2020.7.25

おでかけ

札幌からのドライブに最適♡SNSで話題のフォトジェニックな美味しいところ♡

三澤恵梨子

カフェライター

昔ながらのとゆったりとした街並みが残る砂川市。
元々は急カーブだらけだった川を直した跡にある三日月湖が市内や周辺に多く点在し、冬の終わりには白鳥が飛来してきます。
市郊外には緑豊かな大きな公園があり、少し遠くには樺戸連峰の山並みが見える、自然が織りなす絶景も多く楽しめるまちです。

そんな自然の恵みを生かし、おいしくオシャレな商品を提供しているお店が砂川市にはたくさんあります。
今回は、SNSで話題の2つのカフェにお邪魔しました♪

色鮮やかなフルーツが映えるひんやりスイーツが人気の絶景カフェ【季の庭 ヤ・エール】

「季の庭 ヤ・エール」は、元々、オーナーの更谷さん宅のお庭だったのですが、近所に住む人たちが「みんなが憩える場所があれば…」と話していたことがきっかけで、「気軽に集まれる場所になれば」とカフェを開くことになったそう。
ヤ・エールの名物は、ありそうでなかったソフトクリームの加工品「ソフトクリームバー(各350円 税込)」。こだわりの牛乳を使ったソフトクリームでジューシーな生フルーツを閉じ込め、そのまま凍らせてスティック状にしたオリジナルスイーツです。
カラフルなフルーツの断面がとってもフォトジェニック♡テイクアウト可能なので、ドライブのお供に買っていく方も多いのだとか。
お庭から眺める砂川遊水池の景色はとてもきれいでした♪「ここから見える遊水池と樺戸連峰の景色がとても美しい」と評判の景色は、テレビや雑誌などでも度々取り上げられてきた「中空知随一の絶景」です♡
春は桜、夏は樺戸連峰、秋は紅葉と、季節によってまた違った表情が見えるのもヤ・エールの魅力です♪
イートインスペースとなっているミニログハウスの中は、現在はウイルス感染対策のため席数を減らしています。
また、天気が良く気温が高い日は、お庭に置かれたパラソルの下で飲食を楽しむ人たちでとてもにぎわっているんですって!
 
【季の庭 ヤ・エール】
住所:砂川市西4条南5丁目1-20
電話番号:090-1523-8833
営業時間:午前10時~午後6時(カフェ営業は5月~11月)
定休日:不定休・12月~4月下旬(冬期間はソフトクリームバーのみ予約販売)

濃厚ソースがおいしい♡自家栽培の「桃太郎」を使った絶品パスタ【カフェ ピノキオ】

砂川市焼山にある「カフェ ピノキオ」は、桃太郎トマト作りひとすじ34年の農家さんが営む、可愛らしいログハウス調の外観が特徴ファームレストラン。2008年から敷地内で準備を進め、満を辞して2019年にオープンを迎えました。
午前11時から午後2時30分までのランチタイムは、自家農園で栽培された桃太郎トマトを使った「自家製ミートソース生パスタ(単品 950円 税込)」が、お得なランチセット(1,450円 税込)でいただけます。
手造りの「トマトジュース(450円 税込)」は、農園でとれたトマトを丁寧に裏ごしして作った、トマト好きにはたまらない絶品ですよ♡
(季節によっては販売を休止している場合があります)
店内では、その時期に農園でとれた野菜を時価で販売しています。農園直売の新鮮野菜は、ドライブのお土産にも良さそうですね♪

​※画像提供:全て砂川観光協会
 
【カフェ ピノキオ】
住所:砂川市焼山264-1
電話番号:0125-52-3678
営業時間:午前11時~午後4時(11月~3月の冬期間は午後3時まで)
定休日:火曜日(11月~3月の冬期間は月曜日も休業)

都会の喧騒を忘れられる癒しスポット♡自然の中でおいしいものを堪能して

自粛疲れや新型コロナによるストレスも、開放的な空間でおいしいものを食べたり、きれいな景色を眺めて気分をリフレッシュすれば、きっと体は元気になりますね♪
ちょっぴり疲れた時は、時間を見つけて自然と触れ合いに行ってみませんか?

色鮮やかなフルーツが映えるひんやりスイーツが人気の絶景カフェ【季の庭 ヤ・エール】

「季の庭 ヤ・エール」は、元々、オーナーの更谷さん宅のお庭だったのですが、近所に住む人たちが「みんなが憩える場所があれば…」と話していたことがきっかけで、「気軽に集まれる場所になれば」とカフェを開くことになったそう。
ヤ・エールの名物は、ありそうでなかったソフトクリームの加工品「ソフトクリームバー(各350円 税込)」。こだわりの牛乳を使ったソフトクリームでジューシーな生フルーツを閉じ込め、そのまま凍らせてスティック状にしたオリジナルスイーツです。
カラフルなフルーツの断面がとってもフォトジェニック♡テイクアウト可能なので、ドライブのお供に買っていく方も多いのだとか。
お庭から眺める砂川遊水池の景色はとてもきれいでした♪「ここから見える遊水池と樺戸連峰の景色がとても美しい」と評判の景色は、テレビや雑誌などでも度々取り上げられてきた「中空知随一の絶景」です♡
春は桜、夏は樺戸連峰、秋は紅葉と、季節によってまた違った表情が見えるのもヤ・エールの魅力です♪
イートインスペースとなっているミニログハウスの中は、現在はウイルス感染対策のため席数を減らしています。
また、天気が良く気温が高い日は、お庭に置かれたパラソルの下で飲食を楽しむ人たちでとてもにぎわっているんですって!
 
【季の庭 ヤ・エール】
住所:砂川市西4条南5丁目1-20
電話番号:090-1523-8833
営業時間:午前10時~午後6時(カフェ営業は5月~11月)
定休日:不定休・12月~4月下旬(冬期間はソフトクリームバーのみ予約販売)

濃厚ソースがおいしい♡自家栽培の「桃太郎」を使った絶品パスタ【カフェ ピノキオ】

砂川市焼山にある「カフェ ピノキオ」は、桃太郎トマト作りひとすじ34年の農家さんが営む、可愛らしいログハウス調の外観が特徴ファームレストラン。2008年から敷地内で準備を進め、満を辞して2019年にオープンを迎えました。
午前11時から午後2時30分までのランチタイムは、自家農園で栽培された桃太郎トマトを使った「自家製ミートソース生パスタ(単品 950円 税込)」が、お得なランチセット(1,450円 税込)でいただけます。
手造りの「トマトジュース(450円 税込)」は、農園でとれたトマトを丁寧に裏ごしして作った、トマト好きにはたまらない絶品ですよ♡
(季節によっては販売を休止している場合があります)
店内では、その時期に農園でとれた野菜を時価で販売しています。農園直売の新鮮野菜は、ドライブのお土産にも良さそうですね♪

​※画像提供:全て砂川観光協会
 
【カフェ ピノキオ】
住所:砂川市焼山264-1
電話番号:0125-52-3678
営業時間:午前11時~午後4時(11月~3月の冬期間は午後3時まで)
定休日:火曜日(11月~3月の冬期間は月曜日も休業)

都会の喧騒を忘れられる癒しスポット♡自然の中でおいしいものを堪能して

自粛疲れや新型コロナによるストレスも、開放的な空間でおいしいものを食べたり、きれいな景色を眺めて気分をリフレッシュすれば、きっと体は元気になりますね♪
ちょっぴり疲れた時は、時間を見つけて自然と触れ合いに行ってみませんか?

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

三澤恵梨子

カフェライター

独身時代から続けている趣味のカフェめぐりでは、これまでに300軒近いカフェを訪問。気になる情報があれば、札幌のみならず、道内各地、伊豆界隈、名古屋、東京などへ「旬なカフェ」を求めて飛び立つことも。自宅でも、インテリアや料理などでカフェ気分を楽しんでいます。SASARUでは、ついつい写真が撮らさるフォトジェニックなフードの情報や、わざわざ足を運びたい素敵なカフェの情報を北海道女子に届けるべく、一緒におしゃべりする感覚で情報を発信していきます。