2021.11.7

グルメ

無印良品のお茶バリエがすごい!…体ポカポカ"生姜"&"フレーバーグリーンティー"

佐藤麻衣子

薬膳アドバイザー

朝晩の冷え込みが強くなり、冷えを感じ始めている方もいるのではないでしょうか。
そんなときは温かいお茶で体を芯から温めてみませんか?

暮らしに寄り添う魅力あふれる商品がそろう「無印良品」では、種類豊富なお茶が販売されています。
今回はそんな無印良品のお茶の中から、寒い時期にオススメのお茶をご紹介していきます。

ズラッと並ぶお茶の数々

無印良品札幌パルコ店に伺うと、取り扱っているお茶の種類に驚きます。
ズラッと並んでいる商品をみると、どれにしようか目移りしてしまいますね。

「女性のお客様がお求めになられることが多いです」と話されるのは無印良品札幌PARCO店スタッフの小田さん。

「1番人気はルイボスティーです」とのことで、売り場にはスタンダードな『ルイボスティー』の他にも『アップル&ルイボス』『ルイボス&黒豆茶』がありました。

人気の黒豆茶に新しいフレーバーが登場

ルイボスティーも魅力的ですが...黒豆茶もおすすめ。

薬膳の世界で黒豆は女性に食べていただきたい食材のひとつ!

でも、お正月くらいしか食べないという方は多いかもしれません。
自分で調理するとなると少しハードルの高い黒豆も、お茶なら簡単に取り入れられますね。

ベーシックな黒豆茶もいいですが、10月末に発売になったばかりの『バニラ黒豆茶 税込390円』『黒糖黒豆茶 税込390円』も。

黒豆茶にバニラと黒糖のフレーバーをつけたちょっと珍しいお茶です。
気分によって香りを選びながら暮らしに取り入れるのも面白そうですね。

体がポカポカ「生姜ほうじ茶」

「冷えが気になるときには生姜」と日頃から意識している方もいらっしゃるのでは?

無印良品には生姜を使ったお茶もありました。
『生姜ほうじ茶 税込390円』は香ばしいほうじ茶の中にほんのりと生姜を感じます。

生姜の主張が強くないので、どんな方でも飲みやすいお味です。

フルーツが香る緑茶も

無印良品ではフレーバーグリーンティーも販売されています。

数多くあるフレーバーグリーンティーの中でも筆者が気になったのは『柚子グリーンティー 税込390円』と『白桃グリーンティー 税込390円』。

緑茶の中にほのかに果物が香り、とても爽やかな気分になりますよ。
気持ちをリフレッシュしたい時におすすめのお茶です。

寒い季節は温かい飲み物を

東洋医学で冬は「寒さの邪気」が悪さをする季節。

冷えは血行を悪くして、体の痛みやコリを起こし、放っておくと「老け」の一因にもなると考えられています。

そんな状態を避けるため、なるべく体を冷やさず温めておくことが大切な養生法。
口にするものも冷たいものを避け、常温以上のものを意識するのがポイントです。

寒さが強まるこれからの季節…のどの乾きを感じたら、ぜひ温かいお茶でホッと一息ついてみてくださいね。
無印良品 札幌パルコ
住所:札幌市中央区南一条西3丁目札幌パルコ5~6F
営業時間:午前10時~午後8時
店休日:年中無休(施設休館日は除く)
TEL: 011-218-5268
WEB SITE:https://www.muji.net
Instagram:@muji_global
Facebook:無印良品
Twitter:@muji_net
You Tube:MUJIglobal

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

ズラッと並ぶお茶の数々

無印良品札幌パルコ店に伺うと、取り扱っているお茶の種類に驚きます。
ズラッと並んでいる商品をみると、どれにしようか目移りしてしまいますね。

「女性のお客様がお求めになられることが多いです」と話されるのは無印良品札幌PARCO店スタッフの小田さん。

「1番人気はルイボスティーです」とのことで、売り場にはスタンダードな『ルイボスティー』の他にも『アップル&ルイボス』『ルイボス&黒豆茶』がありました。

人気の黒豆茶に新しいフレーバーが登場

ルイボスティーも魅力的ですが...黒豆茶もおすすめ。

薬膳の世界で黒豆は女性に食べていただきたい食材のひとつ!

でも、お正月くらいしか食べないという方は多いかもしれません。
自分で調理するとなると少しハードルの高い黒豆も、お茶なら簡単に取り入れられますね。

ベーシックな黒豆茶もいいですが、10月末に発売になったばかりの『バニラ黒豆茶 税込390円』『黒糖黒豆茶 税込390円』も。

黒豆茶にバニラと黒糖のフレーバーをつけたちょっと珍しいお茶です。
気分によって香りを選びながら暮らしに取り入れるのも面白そうですね。

体がポカポカ「生姜ほうじ茶」

「冷えが気になるときには生姜」と日頃から意識している方もいらっしゃるのでは?

無印良品には生姜を使ったお茶もありました。
『生姜ほうじ茶 税込390円』は香ばしいほうじ茶の中にほんのりと生姜を感じます。

生姜の主張が強くないので、どんな方でも飲みやすいお味です。

フルーツが香る緑茶も

無印良品ではフレーバーグリーンティーも販売されています。

数多くあるフレーバーグリーンティーの中でも筆者が気になったのは『柚子グリーンティー 税込390円』と『白桃グリーンティー 税込390円』。

緑茶の中にほのかに果物が香り、とても爽やかな気分になりますよ。
気持ちをリフレッシュしたい時におすすめのお茶です。

寒い季節は温かい飲み物を

東洋医学で冬は「寒さの邪気」が悪さをする季節。

冷えは血行を悪くして、体の痛みやコリを起こし、放っておくと「老け」の一因にもなると考えられています。

そんな状態を避けるため、なるべく体を冷やさず温めておくことが大切な養生法。
口にするものも冷たいものを避け、常温以上のものを意識するのがポイントです。

寒さが強まるこれからの季節…のどの乾きを感じたら、ぜひ温かいお茶でホッと一息ついてみてくださいね。
無印良品 札幌パルコ
住所:札幌市中央区南一条西3丁目札幌パルコ5~6F
営業時間:午前10時~午後8時
店休日:年中無休(施設休館日は除く)
TEL: 011-218-5268
WEB SITE:https://www.muji.net
Instagram:@muji_global
Facebook:無印良品
Twitter:@muji_net
You Tube:MUJIglobal

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

SHARE

佐藤麻衣子

薬膳アドバイザー

道東生まれ札幌在住。3児の母。看護師として大学病院やクリニックに勤務。妊娠中に薬膳に出会い体の不調を克服した経験から、薬膳の力を知り、現在は講師として活動中。「家族が笑顔になるために、まずはママの心を体を満たしていこう」をモットーに、体質カウンセリングや食事提案などでサポートしています。SASARUでは、札幌の市場情報などを交えて、北海道の女性がより心身健やかになれる記事を取材し発信します。