2021.12.13

グルメ

“本気のすごい大福店” 札幌に開店「ビジュアル最高」話題…生チョコ大福にモンブラン

佐藤麻衣子

薬膳アドバイザー

札幌・中島公園にほど近いマンションの一角にオープンした、お餅専門店「えにかいたもち」。

お店で炊いた餡、つきたての餅。
あんこが苦手という方にも食べてもらえるようにと、一風変わった大福も揃っています。

ショートケーキにモンブラン…生チョコ?

イチゴのショートケーキ、栗のモンブラン、生チョコ…
一瞬、「洋菓子屋さん?」と思ってしまうよう名前の大福が並んでいるお餅専門店「えにかいたもち」。

それもそのはず。
実は「えにかいたもち」は、オーダーケーキで人気の「SWEETS LAB」、全国にも数少ないBEAN TO BAR専門店「SOIL CHOCOLATE」など、飲食界の名だたる有名店の姉妹店。

長年培ってきた洋菓子やチョコレートなどの知識を集結して誕生した大福なんです。

カカオ豆から作った生チョコ大福

ココアの求肥に包まれた、生チョコレートにチョコムース。
フランボワーズのアクセントがたまらないこちらの大福は、その名の通りカカオ豆から作っています。

姉妹店である「SOIL CHOCOLATE」で作ったオリジナルの生チョコが使われているんです。
大福に合うように…とカカオ豆のブレンドからオリジナルで作った生チョコ。

こだわりの生チョコが包まれた大福は必食です!

カカオ豆から作った生チョコ大福 税込380円

ケーキのような大福たち

ケーキのような色とりどりの大福もかわいらしい!

・イチゴのショートケーキ大福(左上・税込330円)
・シチリアピスタチオ大福(右上:税込380円)
・栗のモンブラン大福(左下・350円)
・ブルーべリーとレアチーズ大福(右下・税込330円)

それぞれ求肥にフルーツや茶葉などが混ぜ込んであります。

その求肥の中には手作りシフォンや手作りカスタードが入っており、洋菓子店のノウハウが詰め込まれています。

もちろん定番の大福も

定番の大福もあります。

写真左から順に、

原料のほぼ全てを北海道産で仕上げたという、北海道の恵み豆大福(200円 税込)。
よもぎを混ぜ込んだ、国産よもぎの草大福(200円 税込)。
まるごと1粒のイチゴが入った、東北産イチゴ大福(270円 税込)。

このように、定番〜洋菓子風まで揃っているので、幅広い年代で一緒にいただけますね。

店内では炙りたて舟団子

そして注目は、店頭限定の舟団子!

なんと、注文後にお団子をで炙ってくれるので、できたてを味わえます。
お味は、きなこ・ごま・みたらしの3種類(250円 各税込)。

きなことごまは、注文ごとに挽きたてのものをかけてくれます!

しかも、店内で食べていくかたには京都で仕入れたという「福岡久園」の煎茶も出してくれるサービスまで…。

温かいお茶を飲みながらできたてのお団子をいただく…至福の時間ですね。
お茶は店頭で購入もできます。

薬膳ではその名の通り縁の下のちからもち

お餅の原料であるもち米は、薬膳では体にたっぷりのエネルギーを与えてくれると考えます。

なので、大福は疲労感は強い時はもちろん、もうひと頑張りしたい時にオススメのおやつ。
また体を温めてくれるともいわれているので、これらの寒い時期にぴったりです。

手土産にもおすすめ

「えにかいたもち」の魅力はお餅だけでなく、店舗の内装やバッグのデザイン。

白と黒を基調としたシックなデザインはSNS映え必須!

大福は箱に詰めてもらえますので、手土産にもいいですね。
オリジナル風呂敷(1,320円 税込)で包むのも素敵です。
日に日に寒さが増す札幌。

お餅とお茶で、体を温めながらホッと一息ついてみませんか?
えにかいたもち
住所:札幌市中央区南11条西8丁目3-19 エフェクト南11条B棟1F
営業時間:午前10時〜午後7時
定休日:定休日なし
TEL: 011-206-1222
Instagram:@enikaitamochi.sapporo
Facebook:enikaitamochi
Web Site:https://enikaitamochi.jp
画像提供:えにかいたもち

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

ショートケーキにモンブラン…生チョコ?

イチゴのショートケーキ、栗のモンブラン、生チョコ…
一瞬、「洋菓子屋さん?」と思ってしまうよう名前の大福が並んでいるお餅専門店「えにかいたもち」。

それもそのはず。
実は「えにかいたもち」は、オーダーケーキで人気の「SWEETS LAB」、全国にも数少ないBEAN TO BAR専門店「SOIL CHOCOLATE」など、飲食界の名だたる有名店の姉妹店。

長年培ってきた洋菓子やチョコレートなどの知識を集結して誕生した大福なんです。

カカオ豆から作った生チョコ大福


カカオ豆から作った生チョコ大福 税込380円

ココアの求肥に包まれた、生チョコレートにチョコムース。
フランボワーズのアクセントがたまらないこちらの大福は、その名の通りカカオ豆から作っています。

姉妹店である「SOIL CHOCOLATE」で作ったオリジナルの生チョコが使われているんです。
大福に合うように…とカカオ豆のブレンドからオリジナルで作った生チョコ。

こだわりの生チョコが包まれた大福は必食です!

ケーキのような大福たち

ケーキのような色とりどりの大福もかわいらしい!

・イチゴのショートケーキ大福(左上・税込330円)
・シチリアピスタチオ大福(右上:税込380円)
・栗のモンブラン大福(左下・350円)
・ブルーべリーとレアチーズ大福(右下・税込330円)

それぞれ求肥にフルーツや茶葉などが混ぜ込んであります。

その求肥の中には手作りシフォンや手作りカスタードが入っており、洋菓子店のノウハウが詰め込まれています。

もちろん定番の大福も

定番の大福もあります。

写真左から順に、

原料のほぼ全てを北海道産で仕上げたという、北海道の恵み豆大福(200円 税込)。
よもぎを混ぜ込んだ、国産よもぎの草大福(200円 税込)。
まるごと1粒のイチゴが入った、東北産イチゴ大福(270円 税込)。

このように、定番〜洋菓子風まで揃っているので、幅広い年代で一緒にいただけますね。

店内では炙りたて舟団子

そして注目は、店頭限定の舟団子!

なんと、注文後にお団子をで炙ってくれるので、できたてを味わえます。
お味は、きなこ・ごま・みたらしの3種類(250円 各税込)。

きなことごまは、注文ごとに挽きたてのものをかけてくれます!

しかも、店内で食べていくかたには京都で仕入れたという「福岡久園」の煎茶も出してくれるサービスまで…。

温かいお茶を飲みながらできたてのお団子をいただく…至福の時間ですね。
お茶は店頭で購入もできます。

薬膳ではその名の通り縁の下のちからもち

お餅の原料であるもち米は、薬膳では体にたっぷりのエネルギーを与えてくれると考えます。

なので、大福は疲労感は強い時はもちろん、もうひと頑張りしたい時にオススメのおやつ。
また体を温めてくれるともいわれているので、これらの寒い時期にぴったりです。

手土産にもおすすめ

「えにかいたもち」の魅力はお餅だけでなく、店舗の内装やバッグのデザイン。

白と黒を基調としたシックなデザインはSNS映え必須!

大福は箱に詰めてもらえますので、手土産にもいいですね。
オリジナル風呂敷(1,320円 税込)で包むのも素敵です。
日に日に寒さが増す札幌。

お餅とお茶で、体を温めながらホッと一息ついてみませんか?
えにかいたもち
住所:札幌市中央区南11条西8丁目3-19 エフェクト南11条B棟1F
営業時間:午前10時〜午後7時
定休日:定休日なし
TEL: 011-206-1222
Instagram:@enikaitamochi.sapporo
Facebook:enikaitamochi
Web Site:https://enikaitamochi.jp
画像提供:えにかいたもち

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

SHARE

佐藤麻衣子

薬膳アドバイザー

道東生まれ札幌在住。3児の母。看護師として大学病院やクリニックに勤務。妊娠中に薬膳に出会い体の不調を克服した経験から、薬膳の力を知り、現在は講師として活動中。「家族が笑顔になるために、まずはママの心を体を満たしていこう」をモットーに、体質カウンセリングや食事提案などでサポートしています。SASARUでは、札幌の市場情報などを交えて、北海道の女性がより心身健やかになれる記事を取材し発信します。