2022.6.15

グルメ

ムースたっぷり"進化系そば"にびっくり! 焦がしニンニク香る「月見サムゲ蕎麦」【札幌】

千葉柚果

学生ライター

肉そばイレブン 札幌 そば サムゲ蕎麦 

店長 林さん

札幌市東区に、「こんなお蕎麦初めて!」と見た目も味もびっくりするメニューがずらりと並ぶ、珍しいお蕎麦屋さんが…。

「蕎麦の生産量が全国1位である北海道に新しい蕎麦文化を作りたいという思いのもとオープンしました。北海道の新名物を作りたいと思って…」と話す店長の林さん。
今年1月のオープン以降、新メニューが続々登場し各メディアでも連日話題となっています。

いま話題の進化系蕎麦屋さん『肉そばイレブン』を取材しました。

自信があるから…レシピ配布!?

『肉そばイレブン』の看板メニューである「サムゲ蕎麦(1,280円 税込)」。

サムゲ、あのサムゲタンの「サムゲ」です。サムゲタン、鶏出汁のスープにお蕎麦という組み合わせ。一体どのように誕生したのでしょうか。

「お蕎麦はスーパーフードと言われるほど健康的な食べ物なので、そこにタンパク質の多い食材をプラスしたいと考えていました。お鍋の締めでよく麺を入れると思います。そのような感覚でサムゲタン、鶏出汁の鍋に蕎麦を入れてみると“蕎麦と鶏、相性抜群!”ということに気がつきメニュー化しました」と店長 林さん。

この美味しさをもっと広めて“北海道の新名物”にしたいと考え、サムゲ蕎麦のレシピの配布も行なっています。

「え、お店のレシピを配布して大丈夫?」と思いましたが…。
「自信があるので大丈夫です!皆さんにサムゲ蕎麦の美味しさを知ってほしいので配布したレシピで作っていただければ。他のお店でもサムゲ蕎麦をどんどん作っていてほしいです」

「サムゲ蕎麦」が北海道の新名物になる日も近いのでは〜!

「サムゲ蕎麦(1,280円 税込)」画像提供:肉そばイレブン

進化系そばがさらに進化?


「月見サムゲ蕎麦(1,280円税込)」

『肉そばイレブン』の看板メニューである「サムゲ蕎麦」が進化した「月見サムゲ蕎麦」。見た目もびっくりなお蕎麦です。一見お蕎麦には見えません。まるでお月見!

「サムゲ蕎麦」の上に麺が見えないほど、ムースがかかっています。ムースは焦がしニンニク醤油味。

「お蕎麦」×「サムゲタン」×「焦がしニンニクのムース」という組み合わせです。
「サムゲ蕎麦の醤油味を作ろうと思い、試作しましたがなかなかうまくいかず…。そこでムースにしてみました。サムゲ蕎麦の鶏肉に合うよう焦がしニンニクをプラスし完成しました」と話す林さん。
お蕎麦は、十割蕎麦と二八蕎麦を選択できます。蕎麦粉は北海道知床産のものを使用しています。

店名の由来にもなった唐辛子

お蕎麦に合うように開発されたオリジナルの唐辛子「十一味唐辛子」が用意されています。お蕎麦のおいしさを引き立てる程よい辛さ。そして、ザクッとした食感も楽しむことができます。

「十一味唐辛子」の11に由来して「肉そばイレブン」という店名になったそうですよ。

十一味唐辛子


「そばがきの揚げ出し(250円 税込)」

店長おすすめの「そばがきの揚げ出し(250円 税込)」。
蕎麦粉のお団子、そばがきを揚げたオリジナルの一品です。揚げているので外側は香ばしく、中はとろっとしていますよ。

新メニューが続々登場!

「お蕎麦屋さんなのにかき氷!?」と思いきや…
実はこちらもお蕎麦なのです!

見た目はかき氷そのもの。しかし、下にはお蕎麦が隠れています。
「暑い夏に健康的に体を冷やしてもらいたいという思いで作りました」と林さん。
お蕎麦×とろろ×かき氷という組み合わせです。

まだ試作段階ですが、近日登場予定なのでお楽しみに!
※写真は試作品

画像提供:肉そばイレブン

「次々と新しいお蕎麦のアイディアが浮かぶんですよね」と話す林さん。

他では見たこともないような、わっと驚くお蕎麦に出会うことができる『肉そばイレブン』。進化が止まりません!
肉そばイレブン
住所:札幌市東区北37条東18丁目2−36 1F
営業時間:午前11時〜午後3時/ 午後5時〜午後10時
定休日:火曜日
電話番号:070-1254-6843
公式ホームページ:https://nikusoba11.com
Instagram:@nikusoba_11

自信があるから…レシピ配布!?


「サムゲ蕎麦(1,280円 税込)」画像提供:肉そばイレブン

『肉そばイレブン』の看板メニューである「サムゲ蕎麦(1,280円 税込)」。

サムゲ、あのサムゲタンの「サムゲ」です。サムゲタン、鶏出汁のスープにお蕎麦という組み合わせ。一体どのように誕生したのでしょうか。

「お蕎麦はスーパーフードと言われるほど健康的な食べ物なので、そこにタンパク質の多い食材をプラスしたいと考えていました。お鍋の締めでよく麺を入れると思います。そのような感覚でサムゲタン、鶏出汁の鍋に蕎麦を入れてみると“蕎麦と鶏、相性抜群!”ということに気がつきメニュー化しました」と店長 林さん。

この美味しさをもっと広めて“北海道の新名物”にしたいと考え、サムゲ蕎麦のレシピの配布も行なっています。

「え、お店のレシピを配布して大丈夫?」と思いましたが…。
「自信があるので大丈夫です!皆さんにサムゲ蕎麦の美味しさを知ってほしいので配布したレシピで作っていただければ。他のお店でもサムゲ蕎麦をどんどん作っていてほしいです」

「サムゲ蕎麦」が北海道の新名物になる日も近いのでは〜!

進化系そばがさらに進化?


「月見サムゲ蕎麦(1,280円税込)」

『肉そばイレブン』の看板メニューである「サムゲ蕎麦」が進化した「月見サムゲ蕎麦」。見た目もびっくりなお蕎麦です。一見お蕎麦には見えません。まるでお月見!

「サムゲ蕎麦」の上に麺が見えないほど、ムースがかかっています。ムースは焦がしニンニク醤油味。

「お蕎麦」×「サムゲタン」×「焦がしニンニクのムース」という組み合わせです。
「サムゲ蕎麦の醤油味を作ろうと思い、試作しましたがなかなかうまくいかず…。そこでムースにしてみました。サムゲ蕎麦の鶏肉に合うよう焦がしニンニクをプラスし完成しました」と話す林さん。
お蕎麦は、十割蕎麦と二八蕎麦を選択できます。蕎麦粉は北海道知床産のものを使用しています。

店名の由来にもなった唐辛子


十一味唐辛子

お蕎麦に合うように開発されたオリジナルの唐辛子「十一味唐辛子」が用意されています。お蕎麦のおいしさを引き立てる程よい辛さ。そして、ザクッとした食感も楽しむことができます。

「十一味唐辛子」の11に由来して「肉そばイレブン」という店名になったそうですよ。

「そばがきの揚げ出し(250円 税込)」

店長おすすめの「そばがきの揚げ出し(250円 税込)」。
蕎麦粉のお団子、そばがきを揚げたオリジナルの一品です。揚げているので外側は香ばしく、中はとろっとしていますよ。

新メニューが続々登場!


画像提供:肉そばイレブン

「お蕎麦屋さんなのにかき氷!?」と思いきや…
実はこちらもお蕎麦なのです!

見た目はかき氷そのもの。しかし、下にはお蕎麦が隠れています。
「暑い夏に健康的に体を冷やしてもらいたいという思いで作りました」と林さん。
お蕎麦×とろろ×かき氷という組み合わせです。

まだ試作段階ですが、近日登場予定なのでお楽しみに!
※写真は試作品
「次々と新しいお蕎麦のアイディアが浮かぶんですよね」と話す林さん。

他では見たこともないような、わっと驚くお蕎麦に出会うことができる『肉そばイレブン』。進化が止まりません!
肉そばイレブン
住所:札幌市東区北37条東18丁目2−36 1F
営業時間:午前11時〜午後3時/ 午後5時〜午後10時
定休日:火曜日
電話番号:070-1254-6843
公式ホームページ:https://nikusoba11.com
Instagram:@nikusoba_11

千葉柚果

学生ライター

札幌在住の大学生。よく笑い、よく食べ、よく喋ります!カフェ巡り、カメラで写真を 撮る時間が大好き。流行りのもの面白いものを見つけると飛んでいきます。新しい場所、流行りそうなものを、いち早く体験取材をし、テレビSASARUでもナビゲートしています。

SHARE