2020.11.24

ファッション&ビューティ

知っ得♡「美肌に導くおやつ」って?美容専門家が教えます♡

髙樋沙苗

美容皮膚科看護師

寒くなると食べたくなるのが焼き芋に代表されるサツマイモ。実は、このサツマイモには美容と健康にいい効果があります。
間食するならサツマイモ!そのサツマイモについてご紹介します。
 

サツマイモには美肌栄養素が豊富

サツマイモは、ビタミンの宝庫で、ビタミンB・C・Eが豊富です。
ビタミンB群は、疲労回復や、新陳代謝を促すなどの効果があります。
ビタミンCとEは、美肌には欠かせません。抗酸化作用があり、美肌以外にも健康食材として体をサポートしてくれます。

サツマイモに含まれるビタミンCは、りんごの7倍あるそうです。



●ポリフェノール
皮や肉色が赤紫色のさつまいもの色素は、「アントシアニン」というポリフェノールが豊富です。美肌以外にも生活習慣病予防効果があるとされています。

そのポリフェノールは、表皮から約5mmの場所に、80%が存在しているといわれており、皮ごと食べるのがよいです。

●食物繊維・カリウム
「ヤラピン」という成分がキーポイントです。ヤラピンは、さつまいもを切った時に見られる白い液体。腸の蠕動運動を促進し、便を柔らかくしてくれます。
ヤラピンはさつまいもの皮と皮の間に含まれるそうで、やはり皮ごと食べるのが良さそうです。

カリウムも豊富で、老廃物を出してくれむくみの予防改善に効果的なデトックス効果も期待できます。

調理法で変わるダイエット効果

サツマイモのGI値がダイエットの鍵になります。
GI値とは、食後の血糖値の上昇度合いを表したもの。
詳しくは以前の記事も合わせて見てみてくださいね。

いよいよオータムフェスト! 食欲と美肌の切っても切り離せない関係とは?

GI値を調理法別で見てみると…
干す:55、焼く:80~85、茹でる:40~50、蒸す:45~50、揚げる:70~80
と調理法によって、かなりGI値に差があることがわかります。

GI値が高いと、美肌を妨げる原因にもなるので、調理法も意識するといいですね。

サツマイモのオススメの食べ方は?

焼き芋は、冷やして食べるのがオススメ。
焼き芋を冷やすと、糖化したでんぷんの一部が「レジスタントスターチ」という形に変わるそう。

レジスタントスターチは、消化されにくいため血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があります。血糖値の上昇が緩やかなことは、美容にも健康にもよいことです。

私は、寒くなったら決まってサツマイモをおやつとして食べます。
美肌は一日にしてならず。インナーケアもとても大切です!!
小腹が空いたな、甘いものが食べたいというときは、サツマイモの美容と健康効果を思い出してみてください。

サツマイモには美肌栄養素が豊富

サツマイモは、ビタミンの宝庫で、ビタミンB・C・Eが豊富です。
ビタミンB群は、疲労回復や、新陳代謝を促すなどの効果があります。
ビタミンCとEは、美肌には欠かせません。抗酸化作用があり、美肌以外にも健康食材として体をサポートしてくれます。

サツマイモに含まれるビタミンCは、りんごの7倍あるそうです。



●ポリフェノール
皮や肉色が赤紫色のさつまいもの色素は、「アントシアニン」というポリフェノールが豊富です。美肌以外にも生活習慣病予防効果があるとされています。

そのポリフェノールは、表皮から約5mmの場所に、80%が存在しているといわれており、皮ごと食べるのがよいです。

●食物繊維・カリウム
「ヤラピン」という成分がキーポイントです。ヤラピンは、さつまいもを切った時に見られる白い液体。腸の蠕動運動を促進し、便を柔らかくしてくれます。
ヤラピンはさつまいもの皮と皮の間に含まれるそうで、やはり皮ごと食べるのが良さそうです。

カリウムも豊富で、老廃物を出してくれむくみの予防改善に効果的なデトックス効果も期待できます。

調理法で変わるダイエット効果

サツマイモのGI値がダイエットの鍵になります。
GI値とは、食後の血糖値の上昇度合いを表したもの。
詳しくは以前の記事も合わせて見てみてくださいね。

いよいよオータムフェスト! 食欲と美肌の切っても切り離せない関係とは?

GI値を調理法別で見てみると…
干す:55、焼く:80~85、茹でる:40~50、蒸す:45~50、揚げる:70~80
と調理法によって、かなりGI値に差があることがわかります。

GI値が高いと、美肌を妨げる原因にもなるので、調理法も意識するといいですね。

サツマイモのオススメの食べ方は?

焼き芋は、冷やして食べるのがオススメ。
焼き芋を冷やすと、糖化したでんぷんの一部が「レジスタントスターチ」という形に変わるそう。

レジスタントスターチは、消化されにくいため血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があります。血糖値の上昇が緩やかなことは、美容にも健康にもよいことです。

私は、寒くなったら決まってサツマイモをおやつとして食べます。
美肌は一日にしてならず。インナーケアもとても大切です!!
小腹が空いたな、甘いものが食べたいというときは、サツマイモの美容と健康効果を思い出してみてください。

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

髙樋沙苗

美容皮膚科看護師

看護師、保健師の他に、日本コスメティック協会認定インストラクターなど美容資格12個を持つ。現在は、札幌市内の皮膚科、美容皮膚科で勤務する傍ら美容講師として活動。スクール講師、道内外のセミナーやメディアを通して、医学的根拠に基づいた正しい美容知識の普及をしている。体の内側と外側からのトータルビューティーを提唱し、ヨガインストラクターとしての活動も行っている。