2021.3.29

グルメ

札幌“日曜限定のラーメン店”「味変がいいっ」濃厚鶏白湯ラーメン

野口愛未

ライター

札幌 ラーメン 新店 鶏白湯 Ramen Sun

ラーメン業界でも注目度の高い鶏白湯ラーメン。
女性でも好きな人は多いはず。
今回は、日曜日のみ営業しているラーメン店【Ramen Sun】を取材してきました。
実は、このお店、日曜日以外は、『ワイン食堂yama』としてワインに合う料理を提供しています。
料理人が生み出した、渾身の一杯。味わってきました〜

これぞまさに、旨味の極み

こちらが、『鶏白湯醤油拉麺(税込850円)』です。
運ばれた瞬間に、鰹節やフワッと香るレモンの良い香りがし、食欲をそそります。
一口いただくと、魚介の出汁と濃厚な醤油ダレの香りが口いっぱいに広がり、幸せ〜
低加水麺のストレート麺を使用しているため、スルッと食べやすく、濃厚なスープにに絡み超おいしい!
レモンや玉ねぎ、ネギの爽やかさが組み合わさり、濃厚だけどあっさりとした味わいの魔法のようなラーメンです。
 
使用する調味料は、無添加にこだわっています。
「無添加の調味料を使うと食べたときの、不快感のあるベタつきがなくとても食べやすいですよ」と店主の山田さん。
体への負担も少ないので、安心して食べることができます。
 
 
濃厚スープと調味料、そしてトッピングの相性が抜群。
スープは手羽先のウイングチップ、玉ねぎ、生姜、にんにく、水、塩をベースに。
そこに、煮干しと昆布とカツオ節でとった魚介系の出汁を入れ、たまり醤油と白醤油、ニンニクの香りをつけた醤油ダレを合わせて、濃厚スープの完成。
 
「一口食べておいしいを10回繰り返して飽きてしまうのではなく、一杯の中で色々な味を楽しんでいただけるように、具材の位置を考えて置くようにしています」と店主の山田さん。
最初は、シンプルにスープと麺の味を味わっていただき、濃厚なスープで重たくなってくる頃に、レモンと玉ねぎの爽やかな香りと食感を楽しみ、更に、黒ニンニクの七味と生姜と太白ごま油のオイルで味変できちゃうんです!
 
「単調な味ではなく、複雑な味にしたいと思い、試行錯誤を重ね、ようやくこの味にたどり着くことができました。色々な風味が合わさって生まれる味を皆さんに感じてもらいたいですね」と店主の山田さん。
この“複雑な味”を再現しようと思ったきっかけは、『コース料理』。
普段の『ワイン食堂yama』では、店主のお任せメニューとして、ワインに合うコース料理をご提供しています。
「コース料理では、様々な料理や味を楽しんでいただけるので、その食べ方をラーメンにも再現したら面白いかつ、おいしくなるのではないかと、思いつきました」と店主の山田さん。
 
まさに、“七変化”のラーメンです。
 

素材へのこだわりも…

こだわりの『焼豚』。
焼豚は、知床豚の肩ロースを使用しています。
「低温調理することで、レア焼豚のようにしっとりと柔らかく食べることができるんですよ」と店主の山田さん。

お肉の調理は山田さんの得意分野。
フレンチで働いていた経験を活かし、作られた焼豚。山田さん自慢の焼豚です。
この焼豚は女性のお客様に大人気のようです。
 
その、大人気の「焼豚」をたっぷり使用した『味玉チャーシュー丼』(税込450円)がとっても人気。
見ただけでも、お肉の柔らかさが伝わってきますよね〜。
「女性が一人で来店され、ラーメンと味玉チャーシュー丼をペロッとたいらげることもありますよ」と店主の山田さん。
アツアツのご飯の上に、柔らかい焼豚と味玉のコンビネーション。
まさに、幸せの極みです。

新味も登場!


画像提供:Ramen Sun

鶏白湯塩拉麺(税込850円)
純粋な鶏の旨味をイタリアのシチリアの塩と日高昆布で最大限に引き出した、スッキリ系の鶏白湯です。
北海道のバターを溶かしながら、ゆっくりと食べ進めていくのがポイント!
 
2種類の味、両方食べてみたくなりますね!
 

「一つの料理として食べて欲しい」

「イタリアンのシェフが作るラーメンではなく、料理人が作り上げた一つの料理としてラーメンという形で再現した、というところを見て欲しい」と店主の山田さんは熱く語ってくれました。
「ラーメンだから…」という固定概念を捨て、一つの料理という作品に込めた想いがひしひしと伝わってきました。
 

広々とした店内で、ゆったりと…

広々とした店内。
店内にも店主のこだわりが…
「家族連れなど、子供と一緒に来ても安心してラーメンを食べていただくことができますよ」と店主の山田さん。
カウンター席、テーブル席の両方があります。
お一人でも、家族連れ、友人同士でも、ゆっくりと自分のペースで楽しめるのは安心ですよね。
「女性2人でラーメンを食べにくるのはあんまりないので、女性が楽しめるラーメン屋にしたいですね」と店主の山田さん。
ラーメンに使う容器や、内装など、隅々まで素敵な空間。
こんなおしゃれな空間でおいしいラーメンを食べられるなんて最高ですよね〜
 

ラーメン好き女子ノグチアミのつぶやき

「物語を読んでいるかのような、深い味わいのラーメン」でした。
ラーメンという一つの料理から、色々な味を楽しむことができ、気づけばペロリとたいらげてしまっているような…そんな深い味わいの一杯。
「おしゃれ・おいしい・写真映え」
その3拍子が全て揃った、最高なラーメン。
この想いをみなさんと共有したいですね〜
是非味わってみてはいかがでしょうか。
 
Ramen Sun /ワイン食堂yama
住所:北海道札幌市厚別区厚別中央2条3丁目5-3 厚別高砂ビル1階
営業時間:
[Ramen Sun]日曜日のみ営業 
午前11時〜午後2時(L.O.午後13:00)
(営業をお休みする場合は、Instagramでお知らせ)
電話番号:011-802-9391
WEBサイト:https://wineyama.jimdosite.com
Instagram:@wineyama
Facebook:@wineyama
 
 
 
 
 

これぞまさに、旨味の極み

こちらが、『鶏白湯醤油拉麺(税込850円)』です。
運ばれた瞬間に、鰹節やフワッと香るレモンの良い香りがし、食欲をそそります。
一口いただくと、魚介の出汁と濃厚な醤油ダレの香りが口いっぱいに広がり、幸せ〜
低加水麺のストレート麺を使用しているため、スルッと食べやすく、濃厚なスープにに絡み超おいしい!
レモンや玉ねぎ、ネギの爽やかさが組み合わさり、濃厚だけどあっさりとした味わいの魔法のようなラーメンです。
 
使用する調味料は、無添加にこだわっています。
「無添加の調味料を使うと食べたときの、不快感のあるベタつきがなくとても食べやすいですよ」と店主の山田さん。
体への負担も少ないので、安心して食べることができます。
 
 
濃厚スープと調味料、そしてトッピングの相性が抜群。
スープは手羽先のウイングチップ、玉ねぎ、生姜、にんにく、水、塩をベースに。
そこに、煮干しと昆布とカツオ節でとった魚介系の出汁を入れ、たまり醤油と白醤油、ニンニクの香りをつけた醤油ダレを合わせて、濃厚スープの完成。
 
「一口食べておいしいを10回繰り返して飽きてしまうのではなく、一杯の中で色々な味を楽しんでいただけるように、具材の位置を考えて置くようにしています」と店主の山田さん。
最初は、シンプルにスープと麺の味を味わっていただき、濃厚なスープで重たくなってくる頃に、レモンと玉ねぎの爽やかな香りと食感を楽しみ、更に、黒ニンニクの七味と生姜と太白ごま油のオイルで味変できちゃうんです!
 
「単調な味ではなく、複雑な味にしたいと思い、試行錯誤を重ね、ようやくこの味にたどり着くことができました。色々な風味が合わさって生まれる味を皆さんに感じてもらいたいですね」と店主の山田さん。
この“複雑な味”を再現しようと思ったきっかけは、『コース料理』。
普段の『ワイン食堂yama』では、店主のお任せメニューとして、ワインに合うコース料理をご提供しています。
「コース料理では、様々な料理や味を楽しんでいただけるので、その食べ方をラーメンにも再現したら面白いかつ、おいしくなるのではないかと、思いつきました」と店主の山田さん。
 
まさに、“七変化”のラーメンです。
 

素材へのこだわりも…

こだわりの『焼豚』。
焼豚は、知床豚の肩ロースを使用しています。
「低温調理することで、レア焼豚のようにしっとりと柔らかく食べることができるんですよ」と店主の山田さん。

お肉の調理は山田さんの得意分野。
フレンチで働いていた経験を活かし、作られた焼豚。山田さん自慢の焼豚です。
この焼豚は女性のお客様に大人気のようです。
 
その、大人気の「焼豚」をたっぷり使用した『味玉チャーシュー丼』(税込450円)がとっても人気。
見ただけでも、お肉の柔らかさが伝わってきますよね〜。
「女性が一人で来店され、ラーメンと味玉チャーシュー丼をペロッとたいらげることもありますよ」と店主の山田さん。
アツアツのご飯の上に、柔らかい焼豚と味玉のコンビネーション。
まさに、幸せの極みです。

新味も登場!


画像提供:Ramen Sun

鶏白湯塩拉麺(税込850円)
純粋な鶏の旨味をイタリアのシチリアの塩と日高昆布で最大限に引き出した、スッキリ系の鶏白湯です。
北海道のバターを溶かしながら、ゆっくりと食べ進めていくのがポイント!
 
2種類の味、両方食べてみたくなりますね!
 

「一つの料理として食べて欲しい」

「イタリアンのシェフが作るラーメンではなく、料理人が作り上げた一つの料理としてラーメンという形で再現した、というところを見て欲しい」と店主の山田さんは熱く語ってくれました。
「ラーメンだから…」という固定概念を捨て、一つの料理という作品に込めた想いがひしひしと伝わってきました。
 

広々とした店内で、ゆったりと…

広々とした店内。
店内にも店主のこだわりが…
「家族連れなど、子供と一緒に来ても安心してラーメンを食べていただくことができますよ」と店主の山田さん。
カウンター席、テーブル席の両方があります。
お一人でも、家族連れ、友人同士でも、ゆっくりと自分のペースで楽しめるのは安心ですよね。
「女性2人でラーメンを食べにくるのはあんまりないので、女性が楽しめるラーメン屋にしたいですね」と店主の山田さん。
ラーメンに使う容器や、内装など、隅々まで素敵な空間。
こんなおしゃれな空間でおいしいラーメンを食べられるなんて最高ですよね〜
 

ラーメン好き女子ノグチアミのつぶやき

「物語を読んでいるかのような、深い味わいのラーメン」でした。
ラーメンという一つの料理から、色々な味を楽しむことができ、気づけばペロリとたいらげてしまっているような…そんな深い味わいの一杯。
「おしゃれ・おいしい・写真映え」
その3拍子が全て揃った、最高なラーメン。
この想いをみなさんと共有したいですね〜
是非味わってみてはいかがでしょうか。
 
Ramen Sun /ワイン食堂yama
住所:北海道札幌市厚別区厚別中央2条3丁目5-3 厚別高砂ビル1階
営業時間:
[Ramen Sun]日曜日のみ営業 
午前11時〜午後2時(L.O.午後13:00)
(営業をお休みする場合は、Instagramでお知らせ)
電話番号:011-802-9391
WEBサイト:https://wineyama.jimdosite.com
Instagram:@wineyama
Facebook:@wineyama
 
 
 
 
 

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

野口愛未

ライター

北海道千歳市出身。趣味は、Instagramで札幌のおいしいグルメ、おしゃれな空間を探すこと。また、ボクササイズやスキーとアクティブなこともすき。スキー検定は1級を持っています!トレンドのファッションやメイク、美容も研究することもすき。好きなものだらけで好奇心旺盛な20代女子が、心躍る札幌のおしゃれな情報な発信していきます。