2022.5.12

おでかけ

うさぎを抱っこできちゃうカフェ…発酵食も人気 アウトレットパーク近く【北広島市】

重本美月

フリーアナウンサー

動物 触れ合える カフェ うさぎ 発酵食品 ランチ ドライブ お出かけ 北海道 北広島市

動物と触れ合うと、心も癒されますよね~。
 
色んなスポットがありますが…今回はかわいい“うさぎさん”と触れ合えちゃう一軒家カフェ、北広島市の三井アウトレットパーク近くにある「うさカフェ しあわせうさぎ」をご紹介します!

ラビットルームでうさぎを抱っこ

可愛いうさぎと触れ合える癒しのお部屋「ラビットルーム」。常時3匹のうさぎさんがお出迎えしてくれます。
 
筆者が取材した日出会った子は…一匹目、タレ耳が特徴の「クッキー」。ちょっとぽっちゃりなのがまたかわいい。
 
つるつるの毛並みはずっと触っていたくなります…。
二匹めは、赤いお目めが特徴のツンデレ娘「チェリー」。
 
短めの耳もかわいい。そして耳と鼻が黒くてパンダみたいですよね!こちらの子はなかなか珍しい色合いだそうです。
 
普段はワガママでツンツンしているみたいですが、抱っこされるとデレ~っとなります。
三匹めは、長毛でモフモフ。まだ1歳の新入り「シフォン」。
 
目がどこにあるか分からないくらい毛が長いの(笑)。ふわふわな触り心地…たまりません。
うさぎさんをなでる時は、おでこをなでるのがコツらしく、気持ちよくて寝ちゃうみたいですよ~。
 
※「ラビットルーム」は完全予約制
・20分お1人様1,100円
・40分お1人様1,700円
・60分お1人様2,300円(ドリンク付き)
お食事やデザートとのセットもあり!

うさぎさんのベストショットを撮るコツ!

「うさぎの写真を撮るときは、うさぎさん目線で少し下から撮るのがコツです。お口のY字のところをうまく撮るとかわいいですよ~」と山本オーナー。
 
その教えの通りに、かわいいうさぎさん達を撮りまくる筆者。
 
けっこう難しい!
まだまだな腕前な気もしますが…たしかに“うさぎさん目線”が大事な気がします!
ちょこんとお座り姿もいいですね。
 
もう筆者、うさぎさんにメロメロで本当に欲しくなりました。
ここでうさぎと触れ合ってハマってしまい、飼い始めてまたこちらのお店に来るというお客さんも多いそうです。
 
うさぎを預けられる「うさぎホテル(完全予約制)」や、自分のうさぎを庭で走らせることができる「ラビットラン」も併設していて、飼い主さん同士のコミュニティの場にもなっているそうですよ。

店主の”手作り発酵調味料”体にもおいしいカフェメニュー

山本オーナーは発酵ライフアドバイザープロフェッショナルの資格を持っていて、“手作り発酵調味料”を使ったおいしくて健康にいいランチやドリンクを楽しめます。
 
中でも人気なのは「カレー」。甘酒を使用していて、他ではなかなか味わえないカレーです。

提供写真:しあわせうさぎ(グリーンカレー 1,190円 税込)


提供写真:しあわせうさぎ(焼きたてうさパイ&リンゴデザート 780円 税込み)

他にも、デザートや美容&腸活にもいい“甘酒ドリンク”など魅力的なメニューも。
 
ごはんの形や氷の形、食器をうさぎにしたり、全メニューにうさぎワールドをあしらっているそうです!

もっと行きたくなる!プラスα情報!

店内では、作家さんが作ったうさぎをモチーフにしたハンドメイド商品も買えちゃいます!
その他、催事や飼い主向けのイベント、発酵食のお料理教室など楽しい行事も企画されている山本オーナー。
 
うさぎへの愛とお客さんへの素敵な思いがファンを作っているのが分かります。
 
こちらのカフェを始めたきっかけは、落ち込んでいた時に飼っていたうさぎの「プリン」が寄り添ってくれ、この子と一緒にカフェを開いて、お客さんにも“しあわせ“を届けたいと思ったからだそう。
 
きっとあなたも、うさぎの虜になること間違いなしです。
「うさカフェ しあわせうさぎ」
 
住所 : 北広島市大曲南ヶ丘4丁目13-9
電話 : 011-887-9636
営業時間 : 午後12時~午後5時 L.O.午後13時
※ラビットルームは完全予約制
定休日 : 月・金(臨時休業有り)
駐車場 : あり(4台)
Instagram : @ happy_rabbit_cafe
Facebook : うさぎホテル&カフェ しあわせうさぎ
公式ブログ : 北広島 うさぎホテル&カフェ しあわせうさぎ
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

ラビットルームでうさぎを抱っこ

可愛いうさぎと触れ合える癒しのお部屋「ラビットルーム」。常時3匹のうさぎさんがお出迎えしてくれます。
 
筆者が取材した日出会った子は…一匹目、タレ耳が特徴の「クッキー」。ちょっとぽっちゃりなのがまたかわいい。
 
つるつるの毛並みはずっと触っていたくなります…。
二匹めは、赤いお目めが特徴のツンデレ娘「チェリー」。
 
短めの耳もかわいい。そして耳と鼻が黒くてパンダみたいですよね!こちらの子はなかなか珍しい色合いだそうです。
 
普段はワガママでツンツンしているみたいですが、抱っこされるとデレ~っとなります。
三匹めは、長毛でモフモフ。まだ1歳の新入り「シフォン」。
 
目がどこにあるか分からないくらい毛が長いの(笑)。ふわふわな触り心地…たまりません。
うさぎさんをなでる時は、おでこをなでるのがコツらしく、気持ちよくて寝ちゃうみたいですよ~。
 
※「ラビットルーム」は完全予約制
・20分お1人様1,100円
・40分お1人様1,700円
・60分お1人様2,300円(ドリンク付き)
お食事やデザートとのセットもあり!

うさぎさんのベストショットを撮るコツ!

「うさぎの写真を撮るときは、うさぎさん目線で少し下から撮るのがコツです。お口のY字のところをうまく撮るとかわいいですよ~」と山本オーナー。
 
その教えの通りに、かわいいうさぎさん達を撮りまくる筆者。
 
けっこう難しい!
まだまだな腕前な気もしますが…たしかに“うさぎさん目線”が大事な気がします!
ちょこんとお座り姿もいいですね。
 
もう筆者、うさぎさんにメロメロで本当に欲しくなりました。
ここでうさぎと触れ合ってハマってしまい、飼い始めてまたこちらのお店に来るというお客さんも多いそうです。
 
うさぎを預けられる「うさぎホテル(完全予約制)」や、自分のうさぎを庭で走らせることができる「ラビットラン」も併設していて、飼い主さん同士のコミュニティの場にもなっているそうですよ。

店主の”手作り発酵調味料”体にもおいしいカフェメニュー


提供写真:しあわせうさぎ(グリーンカレー 1,190円 税込)

山本オーナーは発酵ライフアドバイザープロフェッショナルの資格を持っていて、“手作り発酵調味料”を使ったおいしくて健康にいいランチやドリンクを楽しめます。
 
中でも人気なのは「カレー」。甘酒を使用していて、他ではなかなか味わえないカレーです。

提供写真:しあわせうさぎ(焼きたてうさパイ&リンゴデザート 780円 税込み)

他にも、デザートや美容&腸活にもいい“甘酒ドリンク”など魅力的なメニューも。
 
ごはんの形や氷の形、食器をうさぎにしたり、全メニューにうさぎワールドをあしらっているそうです!

もっと行きたくなる!プラスα情報!

店内では、作家さんが作ったうさぎをモチーフにしたハンドメイド商品も買えちゃいます!
その他、催事や飼い主向けのイベント、発酵食のお料理教室など楽しい行事も企画されている山本オーナー。
 
うさぎへの愛とお客さんへの素敵な思いがファンを作っているのが分かります。
 
こちらのカフェを始めたきっかけは、落ち込んでいた時に飼っていたうさぎの「プリン」が寄り添ってくれ、この子と一緒にカフェを開いて、お客さんにも“しあわせ“を届けたいと思ったからだそう。
 
きっとあなたも、うさぎの虜になること間違いなしです。
「うさカフェ しあわせうさぎ」
 
住所 : 北広島市大曲南ヶ丘4丁目13-9
電話 : 011-887-9636
営業時間 : 午後12時~午後5時 L.O.午後13時
※ラビットルームは完全予約制
定休日 : 月・金(臨時休業有り)
駐車場 : あり(4台)
Instagram : @ happy_rabbit_cafe
Facebook : うさぎホテル&カフェ しあわせうさぎ
公式ブログ : 北広島 うさぎホテル&カフェ しあわせうさぎ
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

重本美月

フリーアナウンサー

札幌を愛してやまない札幌っ子です!新米イベント司会業をしています。美味しいものを探して食べることが大好きで、お店探訪ひとりランチやひとり飲みが趣味です。時にはマイクを握りイベント司会を、時にはソフトクリームやタピオカ、ビールジョッキを握り、皆さんの心にSASARU美味しい情報や流行の場所をリポートしご紹介していきます!

SHARE