2022.5.1

グルメ

新千歳空港だけの味わい!飛行機の目の前で食べる雪印パーラーの"限定ソフトクリーム"

伊藤はるな

ライター

北海道の玄関・新千歳空港での楽しみといえば、豊富なスイーツや間近に見える飛行機! その両方が堪能できるおすすめのスポット、「雪印パーラー フードコート店」に注目しました。
ここでは人気のアイス「スノーロイヤル」を凌ぐほどオーダーが入るという、新千歳空港限定のソフトクリームがあるんです。

飛行機が目の前に!広々フードコート

雪印パーラー フードコート店は、国内線ターミナルビルの3階にあります。
3階には「北海道ラーメン道場」や「市電通り食堂街」などさまざまなエリアが集結していますが、フードコートはその中でもリーズナブルで気軽に利用できるのがうれしいところ。

広々とした明るい雰囲気で、カウンターやテーブル席のほか、家族連れにうれしい子ども用の小さいテーブルや椅子も並んでいます。
そしてフードコートの目の前には…大きな大きな窓! 通路の端まで続く窓越しに、飛行機が離着陸する様子も眺めることができるんです。
子どもはもちろん、大人もテンションが上がる光景ですよ〜!

新千歳空港限定「空港ソフト」

ご紹介する雪印パーラーの「空港ソフト 390円(税込)」は、この店舗だけでしか食べられないソフトクリーム。今回は午前中の取材でしたが、何名ものお客さんがこのソフトクリームを求めて足を運んでいました。

普通のソフトクリームとの違いを尋ねると…「北海道産の厳選した生乳と生クリームを100パーセント使用し、空港内の製造工場で作っているので新鮮さとコクが違います」と、統括店長の小野木 章人さん。

一口いただくと、あっさりしているけどコクがあって“ミルク感”が強め! 食後でもペロッと食べれちゃう、食べ飽きないすっきりとした味わいです。
実は空港ソフトのほかにも、同じく新千歳空港限定で「空港アイス」も販売しているそうですよ。
小野木さんによると、この「空港ソフト」を使用したサンデーも好評だといいます。
期間限定のものを入れると約5種類ほど販売されていますが、なかでも人気の種類は、やっぱり定番の「いちごサンデー 750円(税込)」。フレッシュないちごに生キャラメルがのっていて、なんだか贅沢な気分!

コーンフレーク、いちごアイス、いちごソース…それぞれがソフトクリームとバッチリ合うんです。ボリュームがあるものの、いろんな味の組み合わせが楽しめて、飽きることなく最後までおいしくいただきました。

雪印パーラーの人気アイス「スノーロイヤル」も

そして雪印パーラーといえば、「スノーロイヤル」も有名ですよね! 昭和天皇・皇后両陛下のために作られた特別なアイスクリームで、札幌の観光情報では必ずといっていいほどよく見かけます。
こちらは空港限定品ではありませんが、わざわざスノーロイヤルを食べにくる人も多いとか。「そんな人も店頭で、“空港ソフトとどちらにしようか悩む”というのがよくあるパターンなんですよ」と小野木さん。

限定か定番人気か…確かに決められない! 迷った時は、一度に両方を食べられるサンデーもおすすめですよ。
雪印パーラー フードコート店
住所 : 千歳市美々 新千歳空港国内線ターミナルビル3F
電話 : 0123-46-2008
営業時間 : 午前10時〜午後8時30分(L.O.午後8時)
定休日 : なし
駐車場 : あり(新千歳空港駐車場)
Webサイト:https://www.snowbrand-p.co.jp/
Instagram : @yukipa_sapporo

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

飛行機が目の前に!広々フードコート

雪印パーラー フードコート店は、国内線ターミナルビルの3階にあります。
3階には「北海道ラーメン道場」や「市電通り食堂街」などさまざまなエリアが集結していますが、フードコートはその中でもリーズナブルで気軽に利用できるのがうれしいところ。

広々とした明るい雰囲気で、カウンターやテーブル席のほか、家族連れにうれしい子ども用の小さいテーブルや椅子も並んでいます。
そしてフードコートの目の前には…大きな大きな窓! 通路の端まで続く窓越しに、飛行機が離着陸する様子も眺めることができるんです。
子どもはもちろん、大人もテンションが上がる光景ですよ〜!

新千歳空港限定「空港ソフト」

ご紹介する雪印パーラーの「空港ソフト 390円(税込)」は、この店舗だけでしか食べられないソフトクリーム。今回は午前中の取材でしたが、何名ものお客さんがこのソフトクリームを求めて足を運んでいました。

普通のソフトクリームとの違いを尋ねると…「北海道産の厳選した生乳と生クリームを100パーセント使用し、空港内の製造工場で作っているので新鮮さとコクが違います」と、統括店長の小野木 章人さん。

一口いただくと、あっさりしているけどコクがあって“ミルク感”が強め! 食後でもペロッと食べれちゃう、食べ飽きないすっきりとした味わいです。
実は空港ソフトのほかにも、同じく新千歳空港限定で「空港アイス」も販売しているそうですよ。
小野木さんによると、この「空港ソフト」を使用したサンデーも好評だといいます。
期間限定のものを入れると約5種類ほど販売されていますが、なかでも人気の種類は、やっぱり定番の「いちごサンデー 750円(税込)」。フレッシュないちごに生キャラメルがのっていて、なんだか贅沢な気分!

コーンフレーク、いちごアイス、いちごソース…それぞれがソフトクリームとバッチリ合うんです。ボリュームがあるものの、いろんな味の組み合わせが楽しめて、飽きることなく最後までおいしくいただきました。

雪印パーラーの人気アイス「スノーロイヤル」も

そして雪印パーラーといえば、「スノーロイヤル」も有名ですよね! 昭和天皇・皇后両陛下のために作られた特別なアイスクリームで、札幌の観光情報では必ずといっていいほどよく見かけます。
こちらは空港限定品ではありませんが、わざわざスノーロイヤルを食べにくる人も多いとか。「そんな人も店頭で、“空港ソフトとどちらにしようか悩む”というのがよくあるパターンなんですよ」と小野木さん。

限定か定番人気か…確かに決められない! 迷った時は、一度に両方を食べられるサンデーもおすすめですよ。
雪印パーラー フードコート店
住所 : 千歳市美々 新千歳空港国内線ターミナルビル3F
電話 : 0123-46-2008
営業時間 : 午前10時〜午後8時30分(L.O.午後8時)
定休日 : なし
駐車場 : あり(新千歳空港駐車場)
Webサイト:https://www.snowbrand-p.co.jp/
Instagram : @yukipa_sapporo

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

伊藤はるな

ライター

札幌生まれの札幌育ち。北海道の魅力的なスポットや経済など、Web媒体をメインにライター・エディターとして活動。また、子育て世代に北海道の魅力を伝えたいという想いから2018年より「tencoro blog」の運営を開始、公園や遊び場・役立つ育児情報などを紹介中。アウトドアで家族とゆったり過ごす時間を大切にしています。

SHARE