2022.4.3

グルメ

1日300杯売れる醤油ラーメン… 12時間炊く「鶏豚&魚介ダシ」は“こっさり系” 梅光軒【旭川】

宮森健太朗

グルメライター

 中細のちぢれ麺、香り高い醤油スープ、その表面を覆うラード。「旭川ラーメン」は北海道三大ラーメンの1つです。

 今回は、50年以上の歴史をもつ「梅光軒 旭川本店」を取材してきました。多い時で1日300杯も売れる「醤油ラーメン (800円 税込)」と、常連から人気のサイドメニュー「おつまみメンマ (150円 税込)」をご紹介します。

 ラーメンが運ばれてくると同時に目を引くのが「極太メンマ」。普通のメンマでは感じられない重みが、箸で持ち上げた手に加わります。味付けは醤油ダレや昆布だし。コリッとした食感は残しつつ、ジューシーな仕上がりです。

 同店の創業は1969年。当時、メンマは手切りをしていました。太いサイズが当時のお客さんから評判が良く、それを今も続けています。

ちぢれが強めの自家製麺

 麺は自家製の中細ちぢれ。「旭川は寒いので、麺にスープをまとわせて冷まさないように、強く縮れさせます」と話す店長の山田悠斗さん。あっさりとしたスープがよく絡んで、醤油のうま味も感じます。麺に含まれる水分の割合が少なく、段々と味を吸収していきます。

12時間炊く「動物系&魚介系のWスープ」

 全体をまとめるスープは動物系と魚介系を合わせたWダシです。豚の頭やゲンコツ、鶏ガラ、煮干しやコンブを香味野菜と合わせ12時間火にかけます。

 口当たりはブタやトリのうま味をガツンと感じますが、後味はあっさり。こってりとあっさりの中間のような”こっさり”とした味わいです。

常連に人気のお酒のアテ…

 常連の間で人気なのが「おつまみメンマ (150円 税込)」。食べやすいよう薄切りにしたメンマを、ごま油や一味唐辛子と和えた逸品です。ラーメンを注文して待っている間に、お酒のアテにするのが常連の楽しみ方。

 新型コロナウイルスの影響で酒類の提供は現在行っていませんが(2022.3月末時点)、キンキンに冷えたビールとともに味わえる日が来ることを願うばかりです。
「旭川ラーメン 梅光軒 旭川本店」
住所:北海道旭川市2条通8丁目 ピアザビル B1F
営業時間:午前11時〜午後3時/ 午後5時~午後8時30分
定休日:月曜日
公式サイト:http://www.baikohken.com/
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は公式サイトでご確認ください)
 ラーメンが運ばれてくると同時に目を引くのが「極太メンマ」。普通のメンマでは感じられない重みが、箸で持ち上げた手に加わります。味付けは醤油ダレや昆布だし。コリッとした食感は残しつつ、ジューシーな仕上がりです。

 同店の創業は1969年。当時、メンマは手切りをしていました。太いサイズが当時のお客さんから評判が良く、それを今も続けています。

ちぢれが強めの自家製麺

 麺は自家製の中細ちぢれ。「旭川は寒いので、麺にスープをまとわせて冷まさないように、強く縮れさせます」と話す店長の山田悠斗さん。あっさりとしたスープがよく絡んで、醤油のうま味も感じます。麺に含まれる水分の割合が少なく、段々と味を吸収していきます。

12時間炊く「動物系&魚介系のWスープ」

 全体をまとめるスープは動物系と魚介系を合わせたWダシです。豚の頭やゲンコツ、鶏ガラ、煮干しやコンブを香味野菜と合わせ12時間火にかけます。

 口当たりはブタやトリのうま味をガツンと感じますが、後味はあっさり。こってりとあっさりの中間のような”こっさり”とした味わいです。

常連に人気のお酒のアテ…

 常連の間で人気なのが「おつまみメンマ (150円 税込)」。食べやすいよう薄切りにしたメンマを、ごま油や一味唐辛子と和えた逸品です。ラーメンを注文して待っている間に、お酒のアテにするのが常連の楽しみ方。

 新型コロナウイルスの影響で酒類の提供は現在行っていませんが(2022.3月末時点)、キンキンに冷えたビールとともに味わえる日が来ることを願うばかりです。
「旭川ラーメン 梅光軒 旭川本店」
住所:北海道旭川市2条通8丁目 ピアザビル B1F
営業時間:午前11時〜午後3時/ 午後5時~午後8時30分
定休日:月曜日
公式サイト:http://www.baikohken.com/
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は公式サイトでご確認ください)

宮森健太朗

グルメライター

ライター。食べることが大好きで、北海道の「なまらうまいグルメ」をメインに発信します!アメリカ・ポートランドへ留学中に北海道の魅力に気付き、帰国後インスタグラムとブログにて北海道グルメの発信を開始。ラーメンと中華を中心に縦横無尽に食べ歩いています。SASARUを通して「こんな場所あったんだ!」「これこれ!」というような、北海道の情報をお伝えします!

SHARE