2022.1.7

グルメ

不動の人気!回転寿司「根室花まる」おすすめネタ・サイドメニュー「二階建てって!」

佐藤 日和

フリーライター

北海道内の回転寿司店のなかでも、「新鮮すぎる」や「ボリュームがすごい」と評判なのが根室花まるです。根室に本店を持つお店で、鮮度へのこだわりが欠かせません。

今回は、そんな回転寿司 根室花まるの札幌ステラプレイス店を取材!おすすめのネタやサイドメニュー、ほかにはないネタへのこだわりなどを教えてもらったので、ひと味違ったお寿司を味わいたい人は必見ですよ~。

魚介の鮮度にこだわる回転寿司「根室花まる」


画像提供:根室花まる

北海道有数の漁師町として知られる根室に本店を持つ、根室花まる。“魚介の宝庫・根室”の看板を掲げる、とにかく鮮度へのこだわりが強い回転寿司店です。

半谷 智勝店長によると「脂の乗りが足りない魚介は販売しないなど、とにかくネタにこだわっています。また、魚介が穫れる場所が遠すぎると鮮度が落ちるため、仕入れる際は漁場の場所も意識しています」とのこと。

根室花まる おすすめのネタ5選!

回転寿司 根室花まる 札幌ステラプレイス店で、絶対に味わいたいおすすめメニューを5つ教えてもらいました。

まず1つ目が、「二階建ての生ほたて」です。多くの回転寿司店で見かける生ほたてですが、2枚重なったジャンボサイズを堪能できるのは根室花まるならでは。

根室・野付で穫れたネタで、ぷりぷりとした食感とぎゅっと詰まった旨味が最高でした…!
次に紹介するのが、「寒真だち軍艦」です。真だちといえば、冬になると食べたくなる人も多いのでは?

一口目のぷるぷるとした食感、噛むと広がるとろとろの味わいがたまらない一品です。
「あぶらがれい」も、根室花まるおすすめの自慢のネタ。

皮目に焼き目を入れる“焼霜造り”という調理法が採用されています。脂がたっぷりと乗り、贅沢感がありましたよ。

「普段はあまり白身魚を注文しない」という人も、一度食べたらやみつきになること間違いなし!
見た目が鮮やかでぷちぷちの食感が楽しい「すじこ」は、子どもから大人まで多くの人に愛されるメニューです。

シャリからあふれるほど乗せられていますが、一気に口に入れても塩っぱすぎない甘めの味わいです。
最後に紹介するのが、「炙りえんがわ焦がし醤油握り」。弾力のある食感と醤油の香ばしさが食欲をそそります。

今回は冬が旬のメニューを中心に紹介しましたが、時期が変わればサンマやトキシラズなど別のメニューを楽しむことも。その日のおすすめメニュー表もあるので、来店時はチェックしてみましょう~。

サイドメニューも充実

また、お寿司だけでなく、サイドメニューが充実している点も根室花まるの見どころです。特に汁物のバリエーションが豊富で、汁物を目当てに訪れる人もいるんだとか。

今回おすすめしてもらったのは、「花咲がにの鉄砲汁」です。根室の名物料理であり、真っ赤な花咲がにがゴロッと入った華やかなさに目を奪われます。家庭的で懐かしく、ほっと落ち着く味わいが印象的でした。
また、「真だちの天ぷら」も冬らしさを感じられる一品です。サクッとした衣ととろとろの真だちの絶妙なバランスで、お酒のおつまみにもぴったりでしょう。

そのほかにも、大きなザンギや茶碗蒸しなど魅力的なサイドメニューが豊富に提供されています。ラインナップが充実したサイドメニューで、北海道や道東らしさをぜひ感じてみてくださいね。

回転寿司本来の楽しさを感じてもらいたい


画像提供:根室花まる

コロナ禍やタッチパネル導入などの影響により、レーンにお寿司を流さないお店も増えてきている回転寿司業界。

ですが、半谷店長は「回転寿司の楽しさは、レーンに流れるお寿司を自分で選ぶところにあると思うんです」と語ります。実際に同店では次々とレーンの上を華やかなお寿司が流れ、家族でわいわいとネタを選ぶ楽しげな光景が目に入りました。

満足感があるだけでなく、どこか懐かしさを感じさせてくれる根室花まる。活気ある店内で鮮度抜群のお寿司を味わいたいなら、訪れてみてはいかがでしょうか?
回転寿司 根室花まる 札幌ステラプレイス店
住所:札幌市中央区北5条西2丁目札幌ステラプレイス センター6F
営業時間
・日~木曜日・祝日:午前11時~午後10時(L.O.午後9時30分)
・金・土・祝前日:午前11時~午後11時(L.O.午後10時30分)
電話番号:011-209-5331
Webサイト:https://www.sushi-hanamaru.com/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。価格や最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

画像提供:根室花まる

魚介の鮮度にこだわる回転寿司「根室花まる」


画像提供:根室花まる

北海道有数の漁師町として知られる根室に本店を持つ、根室花まる。“魚介の宝庫・根室”の看板を掲げる、とにかく鮮度へのこだわりが強い回転寿司店です。

半谷 智勝店長によると「脂の乗りが足りない魚介は販売しないなど、とにかくネタにこだわっています。また、魚介が穫れる場所が遠すぎると鮮度が落ちるため、仕入れる際は漁場の場所も意識しています」とのこと。

根室花まる おすすめのネタ5選!

回転寿司 根室花まる 札幌ステラプレイス店で、絶対に味わいたいおすすめメニューを5つ教えてもらいました。

まず1つ目が、「二階建ての生ほたて」です。多くの回転寿司店で見かける生ほたてですが、2枚重なったジャンボサイズを堪能できるのは根室花まるならでは。

根室・野付で穫れたネタで、ぷりぷりとした食感とぎゅっと詰まった旨味が最高でした…!
次に紹介するのが、「寒真だち軍艦」です。真だちといえば、冬になると食べたくなる人も多いのでは?

一口目のぷるぷるとした食感、噛むと広がるとろとろの味わいがたまらない一品です。
「あぶらがれい」も、根室花まるおすすめの自慢のネタ。

皮目に焼き目を入れる“焼霜造り”という調理法が採用されています。脂がたっぷりと乗り、贅沢感がありましたよ。

「普段はあまり白身魚を注文しない」という人も、一度食べたらやみつきになること間違いなし!
見た目が鮮やかでぷちぷちの食感が楽しい「すじこ」は、子どもから大人まで多くの人に愛されるメニューです。

シャリからあふれるほど乗せられていますが、一気に口に入れても塩っぱすぎない甘めの味わいです。
最後に紹介するのが、「炙りえんがわ焦がし醤油握り」。弾力のある食感と醤油の香ばしさが食欲をそそります。

今回は冬が旬のメニューを中心に紹介しましたが、時期が変わればサンマやトキシラズなど別のメニューを楽しむことも。その日のおすすめメニュー表もあるので、来店時はチェックしてみましょう~。

サイドメニューも充実

また、お寿司だけでなく、サイドメニューが充実している点も根室花まるの見どころです。特に汁物のバリエーションが豊富で、汁物を目当てに訪れる人もいるんだとか。

今回おすすめしてもらったのは、「花咲がにの鉄砲汁」です。根室の名物料理であり、真っ赤な花咲がにがゴロッと入った華やかなさに目を奪われます。家庭的で懐かしく、ほっと落ち着く味わいが印象的でした。
また、「真だちの天ぷら」も冬らしさを感じられる一品です。サクッとした衣ととろとろの真だちの絶妙なバランスで、お酒のおつまみにもぴったりでしょう。

そのほかにも、大きなザンギや茶碗蒸しなど魅力的なサイドメニューが豊富に提供されています。ラインナップが充実したサイドメニューで、北海道や道東らしさをぜひ感じてみてくださいね。

回転寿司本来の楽しさを感じてもらいたい


画像提供:根室花まる

コロナ禍やタッチパネル導入などの影響により、レーンにお寿司を流さないお店も増えてきている回転寿司業界。

ですが、半谷店長は「回転寿司の楽しさは、レーンに流れるお寿司を自分で選ぶところにあると思うんです」と語ります。実際に同店では次々とレーンの上を華やかなお寿司が流れ、家族でわいわいとネタを選ぶ楽しげな光景が目に入りました。

満足感があるだけでなく、どこか懐かしさを感じさせてくれる根室花まる。活気ある店内で鮮度抜群のお寿司を味わいたいなら、訪れてみてはいかがでしょうか?

画像提供:根室花まる

回転寿司 根室花まる 札幌ステラプレイス店
住所:札幌市中央区北5条西2丁目札幌ステラプレイス センター6F
営業時間
・日~木曜日・祝日:午前11時~午後10時(L.O.午後9時30分)
・金・土・祝前日:午前11時~午後11時(L.O.午後10時30分)
電話番号:011-209-5331
Webサイト:https://www.sushi-hanamaru.com/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。価格や最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

SHARE

佐藤 日和

フリーライター

札幌在住のフリーライター。進学就職を機に北海道を離れ首都圏へ。その後フリーライターとして独立し、東南アジアと日本を行き来するノマド生活を送る。国内外各地を旅するなかで「やっぱり地元北海道が最高!」と気づき札幌へ。現在、執筆や編集、翻訳業をメインに活動しています。趣味は旅行とカフェ巡り。特技はインドネシア語。SASARUでは、各地を旅してきたからこそわかる"北海道ならではの魅力"を発信していきます。