「紅櫻ブレンド」は、オリジナルブレンドの自家焙煎。ここでしか味わえないコーヒーなのです。しかも、一杯一杯スタッフの方が丁寧に手淹れしてくれます。
 
フルーティーで口当たりがよく、苦すぎないので飲みやすいのが特徴。
筆者も、その飲みやすさにはびっくり。すっきりしていて少し甘みも感じるほど。コーヒーが苦手な人でも飲めそうですよ~!
 
豆、挽き方、淹れ方すべてにこだわった極上の一杯を、アウトドアな空間でいただく。癒しの時間が楽しめます。

数量限定!名物「キューバサンド」

同店の名物フードメニューは「キューバサンド」。
キューバサンドとは、アメリカにいたキューバ人労働者に提供されていたものだそう。

紅櫻珈琲のキューバサンドは、“モホ”というソースにマリネして、オーブンでじっくり焼いた豚肉をパンで挟んだホットサンド。

モホソースには、オレンジジュースにレモン等の柑橘系、ハーブ、紅櫻公園内にある蒸溜所で作っているクラフトジンを隠し味に使用していて、豚肩ロースを1日以上も漬け込んでいるそうです。
筆者、人生初のキューバサンドを実食。パンは外側カリッ、中ふわ~。お肉はやわらかく、ジンと柑橘系のさわやかな風味が相性ぴったりでした。そこにハム、ピクルス、チーズも入っていて、なかなかのボリューム! 大満足の逸品です。
 
キューバサンドを作ったきっかけは、映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」で知り、“紅櫻流“に再現したいと思ったからだそうですよ。

もっと行きたくなる!プラスα情報!


提供画像 : 紅櫻珈琲

ワイングラスがおしゃれな「大人のクリームソーダ (800円 税込み)」も人気!(※販売期間は4月頃から10月いっぱいの予定)
味はその時々で変わるかもしれないとのことですが、現在は“ゆず”味が楽しめます。
 
「お客様自身で完成させるのを楽しんでほしい」との思いから、炭酸は別グラスから自分で注ぎ、ゆずジャムを混ぜて飲むそう。ちょっとした遊び心が粋ですね。
 
紅櫻公園の紅葉を楽しんだ後は、アウトドア気分を味わえるカフェで癒されてはいかがでしょうか。
紅櫻珈琲

住所 : 札幌市南区澄川389-6
電話 : 011-581-4858
営業時間 : 午後13時~午後5時(L.O. 午後4時)
定休日 : 月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日火曜日定休)
席数 : 10席
駐車場 : 紅櫻公園の駐車場 利用可
Instagram : @benizakuracoffee
Twitter : @and_B_Coffee
Facebook : 紅櫻珈琲-Benizakura Roastery

(上記の情報は記事作成時点でのものです。
最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

わくわく!まるでアウトドアな店内

店内に入ると、床は人工芝、テントにハンモックなどキャンプに来たようなテイストになっていて、細部にまでこだわったキャンプグッズには、心が躍ります。
 
紅櫻珈琲のスタッフである井上さんは「店内のデザインは、紅櫻公園内にあるキャンプ場の方に一緒に考えてもらいました。室内でも自然を感じられるので、雨の日でもアウトドア気分を楽しめます」と話します。
 
室内にいることを忘れてしまうような空間、つい長居してしまいそう~。

紅櫻公園の紅葉(提供画像:紅櫻珈琲)

大きな窓からは、紅櫻公園の景色が広がっていて、アウトドア感がさらにアップ。
 
10月上旬頃~は、きれいに染まった紅葉を眺めながら過ごすことができるそう! 井上さんも「ここで働く前から紅葉の絶景は大好きで、皆さんに見ていただきたいです」と話していました。
 
紅葉シーズンには絶対に訪れたいですね!

スペシャリティーコーヒー「紅櫻ブレンド」

同店のコーヒー「紅櫻ブレンド」は、オリジナルブレンドの自家焙煎。ここでしか味わえないコーヒーなのです。しかも、一杯一杯スタッフの方が丁寧に手淹れしてくれます。
 
フルーティーで口当たりがよく、苦すぎないので飲みやすいのが特徴。
筆者も、その飲みやすさにはびっくり。すっきりしていて少し甘みも感じるほど。コーヒーが苦手な人でも飲めそうですよ~!
 
豆、挽き方、淹れ方すべてにこだわった極上の一杯を、アウトドアな空間でいただく。癒しの時間が楽しめます。

数量限定!名物「キューバサンド」

同店の名物フードメニューは「キューバサンド」。
キューバサンドとは、アメリカにいたキューバ人労働者に提供されていたものだそう。

紅櫻珈琲のキューバサンドは、“モホ”というソースにマリネして、オーブンでじっくり焼いた豚肉をパンで挟んだホットサンド。

モホソースには、オレンジジュースにレモン等の柑橘系、ハーブ、紅櫻公園内にある蒸溜所で作っているクラフトジンを隠し味に使用していて、豚肩ロースを1日以上も漬け込んでいるそうです。
筆者、人生初のキューバサンドを実食。パンは外側カリッ、中ふわ~。お肉はやわらかく、ジンと柑橘系のさわやかな風味が相性ぴったりでした。そこにハム、ピクルス、チーズも入っていて、なかなかのボリューム! 大満足の逸品です。
 
キューバサンドを作ったきっかけは、映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」で知り、“紅櫻流“に再現したいと思ったからだそうですよ。

もっと行きたくなる!プラスα情報!


提供画像 : 紅櫻珈琲

ワイングラスがおしゃれな「大人のクリームソーダ (800円 税込み)」も人気!(※販売期間は4月頃から10月いっぱいの予定)
味はその時々で変わるかもしれないとのことですが、現在は“ゆず”味が楽しめます。
 
「お客様自身で完成させるのを楽しんでほしい」との思いから、炭酸は別グラスから自分で注ぎ、ゆずジャムを混ぜて飲むそう。ちょっとした遊び心が粋ですね。
 
紅櫻公園の紅葉を楽しんだ後は、アウトドア気分を味わえるカフェで癒されてはいかがでしょうか。
紅櫻珈琲

住所 : 札幌市南区澄川389-6
電話 : 011-581-4858
営業時間 : 午後13時~午後5時(L.O. 午後4時)
定休日 : 月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日火曜日定休)
席数 : 10席
駐車場 : 紅櫻公園の駐車場 利用可
Instagram : @benizakuracoffee
Twitter : @and_B_Coffee
Facebook : 紅櫻珈琲-Benizakura Roastery

(上記の情報は記事作成時点でのものです。
最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

重本美月

フリーアナウンサー

札幌を愛してやまない札幌っ子です!新米イベント司会業をしています。美味しいものを探して食べることが大好きで、お店探訪ひとりランチやひとり飲みが趣味です。時にはマイクを握りイベント司会を、時にはソフトクリームやタピオカ、ビールジョッキを握り、皆さんの心にSASARU美味しい情報や流行の場所をリポートしご紹介していきます!

SHARE