EXILE TRIBE 男旅 (5月18OA) アイヌ文化を体感する旅、第一弾

「EXILE TRIBEメンバー」が北海道を盛り上げる為に、奮闘!北海道が誇る財産(トレジャー)に触れ、魅力的な活動をするグループに自ら飛び込み体験する「リアルドキュメントスタイル」の番組。「EXILE TRIBE男旅」。5月18日の放送は、『阿寒湖温泉でアイヌ文化を体感する旅、第一弾』。

2019.5.28

劇団EXILEコンビ アイヌ文化を知る阿寒旅

湖面にまだ氷が張る、釧路市阿寒町にやってきたのは、八木将康とシーズン6初登場の秋山真太郎(劇団EXILE)。ここは、漫画「ゴールデンカムイ」でも注目されるアイヌ文化にもっとも近い場所です。


今回、2人は今年3月から始まった「ロストカムイ」が上演している「アイヌシアターイコロ」へ行くことに。「ロストカムイ」とは、デジタルアートとアイヌ古式舞踊を融合したものです。さっそくアイヌシアターイコロへ向かいますが、その途中2人が目にしたのは、アイヌの人たちが住む集落。別世界のような、アイヌコタンの景色におどろきます。


秋山が、ここで発見したのは、「コロポックル」と書かれた店の看板。秋山「じゃがぽっくるってここからできたんじゃないの?」というが、八木は、半信半疑。しかし、今や人気の北海道のお土産「じゃがぽっくる」は、実は、アイヌ語が由来。
コロポックル(アイヌ語)=ふきの下の人の意味でした。

話題沸騰!「ロストカムイ」リハーサル潜入!

アイヌシアターイコロについた二人は、さっそくリハーサルに潜入。どんな人が制作しているのか、さっそく調査開始。出演者20人のうちアイヌ民族は半分、その他は、海外の方や、アイヌ民族ではない方など様々。夫がアイヌというのを知らずに結婚し、宮崎からここに移住してきた人や、アイヌ文化に憧れて、ハローワークを通じてきたなどという人も!さっそく、2人もアイヌ舞踊「鶴の舞」の踊りに挑戦することに。手本の踊りを見て「できません!」と即答していた八木だが、すぐに鶴の真似をする八木。秋山も笑顔で踊ります。


北海道産の鹿肉たっぷりアイヌ料理を満喫

アイヌ舞踊を楽しんだところで、ロストカムイ上演まで時間があるため、小腹がすいた2人がむかった先は、アイヌ料理専門の「ポロンノ」です。
次回の男旅は、これまで食べたことのないアイヌ料理が続々登場します。

(UHB編成部)

Twitter
UHB編成部   
Twitter
UHB編成部の広報スタッフが北海道の女性向けにオススメ番組や見どころなど番組情報を発信していきます。

最近の投稿

メディア

おしゃれなお店と住宅街に驚き!夏に行きたいマチ、清田エリア!

メディア

アクティブに楽しめるお宝店いっぱい!夏に行きたいマチ、清田エリア

メディア

かつてのアイヌ民族の生活を体感!アイヌ文化を深く知る旅、最終章!

メディア

インスタ映えなお店がたくさん♪いま注目の大通バスセンターエリア!

メディア

気になるお宝店いっぱい!大通バスセンターエリア!

メディア

アイヌ音楽を体感。知られざる世界へ踏み込む!

メディア

住宅街に隠れたお宝発見!北郷エリアを散策!

メディア

アイヌ文化を深く知る。劇団EXILEコンビが送る阿寒の旅!

メディア

思わぬ発見があるマチ!北郷エリア!

メディア

結婚したい女性必見!“歩くカップル製造機”が熊本に!

メディア

新しいものと歴史が融合するマチ。山鼻エリア!

メディア

表情豊かな花田と散策!歴史溢れる山鼻エリア!