2021.8.24

グルメ

帯広のスパイスたっぷりカレー…エキゾチックな異国の"音楽・香り・雑貨"五感で堪能

向日 葵

ライター

帯広駅より車を5分ほど走らせたところにある「ELEPHANT IN THE ROOM(エレファントインザルーム)」。
ここは、雑貨あり、カレーあり、イベントあり、といった型にはまらないお店。
店内は、これまで30か国以上を旅してきた店主 川瀬 幸太さんが集めてきたものがオシャレに並んでいます。

旅先で出逢った味を日本人向けに工夫して作ったカレーは、スパイシーなのにどこか優しい味。
川瀬さんが創る“心地良い空間”があなたを異国へといざないます。

“Elephant in the Room”


大きなスピーカーが設置される店内

「ELEPHANT IN THE ROOM」というお店の名前。
これは英語の慣用表現で、“誰もが大切なことだと気付いていながらも、あえて触れようとしない物事”の意味があるそうです。

象が好きなのかな? なんて思っていた筆者でしたが、このフレーズに想いが込められていたんですね。

見て、聴いて、触れる。店主が心惹かれた世界中のモノたち。

旅先で仕入れた雑貨や小物、服に骨董に本にCD。
店内は川瀬さんが出逢った惹かれるモノと、心地良い音楽でひしめいています。
 
“お店はどんどん変わっていっていい”という川瀬さん。
店頭に並ぶモノも少しずつ変化しているそうです。
最近では、オンラインショップでしか手に入りにくい「アウトドアスパイス ほりにし」や、料理家たかはしよしこさんの「エジプト塩」といった調味料まで並んでいます。
 
どれも店主こだわりの心躍るモノばかり!

鼻をくすぐるスパイスの香り。旅する中で出会ったカレーの味。

じっくり炒めた玉ねぎ15種類以上のオーガニックスパイスを独自に配合し長時間かけて作ったチキンカレー。

味付けは天然海塩のみを使用し、化学調味料は一切使用していません。日本人の口に合うよう、鶏ガラや昆布などの出汁も加えています。

スパイシーなのにどこか馴染みのある優しい味がするのは、そのためなんですね!

じっくり炒めた玉ねぎにオーガニックスパイスを加えたカレーの素


店主が惚れ込んだ十勝・清水町「十勝エッグフォレスト」ネラの卵もトッピング

筆者がいただいたのは、お店の全トッピングが付いてくる「チキンカレーオールトッピング(1,200円 税込)」と「ミニチャイ(プラス100円 税込)」
 
野菜のスパイス炒め“サブジ”を混ぜれば、野菜カレーに。
“ヨーグルトのチャツネ”“ネラの卵”を混ぜれば、まろやかに。
南アジアの漬物“アチャール”レモンパクチーを混ぜれば、程良い酸味でさっぱりといただける。

この一皿を頼めば色んな味が楽しめるようになっています!

カレーのテイクアウトやお家カフェができちゃうオリジナルのセットも

カレーや飲み物はテイクアウトもできます。

また、ELEPHANT IN THE ROOMのチャイがお家で作れるオリジナルセットも販売中。
すでに茶葉とスパイスが配合されていますので、あとは牛乳と、お好みで生姜を用意するだけ!

お家時間でも異国へとトリップできちゃいますね!

インドアッサム産のCTC茶葉に5種類のスパイスを独自にブレンド

ちょっとだけ日常を離れる。自分だけの時間。

川瀬さんが創る空間では、ゆっくりと時間が流れます。

心地良い音楽、エキゾチックな香り、ほっこりする雑貨に、スパイシーなのにどこか優しい味のカレー。

五感で感じるすべてが相まって、なんだか心を惹きつけてやみません。
あなたもこの空間に触れて、少しだけ日常を離れてみてはいかがでしょうか。
ELEPHANT IN THE ROOM(エレファントインザルーム)
住所:帯広市西2条南1丁目18
電話番号:0155-29-2463
営業時間:
月~木曜日 午前11時~午後3時(L.O.午後2時30分)
金・土曜日 午前11時~午後8時(L.O.午後7時30分)
定休日:日曜日、第2月曜日
※その他、不定休有。HP、インスタグラムでご確認ください。
Instagram:@elephant_in_the_room_obihiro
Webサイト:https://elephant-in-the-room.shop
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

“Elephant in the Room”


大きなスピーカーが設置される店内

「ELEPHANT IN THE ROOM」というお店の名前。
これは英語の慣用表現で、“誰もが大切なことだと気付いていながらも、あえて触れようとしない物事”の意味があるそうです。

象が好きなのかな? なんて思っていた筆者でしたが、このフレーズに想いが込められていたんですね。

見て、聴いて、触れる。店主が心惹かれた世界中のモノたち。

旅先で仕入れた雑貨や小物、服に骨董に本にCD。
店内は川瀬さんが出逢った惹かれるモノと、心地良い音楽でひしめいています。
 
“お店はどんどん変わっていっていい”という川瀬さん。
店頭に並ぶモノも少しずつ変化しているそうです。
最近では、オンラインショップでしか手に入りにくい「アウトドアスパイス ほりにし」や、料理家たかはしよしこさんの「エジプト塩」といった調味料まで並んでいます。
 
どれも店主こだわりの心躍るモノばかり!

鼻をくすぐるスパイスの香り。旅する中で出会ったカレーの味。


じっくり炒めた玉ねぎにオーガニックスパイスを加えたカレーの素

じっくり炒めた玉ねぎ15種類以上のオーガニックスパイスを独自に配合し長時間かけて作ったチキンカレー。

味付けは天然海塩のみを使用し、化学調味料は一切使用していません。日本人の口に合うよう、鶏ガラや昆布などの出汁も加えています。

スパイシーなのにどこか馴染みのある優しい味がするのは、そのためなんですね!

店主が惚れ込んだ十勝・清水町「十勝エッグフォレスト」ネラの卵もトッピング

筆者がいただいたのは、お店の全トッピングが付いてくる「チキンカレーオールトッピング(1,200円 税込)」と「ミニチャイ(プラス100円 税込)」
 
野菜のスパイス炒め“サブジ”を混ぜれば、野菜カレーに。
“ヨーグルトのチャツネ”“ネラの卵”を混ぜれば、まろやかに。
南アジアの漬物“アチャール”レモンパクチーを混ぜれば、程良い酸味でさっぱりといただける。

この一皿を頼めば色んな味が楽しめるようになっています!

カレーのテイクアウトやお家カフェができちゃうオリジナルのセットも


インドアッサム産のCTC茶葉に5種類のスパイスを独自にブレンド

カレーや飲み物はテイクアウトもできます。

また、ELEPHANT IN THE ROOMのチャイがお家で作れるオリジナルセットも販売中。
すでに茶葉とスパイスが配合されていますので、あとは牛乳と、お好みで生姜を用意するだけ!

お家時間でも異国へとトリップできちゃいますね!

ちょっとだけ日常を離れる。自分だけの時間。

川瀬さんが創る空間では、ゆっくりと時間が流れます。

心地良い音楽、エキゾチックな香り、ほっこりする雑貨に、スパイシーなのにどこか優しい味のカレー。

五感で感じるすべてが相まって、なんだか心を惹きつけてやみません。
あなたもこの空間に触れて、少しだけ日常を離れてみてはいかがでしょうか。
ELEPHANT IN THE ROOM(エレファントインザルーム)
住所:帯広市西2条南1丁目18
電話番号:0155-29-2463
営業時間:
月~木曜日 午前11時~午後3時(L.O.午後2時30分)
金・土曜日 午前11時~午後8時(L.O.午後7時30分)
定休日:日曜日、第2月曜日
※その他、不定休有。HP、インスタグラムでご確認ください。
Instagram:@elephant_in_the_room_obihiro
Webサイト:https://elephant-in-the-room.shop
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

向日 葵

ライター

帯広生まれ帯広育ち。豊かな大地が生んだ“おいしいもの”に魅了され、北海道フードマイスター、調理師、製菓衛生師など食に関する資格を取得。おいしいものや素敵な時間を過ごせるお店を探して歩くのが趣味。車の運転が好きで、グルメドライブも楽しんでいます。SASARUでは十勝を中心に、私が出会った“おいしい”を発信していきます!