2021.5.20

グルメ

"海の宝石箱"イメージの海鮮丼…「10種類」具材山盛りランチ「海さくら蝦夷海」

森涼美

ライター

新鮮な魚介がたっぷり乗った、おいしい海鮮丼が食べたい!

そんな方必見のお店が、地下鉄大通駅からスグの海鮮居酒屋「海さくら蝦夷海」。こちらのお店では、ランチからリーズナブルにどーんと山盛りの海鮮丼を食べられちゃいます!
 

豪華な海鮮丼が約60種類も!

札幌駅前通地下歩行空間11番出口からすぐ近く。アクセス良好な「海さくら蝦夷海」は、ランチから約60種類もの豪華海鮮丼が食べられる海鮮居酒屋です。

店内は大衆居酒屋の雰囲気を残しながらも、広々としたテーブル席。漁港が近い北海道だからこそ、美味しい海鮮を新鮮なままで仕入れられるのだそうです。

そんな「海さくら蝦夷海」で必食の海鮮丼は、SNSでもその映え加減が話題。話題なのは見た目だけでなく、なんとお値段まで話題なのだとか。

このクオリティでこのお値段!?

今回頂いたのは、今年3月から始まったという新メニューの「宝石盛り 梅 (1,299円 税込)」。どどーんと山のように盛られた海鮮は、正にインパクト大。

見た瞬間は、「このクオリティで、このお値段…!?」と驚きを隠せませんでした。ご飯にありつけない程のたっぷりの海鮮は、どこから食べようか迷ってしまいますね。
入荷状況によって内容が変わるものの、のっている魚介は全部で10種類。この日は、生サーモン、生ぶり、ねぎとろ、ズワイ蟹、なめろう、数の子、とびっこ、生たこあたま、活〆サメカレイ、活〆シマソイをなんと一度に楽しめました。

北海道の海の幸を豪快に楽しんで…

てんこ盛りの海鮮は鮮度もバッチリで、口に入れた瞬間に旨さがひろがります。このお店オリジナルの黄身入りぶっかけ汁をかけて、味の変化を楽しむことができるのも魅力です。

女将の三浦さんは「高いお金を出せば美味しいものを食べられるのは当たり前。お手頃に誰でも楽しめる海鮮丼をという想いでやっている」と話します。

宝石盛りは、北海道の海の幸を豪快に堪能できる一杯。魚介たっぷりの豪華丼ぶりに、大満足です。
海さくら蝦夷海
住所:札幌市中央区北1条西3丁目2-5 北尾ビル 2F
電話番号:011-212-1784
営業時間:
ランチ:午前11時30分~午後2時 (L.O. 午後1時30分)
ディナー:午後2時〜午後8時 (L.O. 午後7時30分)
※まん延防止等重点措置に対応中
(通常ディナータイム:午後5時〜翌午前0時)
定休日:なし
Instagram:@ezoumi_1_3
ウェブサイト:https://ezoumi.business.site/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

豪華な海鮮丼が約60種類も!

札幌駅前通地下歩行空間11番出口からすぐ近く。アクセス良好な「海さくら蝦夷海」は、ランチから約60種類もの豪華海鮮丼が食べられる海鮮居酒屋です。

店内は大衆居酒屋の雰囲気を残しながらも、広々としたテーブル席。漁港が近い北海道だからこそ、美味しい海鮮を新鮮なままで仕入れられるのだそうです。

そんな「海さくら蝦夷海」で必食の海鮮丼は、SNSでもその映え加減が話題。話題なのは見た目だけでなく、なんとお値段まで話題なのだとか。

このクオリティでこのお値段!?

今回頂いたのは、今年3月から始まったという新メニューの「宝石盛り 梅 (1,299円 税込)」。どどーんと山のように盛られた海鮮は、正にインパクト大。

見た瞬間は、「このクオリティで、このお値段…!?」と驚きを隠せませんでした。ご飯にありつけない程のたっぷりの海鮮は、どこから食べようか迷ってしまいますね。
入荷状況によって内容が変わるものの、のっている魚介は全部で10種類。この日は、生サーモン、生ぶり、ねぎとろ、ズワイ蟹、なめろう、数の子、とびっこ、生たこあたま、活〆サメカレイ、活〆シマソイをなんと一度に楽しめました。

北海道の海の幸を豪快に楽しんで…

てんこ盛りの海鮮は鮮度もバッチリで、口に入れた瞬間に旨さがひろがります。このお店オリジナルの黄身入りぶっかけ汁をかけて、味の変化を楽しむことができるのも魅力です。

女将の三浦さんは「高いお金を出せば美味しいものを食べられるのは当たり前。お手頃に誰でも楽しめる海鮮丼をという想いでやっている」と話します。

宝石盛りは、北海道の海の幸を豪快に堪能できる一杯。魚介たっぷりの豪華丼ぶりに、大満足です。
海さくら蝦夷海
住所:札幌市中央区北1条西3丁目2-5 北尾ビル 2F
電話番号:011-212-1784
営業時間:
ランチ:午前11時30分~午後2時 (L.O. 午後1時30分)
ディナー:午後2時〜午後8時 (L.O. 午後7時30分)
※まん延防止等重点措置に対応中
(通常ディナータイム:午後5時〜翌午前0時)
定休日:なし
Instagram:@ezoumi_1_3
ウェブサイト:https://ezoumi.business.site/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

森涼美

ライター

北海道の「美味しいモノ、楽しい場所、面白い人」がメインテーマ。文章を通して、そんな3つのテーマを届けられたらと思っています。普段は雑誌・映画・音楽が好きなインドア派ですが、食のことになるとアウトドア派。素直な直観や興味を大切に、グルメやライフスタイル情報を発信していきます。SASARUを通して、読者の方がまだ見ぬ魅力的なモノや場所に出会えることを願っています。