写真提供:十勝ヒルズ

2022.8.17

おでかけ

ひまわり畑に出現「青いドア」…映えガーデンでくつろぎ時間!レアな肉グルメも【十勝】

向日 葵

ライター

写真提供:十勝ヒルズ
十勝ヒルズ 英国式ガーデン フォトジェニック ひまわり 国宝 マンガリッツァ ピクニック

「十勝ヒルズ」は、十勝・幕別町の小高い丘の上にある英国式ガーデン。
花と食と農をテーマに最高のくつろぎ時間を過ごせることで人気のおでかけスポットです。こちらに期間限定で「どこかにいけるかも知れないドア」が登場しています!

ガーデン内のカフェには、「食べられる国宝」を使ったここでしか食べられないメニューもあるんですよ。おもちゃやピクニックセットの貸し出しもしてくれるので、ご家族連れでも楽しんでいただけます!
残り僅かな夏、十勝ヒルズでゆっくりと過ごしてみませんか?

花と食と農…十勝らしさが全部詰まった英国式ガーデン!

帯広駅から車で約20分、十勝平野を一望できる小高い丘の上に十勝ヒルズはあります。

こちらでは、「花と食と農」をコンセプトに、季節毎に咲き変わるガーデンや、十勝産の食材をふんだんに使った食事を楽しむことができます。

十勝ヒルズの村本さんは、「きれいなガーデンの中でおいしいものを食べて“庭時間”を味わってほしい」と笑顔で話してくれました。

見所たくさん!ガーデンには9つのエリアが

ガーデンにある9つのエリアから、いくつかご紹介します!
 
まずは「ジャクモンティの小径」
樹皮が美しいシラカバ「ジャクモンティ」がシンボルになっているエリアです。
今はアジサイアナベルが満開で、真っ白なお花がもこもこ咲いていてとってもかわいいです!
こちらは「スカイミラー」
十勝の広く青い空を映し出す大地の鏡をイメージしているそうです。
色鮮やかなブルーサルビアが一面に広がっています!
「アニーカの庭」には、かわいらしいお花がたくさん!
妖精アニーカの住む庭のテーマカラーはピンクだそうです。

55,000本のひまわり畑の前に現れた「どこかにいけるかも知れないドア」

一面に咲くひまわりとのコントラストが映えるドア。
この青いドアは、夏のイベント期間限定で登場します。

当初8月14日までの設置予定でしたが、ひまわりの開花が遅れているため延長が決定されました。取材時も、あと一息で開花!というところでした!

ひとまず8月21日までは設置されているとのことですが、SNSで最新情報が投稿されていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

十勝が集まるショップ!ガーデンのお花もドライフラワーとして甦る!

十勝ヒルズのショップには、十勝らしい商品がたくさん!
十勝産の食材や調味料、十勝で活躍する作家さんの雑貨などが取り揃えられています。
また、ショップ内ではドライフラワーを製作中で、秋頃に販売できる予定なんだとか。
ちなみに、おもちゃの販売や貸し出しはこちらで受け付けしてくれますよ!

ショップ併設の「ヒルズカフェ」では、ピクニックセットも貸出!

十勝ヒルズには、カフェが2つあります。

1つ目は、ショップ併設の「ヒルズカフェ」
こちらでは、十勝産の豆や野菜、十勝ヒルズオリジナル商品の「ピリ辛なんばん」、「生姜醤油」を使ったオリジナルのおにぎりを楽しむことができます。
他にも野菜がたっぷり入ったスープや、ガーデンで採れたハーブを使ったドリンクなども手軽に味わうことができますよ。
ヒルズカフェでは、ピクニックセットも無料で貸し出してくれます。
筆者もお気に入りの場所を見つけて、ピクニックを堪能してきました!

スカイミラーを眺めながらのピクニック!とっても癒やされます


鶏団子スープ(300円 税込)、各種おにぎり(1個150円 税込~)


十勝ヒルズのガーデンで採れたハーブを使ったドリンク(350円 税込)

もう1つのカフェ「ガーデンカフェNIWAKARA」では、 国宝が食べられる!

ガーデンカフェNIWAKARAの大きな窓からは、ガーデンや日高山脈も眺望することができます。
また、ここでは「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」を使ったメニューを味わうことができるんですよ! 
マンガリッツァ豚と言えば、世界で唯一食べることのできる国宝という希少な豚の品種。
そのロースハムを贅沢に使い、十勝産のチーズと一緒に挟んだ「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚のカスクート(1,700円 税込)」は、カフェ一番の人気商品。濃厚さや甘みといったマンガリッツァ豚のおいしさをダイレクトに感じられるそうです。

写真提供:十勝ヒルズ

花と食と農…十勝の良さが全部揃った「十勝ヒルズ」
季節毎に楽しめるイベントも随時開催されていますので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね!
十勝ヒルズ
住所:中川郡幕別町字日新13-5
電話番号:0155-56-1111
営業時間:午前9時~午後5時
※2022年の営業期間は、10月16日まで。
※ガーデン入園料別途。
Instagram:@tokachihills
Facebook:@tokachihills
Webサイト:https://www.tokachi-hills.jp/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

花と食と農…十勝らしさが全部詰まった英国式ガーデン!

帯広駅から車で約20分、十勝平野を一望できる小高い丘の上に十勝ヒルズはあります。

こちらでは、「花と食と農」をコンセプトに、季節毎に咲き変わるガーデンや、十勝産の食材をふんだんに使った食事を楽しむことができます。

十勝ヒルズの村本さんは、「きれいなガーデンの中でおいしいものを食べて“庭時間”を味わってほしい」と笑顔で話してくれました。

見所たくさん!ガーデンには9つのエリアが

ガーデンにある9つのエリアから、いくつかご紹介します!
 
まずは「ジャクモンティの小径」
樹皮が美しいシラカバ「ジャクモンティ」がシンボルになっているエリアです。
今はアジサイアナベルが満開で、真っ白なお花がもこもこ咲いていてとってもかわいいです!
こちらは「スカイミラー」
十勝の広く青い空を映し出す大地の鏡をイメージしているそうです。
色鮮やかなブルーサルビアが一面に広がっています!
「アニーカの庭」には、かわいらしいお花がたくさん!
妖精アニーカの住む庭のテーマカラーはピンクだそうです。

55,000本のひまわり畑の前に現れた「どこかにいけるかも知れないドア」

一面に咲くひまわりとのコントラストが映えるドア。
この青いドアは、夏のイベント期間限定で登場します。

当初8月14日までの設置予定でしたが、ひまわりの開花が遅れているため延長が決定されました。取材時も、あと一息で開花!というところでした!

ひとまず8月21日までは設置されているとのことですが、SNSで最新情報が投稿されていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

十勝が集まるショップ!ガーデンのお花もドライフラワーとして甦る!

十勝ヒルズのショップには、十勝らしい商品がたくさん!
十勝産の食材や調味料、十勝で活躍する作家さんの雑貨などが取り揃えられています。
また、ショップ内ではドライフラワーを製作中で、秋頃に販売できる予定なんだとか。
ちなみに、おもちゃの販売や貸し出しはこちらで受け付けしてくれますよ!

ショップ併設の「ヒルズカフェ」では、ピクニックセットも貸出!

十勝ヒルズには、カフェが2つあります。

1つ目は、ショップ併設の「ヒルズカフェ」
こちらでは、十勝産の豆や野菜、十勝ヒルズオリジナル商品の「ピリ辛なんばん」、「生姜醤油」を使ったオリジナルのおにぎりを楽しむことができます。
他にも野菜がたっぷり入ったスープや、ガーデンで採れたハーブを使ったドリンクなども手軽に味わうことができますよ。

スカイミラーを眺めながらのピクニック!とっても癒やされます

ヒルズカフェでは、ピクニックセットも無料で貸し出してくれます。
筆者もお気に入りの場所を見つけて、ピクニックを堪能してきました!

鶏団子スープ(300円 税込)、各種おにぎり(1個150円 税込~)


十勝ヒルズのガーデンで採れたハーブを使ったドリンク(350円 税込)

もう1つのカフェ「ガーデンカフェNIWAKARA」では、 国宝が食べられる!

ガーデンカフェNIWAKARAの大きな窓からは、ガーデンや日高山脈も眺望することができます。
また、ここでは「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」を使ったメニューを味わうことができるんですよ! 

写真提供:十勝ヒルズ

マンガリッツァ豚と言えば、世界で唯一食べることのできる国宝という希少な豚の品種。
そのロースハムを贅沢に使い、十勝産のチーズと一緒に挟んだ「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚のカスクート(1,700円 税込)」は、カフェ一番の人気商品。濃厚さや甘みといったマンガリッツァ豚のおいしさをダイレクトに感じられるそうです。
花と食と農…十勝の良さが全部揃った「十勝ヒルズ」
季節毎に楽しめるイベントも随時開催されていますので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね!
十勝ヒルズ
住所:中川郡幕別町字日新13-5
電話番号:0155-56-1111
営業時間:午前9時~午後5時
※2022年の営業期間は、10月16日まで。
※ガーデン入園料別途。
Instagram:@tokachihills
Facebook:@tokachihills
Webサイト:https://www.tokachi-hills.jp/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

向日 葵

ライター

帯広生まれ帯広育ち。豊かな大地が生んだ“おいしいもの”に魅了され、北海道フードマイスター、調理師、製菓衛生師など食に関する資格を取得。おいしいものや素敵な時間を過ごせるお店を探して歩くのが趣味。車の運転が好きで、グルメドライブも楽しんでいます。SASARUでは十勝を中心に、私が出会った“おいしい”を発信していきます!

SHARE