2022.1.6

グルメ

”北海道イタリアン”を牽引してきた名店「テルツィーナ」新たな場所で第三章スタート

福崎里美

poroco統括編集長

トラットリア 札幌イタリアン 札幌イタリアン名店 リニューアル 堀川秀樹シェフ

”北海道イタリアン”の第一人者・堀川秀樹シェフが腕をふるうトラットリアが、’21年11月に移転リニューアルしました。

 

堀川シェフは神奈川出身で、ローマやヴェネツィアでの修業を経て、23年前に伏見から同店をスタートさせました。その後、サッポロファクトリーレンガ館で17年間営業、そして今回は市電通り沿いのビルの2階へ移転。

北海道各地の食材に精通しており、生産者のこだわりを引き出した料理を提供してくれるます。当別町の道の駅にも店舗があり、様々なイベント等にも出演されています。
 
白を基調とした店内は、窓が大きく取られ開放的で明るい雰囲気です。

街中にあるのでランチにも行きやすくて便利。
ランチは1,200円~、ディナーはアラカルトのほか5,000円~のコースも。
今月のひと皿「大空町 大橋牧場 知床牛のラザーニャ」は、エミリア・ロマーニャ風のイタリアではオーソドックスなスタイル。

知床牛のしっかりした旨味にモッツアレラチーズの風味と食感、そしてトマトソースの酸味が合わさって、濃厚だけどどこかほっこりとしてやさしい味わい。ラザーニャはオープン当初からの人気メニューでしたが、今後は北海道産の様々な牛肉やシカ肉でのアレンジも楽しめるそう。
料理に合わせるワインはイタリア産を中心に、フランス産、北海道産など約150種類も。
「フリットの盛り合わせ(3種)1,600円」は季節によって内容が変わります。この日はホタテ、シイタケ、かぼちゃの3種。通常の塩とトリュフ塩につけて。

堀川シェフの第三章としてスタートしたこちらのお店は、今後は近隣のイタリア料理店とも協力して「札幌のイタリアン」を盛り上げる活動もしていく予定とのこと。
札幌で多くのシェフを輩出してきた堀川シェフだからこその今後の活躍が楽しみです。
Trattoria Terzina(テルツィーナ)

住所:札幌市中央区南1条西6丁目1-4 第27桂和ビル2F
営業時間:ランチ午前11時~ラストオーダー午後2時30分、ディナー午後5時~ラストオーダー午後9時
定休日:不定
電話:011-221-3314
駐車場なし
堀川シェフは神奈川出身で、ローマやヴェネツィアでの修業を経て、23年前に伏見から同店をスタートさせました。その後、サッポロファクトリーレンガ館で17年間営業、そして今回は市電通り沿いのビルの2階へ移転。

北海道各地の食材に精通しており、生産者のこだわりを引き出した料理を提供してくれるます。当別町の道の駅にも店舗があり、様々なイベント等にも出演されています。
 
白を基調とした店内は、窓が大きく取られ開放的で明るい雰囲気です。

街中にあるのでランチにも行きやすくて便利。
ランチは1,200円~、ディナーはアラカルトのほか5,000円~のコースも。
今月のひと皿「大空町 大橋牧場 知床牛のラザーニャ」は、エミリア・ロマーニャ風のイタリアではオーソドックスなスタイル。

知床牛のしっかりした旨味にモッツアレラチーズの風味と食感、そしてトマトソースの酸味が合わさって、濃厚だけどどこかほっこりとしてやさしい味わい。ラザーニャはオープン当初からの人気メニューでしたが、今後は北海道産の様々な牛肉やシカ肉でのアレンジも楽しめるそう。
料理に合わせるワインはイタリア産を中心に、フランス産、北海道産など約150種類も。
「フリットの盛り合わせ(3種)1,600円」は季節によって内容が変わります。この日はホタテ、シイタケ、かぼちゃの3種。通常の塩とトリュフ塩につけて。

堀川シェフの第三章としてスタートしたこちらのお店は、今後は近隣のイタリア料理店とも協力して「札幌のイタリアン」を盛り上げる活動もしていく予定とのこと。
札幌で多くのシェフを輩出してきた堀川シェフだからこその今後の活躍が楽しみです。
Trattoria Terzina(テルツィーナ)

住所:札幌市中央区南1条西6丁目1-4 第27桂和ビル2F
営業時間:ランチ午前11時~ラストオーダー午後2時30分、ディナー午後5時~ラストオーダー午後9時
定休日:不定
電話:011-221-3314
駐車場なし

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード

福崎里美

poroco統括編集長

幼少期の数年間を熊本で過ごし、旭川、小樽、そして札幌へ。2014年より現職。「さっぽろコミュニケーションマガジンporoco(ポロコ)」のほかに、「札幌の美食店」「札幌café本」「ランチパスポート札幌」なども発行。美味しい情報を発信して札幌を元気にしたい!と日々奮闘中。札幌はもちろん全国各地の飲み歩きと美術鑑賞が趣味。
「poroco」×「みんテレ」企画が進行中。「poroco」最新号で特集したお店の魅力を、poroco福崎編集長自ら「みんテレ」でズバリ解説します。SASARUでも毎月UPしていきます!