2020.12.8

ファッション&ビューティ

チキンを食べて美肌になる!クリスマスチキンを美容のプロが解説

髙樋沙苗

美容皮膚科看護師

いよいよクリスマスまであと少し。
クリスマスといえば、チキンが定番ですね!
今年は、おうちでクリスマスディナーをする方も多いかと思います。
そんな今年のクリスマス、定番のチキンを食べて美肌の近道を手に入れてみてくださいね。

食べ過ぎによる肌トラブルの記事についても以前記事にしていますので、合わせてご覧ください。

食べ過ぎによる大人ニキビにご注意!!
 

鶏肉は美肌の宝庫♡

①たんぱく質

何といっても、体、髪、肌を作るたんぱく質が豊富です。
太りたくないからたんぱく質を摂らない!は間違い。良質なたんぱく質を摂ることは、体にとっても良いこと。
たんぱく質が不足すると、肌の弾力が低下して、しわやたるみの原因にもなります。

②ビタミンA

健康な皮膚や粘膜を作る大切な栄養素が豊富。
豚肉や牛肉の10倍含まているといわれています。

③コラーゲン

真皮を作るのに大切な成分。肌のハリや潤い、弾力を保つことができます。
鶏肉のなかでも、手羽先には最も多くのコラーゲンが含まれています。

など、他にも美肌を作る栄養素が豊富です。

部位によって違う栄養素

むね
低脂肪で、カロリーも低くたんぱく質が多く含まれている部分

もも
フライドチキンで使われる部分。
筋肉が多い部分、たんぱく質が多い。

ささみ
低カロリー高タンパク。
ダイエットといえば、ささみを連想する方が多いかもしれません。

手羽先
冷やすと固まるゼラチン質が豊富、そのゼラチン質が、美容に欠かせないコラーゲンです。
鶏肉の部位によって、栄養素の含有量も変わるのがわかります。
これを参考に、レシピを考えるのも楽しいですね。

 

引用:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

オススメの美肌に導く食べ方は?

鶏肉の皮は、高カロリー高脂肪のため取り除きたいところですが、皮にもコラーゲンが豊富です。
そんな時は、皮をパリパリになるまでしっかり焼いて、余分な脂肪を落とすと良いといわれています。

また、胸肉やささみなど、脂肪分の少ない部位を選ぶのも1つです。
よりヘルシーなクリスマスディナーを楽しみたい方は、いわゆるサラダチキン、サラダに茹でたささみを乗せるのが良いですね。

鶏肉に調味料などで濃い味付けをする時がありますが、糖質を多く摂ることになるので、素材の味を生かすことも1つです。
糖質の取りすぎはに美肌を妨げます。

そんな私のオススメの鶏肉レシピは、
・ささみonチーズ
茹でたささみにとろけるチーズを乗せるだけ

・ささみと梅肉の大葉焼き
茹でたささみと梅肉を大葉で巻いて焼くだけ

・ささみのゆで卵和え
茹でたささみとゆで卵と塩コショウ少々で味付けするだけ

・手羽元生姜煮
手羽元と大根、ゆで卵を生姜、お醤油で煮込むだけ

です。

お弁当の一品にもなるおかずです。

このクリスマス、鶏肉を食べて美肌で年末年始を過ごしましょう!!

鶏肉は美肌の宝庫♡

①たんぱく質

何といっても、体、髪、肌を作るたんぱく質が豊富です。
太りたくないからたんぱく質を摂らない!は間違い。良質なたんぱく質を摂ることは、体にとっても良いこと。
たんぱく質が不足すると、肌の弾力が低下して、しわやたるみの原因にもなります。

②ビタミンA

健康な皮膚や粘膜を作る大切な栄養素が豊富。
豚肉や牛肉の10倍含まているといわれています。

③コラーゲン

真皮を作るのに大切な成分。肌のハリや潤い、弾力を保つことができます。
鶏肉のなかでも、手羽先には最も多くのコラーゲンが含まれています。

など、他にも美肌を作る栄養素が豊富です。

部位によって違う栄養素

むね
低脂肪で、カロリーも低くたんぱく質が多く含まれている部分

もも
フライドチキンで使われる部分。
筋肉が多い部分、たんぱく質が多い。

ささみ
低カロリー高タンパク。
ダイエットといえば、ささみを連想する方が多いかもしれません。

手羽先
冷やすと固まるゼラチン質が豊富、そのゼラチン質が、美容に欠かせないコラーゲンです。

引用:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

鶏肉の部位によって、栄養素の含有量も変わるのがわかります。
これを参考に、レシピを考えるのも楽しいですね。

 

オススメの美肌に導く食べ方は?

鶏肉の皮は、高カロリー高脂肪のため取り除きたいところですが、皮にもコラーゲンが豊富です。
そんな時は、皮をパリパリになるまでしっかり焼いて、余分な脂肪を落とすと良いといわれています。

また、胸肉やささみなど、脂肪分の少ない部位を選ぶのも1つです。
よりヘルシーなクリスマスディナーを楽しみたい方は、いわゆるサラダチキン、サラダに茹でたささみを乗せるのが良いですね。

鶏肉に調味料などで濃い味付けをする時がありますが、糖質を多く摂ることになるので、素材の味を生かすことも1つです。
糖質の取りすぎはに美肌を妨げます。

そんな私のオススメの鶏肉レシピは、
・ささみonチーズ
茹でたささみにとろけるチーズを乗せるだけ

・ささみと梅肉の大葉焼き
茹でたささみと梅肉を大葉で巻いて焼くだけ

・ささみのゆで卵和え
茹でたささみとゆで卵と塩コショウ少々で味付けするだけ

・手羽元生姜煮
手羽元と大根、ゆで卵を生姜、お醤油で煮込むだけ

です。

お弁当の一品にもなるおかずです。

このクリスマス、鶏肉を食べて美肌で年末年始を過ごしましょう!!

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

髙樋沙苗

美容皮膚科看護師

看護師、保健師の他に、日本コスメティック協会認定インストラクターなど美容資格12個を持つ。現在は、札幌市内の皮膚科、美容皮膚科で勤務する傍ら美容講師として活動。スクール講師、道内外のセミナーやメディアを通して、医学的根拠に基づいた正しい美容知識の普及をしている。体の内側と外側からのトータルビューティーを提唱し、ヨガインストラクターとしての活動も行っている。