2020.4.8

グルメ

つやっつやなイチゴも季節到来の桜も♡美味しくて可愛いもちもち和菓子

三澤恵梨子

カフェライター

道路の雪はすっかりと解け、札幌もようやく春らしくなってきましたね♪この季節、絶対に外せないのは、今が旬の「イチゴ」と、もうすぐ札幌でも開花する「桜」を使ったスイーツ♡
今回は、見た目からも味からも春を感じられる、春色たっぷりの和菓子に注目してみました。

今年は限定の「桜」も登場♪「お母さん」が作る個性派おはぎ【増田おはぎ】

2018年3月オープンと、まだ比較的新しい「増田おはぎ」。しかし、現在は江別蔦屋書店内にも店舗を構え、両店舗ともに連日多くのファンが足を運んでいます。取材に伺ったこの日も、おはぎを買い求めるお客さんがひっきりなしに訪れていました♪
素朴なのにどこか可愛らしい、カラフルでフォトジェニックな見た目が魅力。常時10種類以上あるおはぎは、スタッフから「お母さん」の愛称で親しまれている、オーナーの増田美恵さんがレシピを考案しています。
春のオススメは、黒米をベースに、桜の花と桜の葉を手亡豆のあんに練り込んだ「桜(中央手前 / 194円 税込)」。こちらは通年販売しているもので、季節に関係なく人気の商品です。
また、今年はもう1つ桜を使った商品を販売しており、桜餅のように、桜の葉で黒米と小豆つぶあんを包んだ「桜葉おはぎ(手前 / 194円 税込)」にも注目ですよ!
他にも、アガーで艶出ししたベリー乗った「苺とラズベリー(中央奥 / 280円 税込)」など、季節限定の変わり種や、塩気のきいた青大豆きなこの鮮やかなグリーンがきれいな「うぐいすきなこ(奥 / 162円 税込)」も、景色が色づき始める春の季節にぴったりな商品♡
どれもおいしそうで、つい迷っちゃいますね♪
増田おはぎでは、3月25日から「おはぎケーキ」の販売を始めています。前日までの予約が必須となりますが、増田おはぎ各店をはじめ、系列の「増田うどん」「増田いなり」でもオーダーを受け付けているそう。
本物のホールケーキさながらの豪華な見た目と、増田おはぎのおいしさがたっぷりと詰まった、とても気になる商品です。(詳細は各店舗までお問い合わせください)
家族団らんのお供に、お誕生日に…。たまにはケーキではなく、大きくてフォトジェニックなおはぎケーキを囲むのもいいかもしれませんね♪
 
【増田おはぎ】
住所:札幌市白石区菊水5条3丁目5-17
電話番号:011-813-7557

画像提供:増田おはぎ

まるでお花♡見た目もラブリーな専門店のいちご大福【ぽたぽたいちご 電車通り店】

「ぽたぽたいちご」のいちご大福は、十字に切れ目の入った大福に大粒で真っ赤ないちごが乗った、お花のような可愛らしい見た目が特徴♪
一番人気は、白いおもちに小豆のこしあんがたっぷりと詰まった「いちご大福 こしあん(奥/ 260円 税込)」。同じくこしあんが入った、濃いピンクの見た目が鮮やかな「手前 / スペシャルいちご大福(300円 税込)」には、皮にもいちごが練り込まれているいちごづくしの商品です♡
限定商品も季節ごとに登場し、今年の春は、「いちご桜餅(右 / 290円 税込)」と「いちごショコラ大福(左 / 290円 税込)」が店頭に並んでいます。
いちご桜餅の中身はこしあん。いちごショコラ大福は、皮にはたっぷりとココアパウダーがまぶしてあり、中には甘めのチョコあんが!
他にも、過去には「抹茶」「ほうじ茶」「コーヒー」などを使った商品も登場し、発売されるたびに人気となっています。
お店の一角で見つけたのは、販売されているいちご大福と同じ見た目の雑貨やアクセサリー♡とても可愛くちょっぴりリアルなので、いちご大福と一緒にプレゼントしても喜ばれそうですね♪
また、いちごジャムやいちごあめなどのオリジナル商品も販売しているので、いちご大福と合わせてこちらにも注目ですよ!
 
【ぽたぽたいちご 電車通り店】
住所:札幌市中央区南1条西12丁目322
電話番号:090-2872-0015

定番だからこその安定感♡美味しい日本の春を召し上がれ

ツヤツヤの大きなイチゴや色鮮やかな桜の花を見ると、「あぁ~春が来たんだな」と実感できます。定番の和スイーツも、とても可愛い見た目にテンションが上がりますね♡
日本人が大好きなもち米を使ったおいしい和菓子、みなさんも召し上がって下さいね♪

今年は限定の「桜」も登場♪「お母さん」が作る個性派おはぎ【増田おはぎ】

2018年3月オープンと、まだ比較的新しい「増田おはぎ」。しかし、現在は江別蔦屋書店内にも店舗を構え、両店舗ともに連日多くのファンが足を運んでいます。取材に伺ったこの日も、おはぎを買い求めるお客さんがひっきりなしに訪れていました♪
素朴なのにどこか可愛らしい、カラフルでフォトジェニックな見た目が魅力。常時10種類以上あるおはぎは、スタッフから「お母さん」の愛称で親しまれている、オーナーの増田美恵さんがレシピを考案しています。
春のオススメは、黒米をベースに、桜の花と桜の葉を手亡豆のあんに練り込んだ「桜(中央手前 / 194円 税込)」。こちらは通年販売しているもので、季節に関係なく人気の商品です。
また、今年はもう1つ桜を使った商品を販売しており、桜餅のように、桜の葉で黒米と小豆つぶあんを包んだ「桜葉おはぎ(手前 / 194円 税込)」にも注目ですよ!
他にも、アガーで艶出ししたベリー乗った「苺とラズベリー(中央奥 / 280円 税込)」など、季節限定の変わり種や、塩気のきいた青大豆きなこの鮮やかなグリーンがきれいな「うぐいすきなこ(奥 / 162円 税込)」も、景色が色づき始める春の季節にぴったりな商品♡
どれもおいしそうで、つい迷っちゃいますね♪

画像提供:増田おはぎ

増田おはぎでは、3月25日から「おはぎケーキ」の販売を始めています。前日までの予約が必須となりますが、増田おはぎ各店をはじめ、系列の「増田うどん」「増田いなり」でもオーダーを受け付けているそう。
本物のホールケーキさながらの豪華な見た目と、増田おはぎのおいしさがたっぷりと詰まった、とても気になる商品です。(詳細は各店舗までお問い合わせください)
家族団らんのお供に、お誕生日に…。たまにはケーキではなく、大きくてフォトジェニックなおはぎケーキを囲むのもいいかもしれませんね♪
 
【増田おはぎ】
住所:札幌市白石区菊水5条3丁目5-17
電話番号:011-813-7557

まるでお花♡見た目もラブリーな専門店のいちご大福【ぽたぽたいちご 電車通り店】

「ぽたぽたいちご」のいちご大福は、十字に切れ目の入った大福に大粒で真っ赤ないちごが乗った、お花のような可愛らしい見た目が特徴♪
一番人気は、白いおもちに小豆のこしあんがたっぷりと詰まった「いちご大福 こしあん(奥/ 260円 税込)」。同じくこしあんが入った、濃いピンクの見た目が鮮やかな「手前 / スペシャルいちご大福(300円 税込)」には、皮にもいちごが練り込まれているいちごづくしの商品です♡
限定商品も季節ごとに登場し、今年の春は、「いちご桜餅(右 / 290円 税込)」と「いちごショコラ大福(左 / 290円 税込)」が店頭に並んでいます。
いちご桜餅の中身はこしあん。いちごショコラ大福は、皮にはたっぷりとココアパウダーがまぶしてあり、中には甘めのチョコあんが!
他にも、過去には「抹茶」「ほうじ茶」「コーヒー」などを使った商品も登場し、発売されるたびに人気となっています。
お店の一角で見つけたのは、販売されているいちご大福と同じ見た目の雑貨やアクセサリー♡とても可愛くちょっぴりリアルなので、いちご大福と一緒にプレゼントしても喜ばれそうですね♪
また、いちごジャムやいちごあめなどのオリジナル商品も販売しているので、いちご大福と合わせてこちらにも注目ですよ!
 
【ぽたぽたいちご 電車通り店】
住所:札幌市中央区南1条西12丁目322
電話番号:090-2872-0015

定番だからこその安定感♡美味しい日本の春を召し上がれ

ツヤツヤの大きなイチゴや色鮮やかな桜の花を見ると、「あぁ~春が来たんだな」と実感できます。定番の和スイーツも、とても可愛い見た目にテンションが上がりますね♡
日本人が大好きなもち米を使ったおいしい和菓子、みなさんも召し上がって下さいね♪

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

三澤恵梨子

カフェライター

独身時代から続けている趣味のカフェめぐりでは、これまでに300軒近いカフェを訪問。気になる情報があれば、札幌のみならず、道内各地、伊豆界隈、名古屋、東京などへ「旬なカフェ」を求めて飛び立つことも。自宅でも、インテリアや料理などでカフェ気分を楽しんでいます。SASARUでは、ついつい写真が撮らさるフォトジェニックなフードの情報や、わざわざ足を運びたい素敵なカフェの情報を北海道女子に届けるべく、一緒におしゃべりする感覚で情報を発信していきます。