2021.11.17

グルメ

コスパ最高"ザンギ&餃子" 定食屋… "ボリューム100点"の2大名物はコレだ!常連多数

宮森健太朗

グルメライター

店内の手書き黒板 札幌 定食

札幌市営地下鉄西18丁目駅から徒歩3分の場所にお店を構える「鑓水商店(ヤリミズショウテン)」。コスパ&ボリューム満点のメニューが揃う「定食屋」です。
 
店主 鑓水英人さんの父が営んでいた弁当屋から姿を変え、2013年にオープン。今年で8周年を迎え、鑓水商店の虜となった常連さんも数知れずの人気店。
 今回は、札幌民に愛される定食屋の“2大名物”「ザンギ」と「焼き餃子」をご紹介します!

【欲張りさん必食】名物ザンギ3種食べ比べができる”人気定食”

鑓水商店に来たら食べたい「ザンギ食べ比べ定食 6個入(870円)」
 
ザンギは全部で3種類入っています。

名物の醤油ザンギに加え、塩ザンギ・ソースザンギが各種2個ずつの計6個。1つずつが大ぶりで食べ応え抜群です。ご飯・味噌汁・小鉢もついてこの価格は嬉しいですね。
醤油ザンギは、しっかりめの下味とサクッとした衣の王道タイプ。

生姜を多めに使っているのがポイントです。一口食べると鶏のジューシー感と共に香る生姜が食欲をそそります。白飯はもちろんですが、お酒好きにもたまらないですよ~!

「醤油ザンギは父の得意料理。当時と変わらない味を今も続けている」と店主の鑓水さんは話します。

父から子へと受け継がれる“思い出の味”…食べてみたくありませんか?
3種類の中で1番目を引く「ソースザンギ」
 
“ザンギ×ソース”の組み合わせは他のお店で目にする機会は少ないでしょう。

衣自体にソースを練りこんでおり、サクッとした食感と同時にソースの香りが鼻から抜けていきます。チキンカツやトンカツが頭に一瞬よぎりますが、程よく味付けされた鶏肉の存在が「ザンギ感」を演出しているんです!

「鑓水商店」の魅力を感じるなら、他では食べられないソースザンギがついた「ザンギ食べ比べ定食」で決まり!

肉汁タップリ皮モッチリ… ”逆さま”焼き餃子

続いては…

ザンギと肩を並べる名物「焼き餃子 6個入(570円)」のご登場。
 
肉汁をこぼさず「餃子の旨味」を逃さないよう“焼き目を下”に盛り付けるのがこだわり。
「焼き目を上にした方が美味しく見えるとお客さんに言われるが、肉汁をダイレクトに感じてほしい」と鑓水さん。
 
餃子の命ともいえる「皮」は製麺所とタッグを組み、試行錯誤を重ね完成させたそう。厚さや大きさにこだわり、大ぶりのサイズ感&絶妙なモチっと食感を実現しました。
餡にも楽しい食感を生み出す“秘訣”が。

3種類の異なる大きさの豚ひき肉・肉と同量のキャベツを使用。食感に変化が生まれ、キャベツの甘みもアクセントになっています。
 
焼き目のカリッと食感・口の中で溢れ出す肉汁も相まって、思わず微笑んでいる自分に気づくでしょう。

餃子定食(6個/750円・8個入/900円)もバッチリありますよ~!

「愛される食堂を目指したい」-鑓水商店 店主 鑓水英人さん


鑓水商店 店主 鑓水英人さん

「誰もが毎日使えるような“愛される食堂”にしたい」と語る鑓水商店の店主・鑓水英人さん。
 
お客さんに「食べに来てよかった!」と満足してもらうためボリューム&コスパにこだわり、多くの常連さんを飽きさせないよう不定期で新メニューを考案されている「お客さん想い」の店主さんです。
 
札幌民に愛される定食屋「鑓水商店」で、身も心も満たしてみては?
鑓水商店ではお弁当のテイクアウトも可能!
 
今回ご紹介したザンギや餃子を含め、目移りするほどの魅力的なメニューがズラッと並びます。
 
メニューをチェックしたい方は鑓水商店の公式サイトへ!

「鑓水商店」
住所:札幌市中央区南1条西19丁目1-251
営業時間:【ランチ】午前11時~午後3時
     【ディナー】午後5時~午後10時
TEL:011-631-8134
定休日:日曜日・祝日
Instagram:@syouten2073

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

ザンギ食べ比べ弁当(870円)

【欲張りさん必食】名物ザンギ3種食べ比べができる”人気定食”

鑓水商店に来たら食べたい「ザンギ食べ比べ定食 6個入(870円)」
 
ザンギは全部で3種類入っています。

名物の醤油ザンギに加え、塩ザンギ・ソースザンギが各種2個ずつの計6個。1つずつが大ぶりで食べ応え抜群です。ご飯・味噌汁・小鉢もついてこの価格は嬉しいですね。
醤油ザンギは、しっかりめの下味とサクッとした衣の王道タイプ。

生姜を多めに使っているのがポイントです。一口食べると鶏のジューシー感と共に香る生姜が食欲をそそります。白飯はもちろんですが、お酒好きにもたまらないですよ~!

「醤油ザンギは父の得意料理。当時と変わらない味を今も続けている」と店主の鑓水さんは話します。

父から子へと受け継がれる“思い出の味”…食べてみたくありませんか?
3種類の中で1番目を引く「ソースザンギ」
 
“ザンギ×ソース”の組み合わせは他のお店で目にする機会は少ないでしょう。

衣自体にソースを練りこんでおり、サクッとした食感と同時にソースの香りが鼻から抜けていきます。チキンカツやトンカツが頭に一瞬よぎりますが、程よく味付けされた鶏肉の存在が「ザンギ感」を演出しているんです!

「鑓水商店」の魅力を感じるなら、他では食べられないソースザンギがついた「ザンギ食べ比べ定食」で決まり!

肉汁タップリ皮モッチリ… ”逆さま”焼き餃子

続いては…

ザンギと肩を並べる名物「焼き餃子 6個入(570円)」のご登場。
 
肉汁をこぼさず「餃子の旨味」を逃さないよう“焼き目を下”に盛り付けるのがこだわり。
「焼き目を上にした方が美味しく見えるとお客さんに言われるが、肉汁をダイレクトに感じてほしい」と鑓水さん。
 
餃子の命ともいえる「皮」は製麺所とタッグを組み、試行錯誤を重ね完成させたそう。厚さや大きさにこだわり、大ぶりのサイズ感&絶妙なモチっと食感を実現しました。
餡にも楽しい食感を生み出す“秘訣”が。

3種類の異なる大きさの豚ひき肉・肉と同量のキャベツを使用。食感に変化が生まれ、キャベツの甘みもアクセントになっています。
 
焼き目のカリッと食感・口の中で溢れ出す肉汁も相まって、思わず微笑んでいる自分に気づくでしょう。

餃子定食(6個/750円・8個入/900円)もバッチリありますよ~!

「愛される食堂を目指したい」-鑓水商店 店主 鑓水英人さん


鑓水商店 店主 鑓水英人さん

「誰もが毎日使えるような“愛される食堂”にしたい」と語る鑓水商店の店主・鑓水英人さん。
 
お客さんに「食べに来てよかった!」と満足してもらうためボリューム&コスパにこだわり、多くの常連さんを飽きさせないよう不定期で新メニューを考案されている「お客さん想い」の店主さんです。
 
札幌民に愛される定食屋「鑓水商店」で、身も心も満たしてみては?

ザンギ食べ比べ弁当(870円)

鑓水商店ではお弁当のテイクアウトも可能!
 
今回ご紹介したザンギや餃子を含め、目移りするほどの魅力的なメニューがズラッと並びます。
 
メニューをチェックしたい方は鑓水商店の公式サイトへ!

「鑓水商店」
住所:札幌市中央区南1条西19丁目1-251
営業時間:【ランチ】午前11時~午後3時
     【ディナー】午後5時~午後10時
TEL:011-631-8134
定休日:日曜日・祝日
Instagram:@syouten2073

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

宮森健太朗

グルメライター

学生ライター。食べることが大好きで、北海道の「なまらうまいグルメ」をメインに発信します!アメリカ・ポートランドへ留学中に北海道の魅力に気付き、帰国後インスタグラムとブログにて北海道グルメの発信を開始。ラーメンと中華を中心に縦横無尽に食べ歩いています。SASARUを通して「こんな場所あったんだ!」「これこれ!」というような、北海道の情報をお伝えします!