2022.7.21

グルメ

ラテ+わらび餅!絶対人気の"飲むスイーツ"…えにかいたもちがサツエキに新店【札幌】

土屋玲奈

学生ライター

わらび餅 団子 焼き立て テイクアウト イートイン

昨年SASARUで紹介した「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」

モンブラン大福やショートケーキ大福など、
まるでケーキのような大福を販売し、人気の商品は閉店時間を待たず売り切れてしまうと評判な「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」。

昨年12月にSASARUでも取り上げた際も、多くの人の注目を集めた話題のお店です。
「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」の紹介記事はこちら 
https://sasaru.media/article/gourmet/20211213_002/

今年6月、札幌駅南口近くに新たな一押し商品とともに
新店舗「えにかいたもち STAND~焼き立て餅専門店~」を OPEN。

SNS 映え必至! なスイーツをご紹介します。

飲むスイーツ、わらびラテで勝負!

「えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~」看板商品は 「わらびラテ」。

ラテベースに粒わらび餅を加えた飲むスイーツで、
それぞれ組み合わせを選び、自由にカスタマイズすることができます。

ラテベースは、黒蜜きなこ、抹茶、ほうじ茶の3種類。
抹茶とほうじ茶は、京都祇園の老舗「北川半兵衛商店」のもの、きなこも北海道産大豆を100%使用しています。
原材料にも、お茶だけに濃ゆ~いこだわりが感じられますね。 

提供画像:えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~

わらび餅は5種類から


提供画像:えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~

わらびラテの主役を担うわらび餅は、
プレーン、黒糖、抹茶、焼き芋、桜餅の5種類から選ぶことができます。

最も興味を惹かれたのは焼き芋味。
熊本県産の紅はるかを焼き芋にして皮ごと練りこんでいるので、かなり焼き芋感が濃く、人気No.1なんだそう。

実際に口にしてみると、わらび餅はやや太めのストローで吸うことができる大きさで、よくあるわらび餅よりもかなり小ぶり。
ラテによく馴染み、ベースとのハーモニーを楽しむことが可能になっています。

わらび粉は国産のものを使い、添加物を一切使わないという強いこだわりを持って開発したそう。
体にも優しく美味しい。ダブルで嬉しいスイーツの誕生です。 

大人気の船団子も。

本店では「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」で大人気の舟団子もいただけます。

お団子は注文を受けてからその場で焼いていただけるので、
一番美味しい瞬間を逃しません!

「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」では店内の飲食のみで、テイクアウトができないこの舟団子。 本店では、テイクアウトも可能です。

提供画像:えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~


提供画像:えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~※写真は小サイズ

テイクアウトする際にはこんな可愛らしい容器に入れていただけます。
その名も「酔っ払い折箱」(大・小サイズあり)
モデルになったのは…わかりますね?

そう。飲み会帰りの男性がぶら下げて帰るあれです。
現実で見たことはなくても、きっとテレビアニメなどで見たことがあるかと思います。

ユーモアのあるこの折箱にお団子を詰めてお土産にするのはいかがでしょうか!
話のネタになること間違いなしです。

お土産にしても焼き立てに近い食感を楽しんでもらえるよう、
「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」で提供しているものとは少し粉の配合を変化させているのだそうですよ。

店舗は札幌駅ビッグカメラ向かい。立ち寄りやすさも〇

「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」でも人気な舟団子に加え、 新たな看板商品となったわらびラテ。

札幌駅南口からすぐの場所で夜8時まで営業と、お仕事帰りにも立ち寄りやすいのも魅力。

いつもよりちょっと贅沢なお餅スイーツ。 是非試してみてくださいね。
えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~
住所:札幌市北4西2丁目キタコートレードビル1階
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:なし
電話番号:011-596-7184
公式Instagram:@enikaitamochi.stand

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

飲むスイーツ、わらびラテで勝負!


提供画像:えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~

「えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~」看板商品は 「わらびラテ」。

ラテベースに粒わらび餅を加えた飲むスイーツで、
それぞれ組み合わせを選び、自由にカスタマイズすることができます。

ラテベースは、黒蜜きなこ、抹茶、ほうじ茶の3種類。
抹茶とほうじ茶は、京都祇園の老舗「北川半兵衛商店」のもの、きなこも北海道産大豆を100%使用しています。
原材料にも、お茶だけに濃ゆ~いこだわりが感じられますね。 

わらび餅は5種類から


提供画像:えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~

わらびラテの主役を担うわらび餅は、
プレーン、黒糖、抹茶、焼き芋、桜餅の5種類から選ぶことができます。

最も興味を惹かれたのは焼き芋味。
熊本県産の紅はるかを焼き芋にして皮ごと練りこんでいるので、かなり焼き芋感が濃く、人気No.1なんだそう。

実際に口にしてみると、わらび餅はやや太めのストローで吸うことができる大きさで、よくあるわらび餅よりもかなり小ぶり。
ラテによく馴染み、ベースとのハーモニーを楽しむことが可能になっています。

わらび粉は国産のものを使い、添加物を一切使わないという強いこだわりを持って開発したそう。
体にも優しく美味しい。ダブルで嬉しいスイーツの誕生です。 

大人気の船団子も。


提供画像:えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~

本店では「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」で大人気の舟団子もいただけます。

お団子は注文を受けてからその場で焼いていただけるので、
一番美味しい瞬間を逃しません!

「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」では店内の飲食のみで、テイクアウトができないこの舟団子。 本店では、テイクアウトも可能です。

提供画像:えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~※写真は小サイズ

テイクアウトする際にはこんな可愛らしい容器に入れていただけます。
その名も「酔っ払い折箱」(大・小サイズあり)
モデルになったのは…わかりますね?

そう。飲み会帰りの男性がぶら下げて帰るあれです。
現実で見たことはなくても、きっとテレビアニメなどで見たことがあるかと思います。

ユーモアのあるこの折箱にお団子を詰めてお土産にするのはいかがでしょうか!
話のネタになること間違いなしです。

お土産にしても焼き立てに近い食感を楽しんでもらえるよう、
「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」で提供しているものとは少し粉の配合を変化させているのだそうですよ。

店舗は札幌駅ビッグカメラ向かい。立ち寄りやすさも〇

「えにかいたもち -札幌のおもち専門店-」でも人気な舟団子に加え、 新たな看板商品となったわらびラテ。

札幌駅南口からすぐの場所で夜8時まで営業と、お仕事帰りにも立ち寄りやすいのも魅力。

いつもよりちょっと贅沢なお餅スイーツ。 是非試してみてくださいね。
えにかいたもちSTAND~焼き立て餅専門店~
住所:札幌市北4西2丁目キタコートレードビル1階
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:なし
電話番号:011-596-7184
公式Instagram:@enikaitamochi.stand

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

土屋玲奈

学生ライター

千葉県出身。進学を機に札幌に移住してきました。学生生活の傍ら、札幌ライフを楽しむことに邁進中。 食べることが大好きなので、毎日の食事が何よりの楽しみです! 流行りのお店も好きですが、地元の人しか知らないような穴場スポットを見つけるのも大好き。 札幌ライフを楽しむ方へ、お手伝いができるような情報を提供していきたいです。

SHARE