2022.5.6

グルメ

札幌 平岸の人気イタリアンが"狸小路で復活"第二章へ 想いをつなぐ「焼き鳥とイタリアン」

福崎里美

poroco統括編集長

札幌市中央区、狸小路一丁目のビルを上がると、木のぬくもりを感じる明るい雰囲気の空間が広がります。
以前平岸にあった「オステリア アルコバレーノ」が、焼き鳥とイタリアンのお店として‘22年3月に復活しました。

こちらの場所は、惜しまれつつ閉店した「ワインダイニング左岸」があったところ。オーナーご夫婦と親交のあった西尾シェフが、以前の店舗をそのまま残した形でオープン。店名はイタリア語で「虹」。「人と人をつなぐ懸け橋になりたい」という想いがそのまま詰まったお店です。
木のぬくもりを感じるアットホームで明るい店内。気取らずに行ける雰囲気で、カウンター席もあるのでおひとり様にもちょうどいいです。
西尾シェフは、札幌のホテルや飲食店でイタリアンを学び、平岸のお店をオープン。その後、函館のリストランテでシェフとして3年務めたのち、こちらのお店を開きました。
今月のひと皿「名物ジェノヴァスパゲティ」は、自家製のジェノヴェペーストが絡みやすい太めのパスタを使用。親交のある道内農家より仕入れた野菜がたっぷり入り、野菜の旨味が溶け込んだ優しい味わいで、「名物」にふさわしい逸品です。
 
もう一つの看板メニュー「桜姫鶏もも」(1本300円)は、ハーブやニンニクと合わせてじっくり炭火で焼いたジューシーな美味しさ。焼きメニューでは、手羽やエゾシカのつくねも人気。焼き鳥とワインの組み合わせをぜひ楽しんでみてください。
ソムリエの佐藤友哉さんがセレクトしてくれるイタリアワインは、お手頃価格のものが多いのも嬉しい。なんとフェッラーリのボトルが5,000円!
「食事はもちろん、ワインとイタリアンのつまみで二次会利用もしてほしい」という西尾 勝拡シェフ。平岸時代のファンも多く訪れるそうです。
焼き鳥とイタリアン Osteria Arcobaleno(オステリア アルコバレーノ)
住所:札幌市中央区南2西1-6 第三広和ビルイースト2F
営業時間:午後5時~午後11時30分(L.O.午後11時)
定休日:日曜
電話:011-233-0076 
駐車場:なし

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
札幌市中央区、狸小路一丁目のビルを上がると、木のぬくもりを感じる明るい雰囲気の空間が広がります。
以前平岸にあった「オステリア アルコバレーノ」が、焼き鳥とイタリアンのお店として‘22年3月に復活しました。

こちらの場所は、惜しまれつつ閉店した「ワインダイニング左岸」があったところ。オーナーご夫婦と親交のあった西尾シェフが、以前の店舗をそのまま残した形でオープン。店名はイタリア語で「虹」。「人と人をつなぐ懸け橋になりたい」という想いがそのまま詰まったお店です。
木のぬくもりを感じるアットホームで明るい店内。気取らずに行ける雰囲気で、カウンター席もあるのでおひとり様にもちょうどいいです。
西尾シェフは、札幌のホテルや飲食店でイタリアンを学び、平岸のお店をオープン。その後、函館のリストランテでシェフとして3年務めたのち、こちらのお店を開きました。
今月のひと皿「名物ジェノヴァスパゲティ」は、自家製のジェノヴェペーストが絡みやすい太めのパスタを使用。親交のある道内農家より仕入れた野菜がたっぷり入り、野菜の旨味が溶け込んだ優しい味わいで、「名物」にふさわしい逸品です。
 
もう一つの看板メニュー「桜姫鶏もも」(1本300円)は、ハーブやニンニクと合わせてじっくり炭火で焼いたジューシーな美味しさ。焼きメニューでは、手羽やエゾシカのつくねも人気。焼き鳥とワインの組み合わせをぜひ楽しんでみてください。
ソムリエの佐藤友哉さんがセレクトしてくれるイタリアワインは、お手頃価格のものが多いのも嬉しい。なんとフェッラーリのボトルが5,000円!
「食事はもちろん、ワインとイタリアンのつまみで二次会利用もしてほしい」という西尾 勝拡シェフ。平岸時代のファンも多く訪れるそうです。
焼き鳥とイタリアン Osteria Arcobaleno(オステリア アルコバレーノ)
住所:札幌市中央区南2西1-6 第三広和ビルイースト2F
営業時間:午後5時~午後11時30分(L.O.午後11時)
定休日:日曜
電話:011-233-0076 
駐車場:なし

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

福崎里美

poroco統括編集長

幼少期の数年間を熊本で過ごし、旭川、小樽、そして札幌へ。2014年より現職。「さっぽろコミュニケーションマガジンporoco(ポロコ)」のほかに、「札幌の美食店」「札幌café本」「ランチパスポート札幌」なども発行。美味しい情報を発信して札幌を元気にしたい!と日々奮闘中。札幌はもちろん全国各地の飲み歩きと美術鑑賞が趣味。 「poroco」×「みんテレ」企画が進行中。「poroco」最新号で特集したお店の魅力を、poroco福崎編集長自ら「みんテレ」でズバリ解説します。SASARUでも毎月UPしていきます!

SHARE