2022.4.4

グルメ

東京出身ライター"北海道のスーパーはすごい"と感動するご当地食材【インスタント麺編】

向坂沙紀

ライター

食料品や日用品を扱うスーパーマーケットは、日々の生活に欠かせない存在ですよね。
そんなお馴染みのスーパーですが、他の地域の人にとっては"見たことのない商品"が並ぶ「テーマパーク」のような場所。あまり知られていない「ご当地食材」を発掘できるわくわく感があるので、私も旅行の際はスーパーを必ずチェックしています。
ということで、道外出身・スーパー好きの私が"北海道のイオン"で発掘した「ご当地食材」全4回に渡ってご紹介いたします。
記念すべき初回は、インスタントラーメン編です。

実はいろんな味がある!…道外でも人気の「やきそば弁当」

北海道のインスタント麺といえば、まず初めに浮かぶのが「やきそば弁当」ではないでしょうか。道民には「やき弁」の愛称で親しまれています。

最大の特徴は「粉末スープ」。"麺を戻したお湯"でスープを作ることで、麺の油や旨味が溶け出した美味しいスープが出来上がります。

最近ではテレビで取り上げられることも多く、全国的に知名度が高い「やきそば弁当」ですが、実は数種類の味が存在します。

この日は、通常のものに加え、「ねぎ塩味」「たらこ味」「こく甘ソース」「にんにく醤油味」「ちょい辛」の5つの味が並んでいました。
ユニークな期間限定の味は次々登場するそうなので、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

あの「どん兵衛」や「赤いきつね」「緑のたぬき」も"北海道仕様"

全国的に販売されているインスタントのそば・うどんですが、よくみるとこれらも「北海道仕様」

違いは「だし」にあり、北海道で作られているものは利尻昆布を使用しているようです。また、味わいもやや甘めに仕上げられているのが特徴です。
空港やおみやげ屋さんではなかなか手に入らない、まさに「スーパーでしか買えない」商品。

関東・関西でも味が異なるようなので、いろんな地方のものを食べ比べてみるのも楽しそうですね。

道民にはおなじみ「ホンコンやきそば」と「やきっぺ」

私が道民の方に教えてもらうまで知らなかったのが、「ホンコンやきそば」「やきっぺ」

どちらも北海道に昔からある定番商品で、スーパーやドラッグストアでも見かけることが多いように思います。
今回は二種類とも購入してきたので、食べ比べてみました。

まずは、味の想像がつきにくい「ホンコンやきそば」から。

麺にすでに味がついていて、「少量のお湯で水分がなくなるまで茹でるだけ」という工程の少なさ…!わずか1分程で完成しました。

早速食べてみると、中華料理に使用される"五香粉"のような香りが鼻を抜け、確かに中華っぽい風味を感じることができました。

個人的には、ブラックペッパーで味変をするのもおすすめです。
一方の「やきっぺ」は、オーソドックスなインスタント焼きそばでした。

子供のころに食べたような懐かしい味で、トッピングに入っている紅ショウガがいいアクセントに。
味付けはしっかりめなので、野菜を入れて作っても美味しそうです。

どちらもとても簡単に作れるので、お昼ごはんにもぴったりですね。

北海道の名店ラーメンを気軽に味わえる!種類豊富な「チルド麺」

北海道には、札幌、旭川、函館とラーメンが有名な都市がたくさんありますよね。

チルド麺コーナーには、そんな北海道中の名店ラーメンが並び、ラーメン好きにはたまらないコーナーです!

個人的には、北海道のラーメンはどれも「麺」がとてもおいしいと感じているので、調理に多少の手間はかかりますが、ぜひ「チルド麺」を味わっていただきたいです。
札幌の「純蓮」「すみれ」「彩未」の味噌ラーメンは、全国的にも有名ではないでしょうか。

行列必須のラーメン店の味を自宅で味わえるのはうれしいですよね。
旭川といえば、ラードたっぷりの醤油ラーメン

昨年、旭川までラーメン遠征に行ったのですが、その際に訪れた「天金」「蜂屋」のラーメンもあり、テンションが上がりました…!
利尻島の「ラーメン味楽」の商品もありました。
札幌に住んでいてもなかなか行ける機会がないので、自宅で味わうことができるのはうれしい限り。

こうやって見ていると、北海道には本当に様々なラーメンがありますよね。

北海道ローカル麺のすすめ

いかがだったでしょうか。

道民の皆さんにとっては、普段何気なく食べているインスタント麺ばかりだと思いますが、道外の方にとっては珍しいものばかりだったのではないでしょうか…!

お手頃価格でゲットできる「道民の味」、ぜひおみやげにしてみてくださいね。
イオン札幌発寒店
住所:北海道札幌市西区発寒8条12丁目1番地
営業時間:
午前8時~午後11時(1F食品売り場)
午前9時~午後10時(その他売り場 ※一部店舗を除く)
定休日:なし
電話番号:011-669-5515
WEBサイト:https://www.aeon.jp/sc/sapporohassamu/
駐車場:あり

(上記の情報は記事作成時点でのものです。)

実はいろんな味がある!…道外でも人気の「やきそば弁当」

北海道のインスタント麺といえば、まず初めに浮かぶのが「やきそば弁当」ではないでしょうか。道民には「やき弁」の愛称で親しまれています。

最大の特徴は「粉末スープ」。"麺を戻したお湯"でスープを作ることで、麺の油や旨味が溶け出した美味しいスープが出来上がります。

最近ではテレビで取り上げられることも多く、全国的に知名度が高い「やきそば弁当」ですが、実は数種類の味が存在します。

この日は、通常のものに加え、「ねぎ塩味」「たらこ味」「こく甘ソース」「にんにく醤油味」「ちょい辛」の5つの味が並んでいました。
ユニークな期間限定の味は次々登場するそうなので、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

あの「どん兵衛」や「赤いきつね」「緑のたぬき」も"北海道仕様"

全国的に販売されているインスタントのそば・うどんですが、よくみるとこれらも「北海道仕様」

違いは「だし」にあり、北海道で作られているものは利尻昆布を使用しているようです。また、味わいもやや甘めに仕上げられているのが特徴です。
空港やおみやげ屋さんではなかなか手に入らない、まさに「スーパーでしか買えない」商品。

関東・関西でも味が異なるようなので、いろんな地方のものを食べ比べてみるのも楽しそうですね。

道民にはおなじみ「ホンコンやきそば」と「やきっぺ」

私が道民の方に教えてもらうまで知らなかったのが、「ホンコンやきそば」「やきっぺ」

どちらも北海道に昔からある定番商品で、スーパーやドラッグストアでも見かけることが多いように思います。
今回は二種類とも購入してきたので、食べ比べてみました。

まずは、味の想像がつきにくい「ホンコンやきそば」から。

麺にすでに味がついていて、「少量のお湯で水分がなくなるまで茹でるだけ」という工程の少なさ…!わずか1分程で完成しました。

早速食べてみると、中華料理に使用される"五香粉"のような香りが鼻を抜け、確かに中華っぽい風味を感じることができました。

個人的には、ブラックペッパーで味変をするのもおすすめです。
一方の「やきっぺ」は、オーソドックスなインスタント焼きそばでした。

子供のころに食べたような懐かしい味で、トッピングに入っている紅ショウガがいいアクセントに。
味付けはしっかりめなので、野菜を入れて作っても美味しそうです。

どちらもとても簡単に作れるので、お昼ごはんにもぴったりですね。

北海道の名店ラーメンを気軽に味わえる!種類豊富な「チルド麺」

北海道には、札幌、旭川、函館とラーメンが有名な都市がたくさんありますよね。

チルド麺コーナーには、そんな北海道中の名店ラーメンが並び、ラーメン好きにはたまらないコーナーです!

個人的には、北海道のラーメンはどれも「麺」がとてもおいしいと感じているので、調理に多少の手間はかかりますが、ぜひ「チルド麺」を味わっていただきたいです。
札幌の「純蓮」「すみれ」「彩未」の味噌ラーメンは、全国的にも有名ではないでしょうか。

行列必須のラーメン店の味を自宅で味わえるのはうれしいですよね。
旭川といえば、ラードたっぷりの醤油ラーメン

昨年、旭川までラーメン遠征に行ったのですが、その際に訪れた「天金」「蜂屋」のラーメンもあり、テンションが上がりました…!
利尻島の「ラーメン味楽」の商品もありました。
札幌に住んでいてもなかなか行ける機会がないので、自宅で味わうことができるのはうれしい限り。

こうやって見ていると、北海道には本当に様々なラーメンがありますよね。

北海道ローカル麺のすすめ

いかがだったでしょうか。

道民の皆さんにとっては、普段何気なく食べているインスタント麺ばかりだと思いますが、道外の方にとっては珍しいものばかりだったのではないでしょうか…!

お手頃価格でゲットできる「道民の味」、ぜひおみやげにしてみてくださいね。
イオン札幌発寒店
住所:北海道札幌市西区発寒8条12丁目1番地
営業時間:
午前8時~午後11時(1F食品売り場)
午前9時~午後10時(その他売り場 ※一部店舗を除く)
定休日:なし
電話番号:011-669-5515
WEBサイト:https://www.aeon.jp/sc/sapporohassamu/
駐車場:あり

(上記の情報は記事作成時点でのものです。)

向坂沙紀

ライター

東京生まれの東京育ち。夫の転勤を機に札幌へ。 休日はラーメン屋さんをはしごし、カフェで締めるのが定番コース。 札幌だけでなく、道内各所に出かけて、フードファイトをしています。SASARUでは、道外出身者ならではの視点で、北海道の魅力をお伝えしていきたいです。

SHARE