2022.5.15

グルメ

"ボリューム100点"マーボー丼…4種類の豆板醤でウマ辛!地下に佇む隠れ家中華のランチ【札幌】

宮森健太朗

グルメライター

中華 札幌 ランチ 麻婆豆腐 がっつり ボリューム コスパ シーファン

紅白のちょうちんの光が照らす怪しげな空間。真っ赤な壁には、中国語で書かれたポスターや伝統的なひも飾りがビッシリと貼られている。
ビルの地下1階にひっそり佇む「大衆中国酒場 シーファン」。札幌の狸小路近くに店を構える中華料理屋だ。

マニアックな四川系料理を提供するこちらのお店。ランチでは、地元サラリーマンに人気の満腹メニューが食べられるという。

ランチメニュー人気No.1「マーボー丼」

ランチメニューで人気No.1の「マーボー丼 (900円 税込)」。八角やシナモンなど約10種類のスパイスを使った自家製辣油・ニンニクやしょうがの香りが漂う。

麻婆豆腐を作る際に使う豆板醤は、4種類をブレンド。ノーマルの豆板醤・香りの強い香辣醤 (シャンラージャン)・熟成されたピーシェン豆板醤・ニンニクの効いた辛味調味料の朝天辣醤(チョウテンラージャン)だ。額にじんわり汗がにじむ辛味とともに、豆板醤や豚ひき肉のうま味も感じる。

ランチメニューで人気No.1「マーボー丼 (900円 税込)」

こちらのお店では、麻婆豆腐には珍しい食材を使う。「食感にアクセントを出すため、手切りの豚バラ肉を入れる」とこだわる店主の片野寛千さん。ゴロッとした豚肉は、食べ応え満点。仕上げに山椒油やごま油をかけて、香りも複雑にプラスする。

ドリンクとサラダ付き。「感覚ですね」と盛られたご飯の量は、茶碗2杯分ほどあるのではないだろうか。お昼からガッツリと食べたい時にピッタリのメニューだ。

手作り皮がモッチモチ!「ラム肉とセロリの水餃子」

ディナータイムには個性的なメニューがそろう。片野さんが取材中に教えてくれた人気メニューが「ラム肉とセロリの水餃子 (750円 税込)」。見た目も味もユニークだ。水餃子にかかっているのは、白ごまと特製のタレ。中国のたまりじょう油・砂糖・自家製辣油などを合わせた甘辛い味わいだ。

皮は片野さんの手作り。薄力粉と強力粉のバランス・生地を練る時間・水の量を調整し、水餃子に合うモチモチの食感に仕上げる。口の中にラムの肉汁がジュワっと溢れ、セロリや香辛料の香りもクセになるクセのある一品だ。

ラム肉とセロリの水餃子 (750円 税込)

 「本場の味が好きなんです。万人受けは狙っていません」と話す片野さん。札幌の有名ホテルの数々などで料理人として17年間務めた経歴を持つ。
「ラム舌のガーリックソース (780円 税込)」・「ハチノスともやしの炒め (700円)」・「白い麻婆豆腐 (900円 税込)」など、夜の一杯が楽しくなるお供も勢ぞろいだ。

大衆中国酒場 シーファン
住所:札幌市中央区南1条西7丁目1−番地 ビルヂングフクダ B1
営業時間:
【ランチ】午前11時30分~午後3時
【ディナー】午後5時~午後11時
定休日:不定休
Instagram:@xihuan.915

(上記の情報は記事作成時点でのものです。価格や最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

ランチメニュー人気No.1「マーボー丼」


ランチメニューで人気No.1「マーボー丼 (900円 税込)」

ランチメニューで人気No.1の「マーボー丼 (900円 税込)」。八角やシナモンなど約10種類のスパイスを使った自家製辣油・ニンニクやしょうがの香りが漂う。

麻婆豆腐を作る際に使う豆板醤は、4種類をブレンド。ノーマルの豆板醤・香りの強い香辣醤 (シャンラージャン)・熟成されたピーシェン豆板醤・ニンニクの効いた辛味調味料の朝天辣醤(チョウテンラージャン)だ。額にじんわり汗がにじむ辛味とともに、豆板醤や豚ひき肉のうま味も感じる。
こちらのお店では、麻婆豆腐には珍しい食材を使う。「食感にアクセントを出すため、手切りの豚バラ肉を入れる」とこだわる店主の片野寛千さん。ゴロッとした豚肉は、食べ応え満点。仕上げに山椒油やごま油をかけて、香りも複雑にプラスする。

ドリンクとサラダ付き。「感覚ですね」と盛られたご飯の量は、茶碗2杯分ほどあるのではないだろうか。お昼からガッツリと食べたい時にピッタリのメニューだ。

手作り皮がモッチモチ!「ラム肉とセロリの水餃子」


ラム肉とセロリの水餃子 (750円 税込)

ディナータイムには個性的なメニューがそろう。片野さんが取材中に教えてくれた人気メニューが「ラム肉とセロリの水餃子 (750円 税込)」。見た目も味もユニークだ。水餃子にかかっているのは、白ごまと特製のタレ。中国のたまりじょう油・砂糖・自家製辣油などを合わせた甘辛い味わいだ。

皮は片野さんの手作り。薄力粉と強力粉のバランス・生地を練る時間・水の量を調整し、水餃子に合うモチモチの食感に仕上げる。口の中にラムの肉汁がジュワっと溢れ、セロリや香辛料の香りもクセになるクセのある一品だ。
 「本場の味が好きなんです。万人受けは狙っていません」と話す片野さん。札幌の有名ホテルの数々などで料理人として17年間務めた経歴を持つ。
「ラム舌のガーリックソース (780円 税込)」・「ハチノスともやしの炒め (700円)」・「白い麻婆豆腐 (900円 税込)」など、夜の一杯が楽しくなるお供も勢ぞろいだ。

大衆中国酒場 シーファン
住所:札幌市中央区南1条西7丁目1−番地 ビルヂングフクダ B1
営業時間:
【ランチ】午前11時30分~午後3時
【ディナー】午後5時~午後11時
定休日:不定休
Instagram:@xihuan.915

(上記の情報は記事作成時点でのものです。価格や最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

宮森健太朗

グルメライター

ライター。食べることが大好きで、北海道の「なまらうまいグルメ」をメインに発信します!アメリカ・ポートランドへ留学中に北海道の魅力に気付き、帰国後インスタグラムとブログにて北海道グルメの発信を開始。ラーメンと中華を中心に縦横無尽に食べ歩いています。SASARUを通して「こんな場所あったんだ!」「これこれ!」というような、北海道の情報をお伝えします!

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード