2022.5.26

グルメ

【札幌中心部】平日ランチにおすすめのお店2軒…カスタマイズ定食&カレーランチ

poroco編集部

仕事の日も、美味しいランチでパワーチャージ!
札幌中心部で、poroco編集部が食べ歩いて美味しかった平日ランチの2件をご紹介します!

大衆食堂Bee/手づくりの料理でほっと和む、大人のためのサードプレイス

地下鉄西11丁目駅直結の好立地! 「大衆酒場くろべゑ」の姉妹店で、人気のもつ煮込みやザンギをはじめ、手づくりにこだわった料理を一人でも食べやすい量で提供してくれます。

写真は、黒酢でコクと酸味をプラスしたザンギなど、6種類のメイン料理の中から1種類、14~15種類の副菜の中から3種類チョイスできる「カスタマイズ Bee定食」990円。お米は減農薬のハーブ米・美唄産『ななつぼし』で、噛むとやさしい甘みを感じられる美味しさです。
店内は、おひとり様も気兼ねなくゆっくりできるカウンター席や、グループでも使えるテーブル席があり、リラックスして過ごせる温かみのある空間。

ランチ限定のメニューや、一日中オーダーできる「カスタマイズ Bee定食」を楽しむほか、昼飲みや0次会など、様々なシーンでふらりと訪れたいお店です!

 
お会計は精算機で。午後3時~はスマートフォンで注文する非接触スタイルなのも気軽でいいですね!
精算機の前には、喫煙ルームもあります。
大衆食堂Bee
住所:札幌市中央区大通西10丁目4 南大通ビルB2
営業時間:ランチ午前11時30分~午後3時(平日のみ)/ディナー午後3時~午後11時 L.O.午後10時30分
休み:日曜、祝日
駐車場 なし
​電話番号:011-596-6225
Instagram:@bee.syokudou 

カレーちゃんkitchen/旬の副菜が彩るカラフルなひと皿!人気の間借りカレー店のランチ

「月曜日のカレーちゃん」として、月に一度オリジナルのスパイスカレーを提供して
いたトミタさんが、’22年4月より平日お昼のお店もスタート。

「誰でも、毎日でも食べられる味わい」をテーマに、道産食材とスパイスが織りなす、様々な風味と食感が楽しいひと皿を提供してくれます。アイディアが詰まったマンスリーカレーも注目です!

写真は、「ほろほろチキンカレー」「とろとろ牛すじカレー」、マンスリーカレーの「3種あいがけカレーセット」1,400円。5月のマンスリーカレーは「エゾ鹿ペッパーレモンキーマカレー」で、エゾシカのワイルドな味わいとレモンのさわやかさがマッチしています。
 
ライブハウス&バー「VyPass.」内で営業していて、カウンター席とテーブル席があります。子ども好きのトミタさんは、今後、子連れ優先のイベントも構想中だそう!

作曲家としても活動していて、「こうしたらおもしろいかな?」という発想が、音楽と
カレーづくりで共通する楽しさだとか。
ハンドドリップコーヒーは500円、カレーとセットにすると200円に。
そのときによって変わる自家製デザートも人気です!

デザートやドリンクのみの利用もOK。
カレーちゃんkitchen
住所:札幌市中央区北4条西6丁目1-1 エターナルパンセビルB1 VyPass.内
営業時間:午前11時30分~午後4時 LO.午後3時30分
休み:土~月曜、祝日
駐車場:なし
電話番号:050-7118-0317
Instagram:@currychan_dayo 

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

大衆食堂Bee/手づくりの料理でほっと和む、大人のためのサードプレイス

地下鉄西11丁目駅直結の好立地! 「大衆酒場くろべゑ」の姉妹店で、人気のもつ煮込みやザンギをはじめ、手づくりにこだわった料理を一人でも食べやすい量で提供してくれます。

写真は、黒酢でコクと酸味をプラスしたザンギなど、6種類のメイン料理の中から1種類、14~15種類の副菜の中から3種類チョイスできる「カスタマイズ Bee定食」990円。お米は減農薬のハーブ米・美唄産『ななつぼし』で、噛むとやさしい甘みを感じられる美味しさです。
店内は、おひとり様も気兼ねなくゆっくりできるカウンター席や、グループでも使えるテーブル席があり、リラックスして過ごせる温かみのある空間。

ランチ限定のメニューや、一日中オーダーできる「カスタマイズ Bee定食」を楽しむほか、昼飲みや0次会など、様々なシーンでふらりと訪れたいお店です!

 
お会計は精算機で。午後3時~はスマートフォンで注文する非接触スタイルなのも気軽でいいですね!
精算機の前には、喫煙ルームもあります。
大衆食堂Bee
住所:札幌市中央区大通西10丁目4 南大通ビルB2
営業時間:ランチ午前11時30分~午後3時(平日のみ)/ディナー午後3時~午後11時 L.O.午後10時30分
休み:日曜、祝日
駐車場 なし
​電話番号:011-596-6225
Instagram:@bee.syokudou 

カレーちゃんkitchen/旬の副菜が彩るカラフルなひと皿!人気の間借りカレー店のランチ

「月曜日のカレーちゃん」として、月に一度オリジナルのスパイスカレーを提供して
いたトミタさんが、’22年4月より平日お昼のお店もスタート。

「誰でも、毎日でも食べられる味わい」をテーマに、道産食材とスパイスが織りなす、様々な風味と食感が楽しいひと皿を提供してくれます。アイディアが詰まったマンスリーカレーも注目です!

写真は、「ほろほろチキンカレー」「とろとろ牛すじカレー」、マンスリーカレーの「3種あいがけカレーセット」1,400円。5月のマンスリーカレーは「エゾ鹿ペッパーレモンキーマカレー」で、エゾシカのワイルドな味わいとレモンのさわやかさがマッチしています。
 
ライブハウス&バー「VyPass.」内で営業していて、カウンター席とテーブル席があります。子ども好きのトミタさんは、今後、子連れ優先のイベントも構想中だそう!

作曲家としても活動していて、「こうしたらおもしろいかな?」という発想が、音楽と
カレーづくりで共通する楽しさだとか。
ハンドドリップコーヒーは500円、カレーとセットにすると200円に。
そのときによって変わる自家製デザートも人気です!

デザートやドリンクのみの利用もOK。
カレーちゃんkitchen
住所:札幌市中央区北4条西6丁目1-1 エターナルパンセビルB1 VyPass.内
営業時間:午前11時30分~午後4時 LO.午後3時30分
休み:土~月曜、祝日
駐車場:なし
電話番号:050-7118-0317
Instagram:@currychan_dayo 

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

poroco編集部

札幌の街をアクティブに楽しむための情報誌「poroco(ポロコ)」。グルメ、ファッション、エンタテインメントなど、多彩な情報を詳しい記事と美しいビジュアルで毎月紹介。旬で魅力的なテーマを編集部が徹底取材。毎号を保存版にしたくなるようなクオリティの高さで、札幌女子に支持されている。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード