2022.11.1

おでかけ

みんな大好きサンエックス“うちのコたち”リラックマ・たれぱんだ集合!大展覧会【札幌】

川西菜都美

ライター

札幌 展示 展覧会 リラックマ たれぱんだ すみっこ すみっコ サンエックス 四季

たれぱんだやリラックマ、すみっコぐらしといったその世代に生きた人なら誰しも一度は見たことのある名キャラクター。

ほんわかかわいらしいのにどこかシュール…そんなキャラクターたち、実はあるひとつの企業から誕生していることをご存知でしたか?

魅力的なキャラクターを数多く輩出してきたのは「サンエックス株式会社」。その歴史は深く、なんと1932年創業と今年90周年を迎えます。

同社の歴史のなかで生みだされた1000以上のキャラクターたちを総結集した「サンエックス90周年 うちのコたちの大展覧会」が10月27日(木)~11月27日(日)の期間、札幌市の東1丁目劇場(旧北海道四季劇場)にて開催されています。

同イベントの見どころをご紹介していきます!

存在感のあるたれぱんだがお出迎え!

大きく3つのエリアからなる本イベント。

まずは不動の人気キャラクターである「たれぱんだ」がメインとなるこちらのゾーンからスタートです。主に1990年代に誕生したキャラクターが展示されています。

90年代に子供時代を過ごした人は「これ、見たことある!」といった懐かしのあのキャラクターに会えるかもしれません。

たれぱんだの誕生エピソードや試作品といったレアな展示も目白押しです。
こちらは会場内に複数設けられている「ぬい撮りコーナー」。

「おうちにいるご自分のお気に入りのぬいぐるみと一緒にご来場いただき、ぜひ撮影してください」と同社広報の富田さん。

お気に入りのコ(=ぬいぐるみ)と一緒にイベントを楽しめるのが嬉しいですね。

「これ知ってる!」が必ず見つかる「うちのコたちリスト」は要チェック!

展覧会の中心部に位置するのは「うちのコたちリスト」。

360度一面にぐるっと囲んでいるのは、これまでサンエックスから生まれたキャラクターの数々。

「見たことある!」「これもサンエックスだったの!?」など、懐かしさや驚きといったさまざまな感情が湧きおこります。

老若男女誰しもが、何かしらの「このキャラクター知ってる!」に出会えるはずです。

根強い人気のリラックマにも歴史が

順路を進むと次はリラックマを中心とした2000年代エリアに。

だらだらゴロゴロが大好きなリラックマにも、しっかりとした歴史がありました。

実はリラックマが着ぐるみということを知らない人も多いのでは?

そのほか、200体ものリラックマを集めた展示は圧巻!一見の価値ありです。
写真は「リラックマがいる暮らし」の一部。アート作品としてもとても魅力的ですね。

もちろん、2000年代に誕生した他のコたちの作品もちゃんと楽しめますよ。

2010年代から最新のキャラクターまで一気見せ!

最後は2012年に誕生したすみっコぐらしを中心としたエリアです。

ついすみっこに行きたくなってしまうすみっコたち。

「頑張らない」「のんびりしたい」そんな正直な人間味あふれる存在に、惹きつけられる人も多いのではないでしょうか。

2010年代に生まれたキャラクターたちとともに、ほんわかした癒やしの空間を創りだしています。
誕生から10年のすみっコぐらし。

細部までこだわったぬいぐるみがなんともキュートです。

小さなお子さまたちにも人気が高いそうですよ。
2021年よりテレビ放送も開始されているチキップダンサーズ。

見た目がかわいいのにどこかシュールでクスッと笑える作品です。

同エリアでは、「あたらしいなかまたち」として近年誕生したキャラクターから、今年デビューした最新のあのコまで、サンエックスの新しい風を感じることができます。

お気に入りの「うちのコ」に巡り会えるすてきなイベント

サンエックスから誕生したすべてのキャラクターをひとつのイベントに結集するのは初めての試みだそう。

イベント名にある「うちのコ」というのは、実際に同社内で社員の方たちが会議等でキャラクターを呼ぶ際に使っている呼称から来ているとのことで、キャラクター愛にあふれる社風が垣間見えますね。

1979年に生まれた最初のキャラクターから、総勢1000ものキャラクターが一堂に会しているこちらの大展示会。

今回のために特別に描き下ろされたイラストも見ることができ、ファンにはたまらないものとなっています。

皆さんお気に入りの「うちのコ」を見つけに、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

イベント限定グッズも魅力的!

会場では、イベント限定のグッズも多数そろっています。

仕事や勉強のテンションがあがる文具類などの雑貨から、食品、衣類までさまざまなラインナップ。
泉屋カップインクッキー(写真左 1,566円 税込)は、絵柄入りクッキーのほかに数種類の味が楽しめる一品。食べ終わったあとの容器もとっておきたくなりますね。

サンエックスだいすきおでかけぬいぐるみキーホルダー「リラックマ(たれぱんだ)」(写真中央 2,090円 税込)
こちらの、リラックマがたれぱんだを抱っこしている姿というのは、本イベントならでは。

気になるグッズを探すのも展示会の醍醐味のひとつ。

見どころ満載の作品やフォトスポット、オリジナルグッズと内容が盛りだくさんのイベントです!

©2022 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.
「サンエックス90周年 うちのコたちの大展覧会」

会場:東1丁目劇場(旧北海道四季劇場)
住所:札幌市中央区大通1丁目10
開催期間:10月27日(木)~11月27日(日)
開催時間:平日午前11時~午後5時 土日祝午前10時~午後5時 (入館は閉館の30分前まで・月曜日は休館)
公式HP https://san-x90th-ten.exhibit.jp

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は公式ホームページでご確認、またはお問合せ先 北海道新聞社事業センター【電話:011-210-5731 土日祝を除く午前9時半~午後5時半】までお問い合わせください)

存在感のあるたれぱんだがお出迎え!

大きく3つのエリアからなる本イベント。

まずは不動の人気キャラクターである「たれぱんだ」がメインとなるこちらのゾーンからスタートです。主に1990年代に誕生したキャラクターが展示されています。

90年代に子供時代を過ごした人は「これ、見たことある!」といった懐かしのあのキャラクターに会えるかもしれません。

たれぱんだの誕生エピソードや試作品といったレアな展示も目白押しです。
こちらは会場内に複数設けられている「ぬい撮りコーナー」。

「おうちにいるご自分のお気に入りのぬいぐるみと一緒にご来場いただき、ぜひ撮影してください」と同社広報の富田さん。

お気に入りのコ(=ぬいぐるみ)と一緒にイベントを楽しめるのが嬉しいですね。

「これ知ってる!」が必ず見つかる「うちのコたちリスト」は要チェック!

展覧会の中心部に位置するのは「うちのコたちリスト」。

360度一面にぐるっと囲んでいるのは、これまでサンエックスから生まれたキャラクターの数々。

「見たことある!」「これもサンエックスだったの!?」など、懐かしさや驚きといったさまざまな感情が湧きおこります。

老若男女誰しもが、何かしらの「このキャラクター知ってる!」に出会えるはずです。

根強い人気のリラックマにも歴史が

順路を進むと次はリラックマを中心とした2000年代エリアに。

だらだらゴロゴロが大好きなリラックマにも、しっかりとした歴史がありました。

実はリラックマが着ぐるみということを知らない人も多いのでは?

そのほか、200体ものリラックマを集めた展示は圧巻!一見の価値ありです。
写真は「リラックマがいる暮らし」の一部。アート作品としてもとても魅力的ですね。

もちろん、2000年代に誕生した他のコたちの作品もちゃんと楽しめますよ。

2010年代から最新のキャラクターまで一気見せ!

最後は2012年に誕生したすみっコぐらしを中心としたエリアです。

ついすみっこに行きたくなってしまうすみっコたち。

「頑張らない」「のんびりしたい」そんな正直な人間味あふれる存在に、惹きつけられる人も多いのではないでしょうか。

2010年代に生まれたキャラクターたちとともに、ほんわかした癒やしの空間を創りだしています。
誕生から10年のすみっコぐらし。

細部までこだわったぬいぐるみがなんともキュートです。

小さなお子さまたちにも人気が高いそうですよ。
2021年よりテレビ放送も開始されているチキップダンサーズ。

見た目がかわいいのにどこかシュールでクスッと笑える作品です。

同エリアでは、「あたらしいなかまたち」として近年誕生したキャラクターから、今年デビューした最新のあのコまで、サンエックスの新しい風を感じることができます。

お気に入りの「うちのコ」に巡り会えるすてきなイベント

サンエックスから誕生したすべてのキャラクターをひとつのイベントに結集するのは初めての試みだそう。

イベント名にある「うちのコ」というのは、実際に同社内で社員の方たちが会議等でキャラクターを呼ぶ際に使っている呼称から来ているとのことで、キャラクター愛にあふれる社風が垣間見えますね。

1979年に生まれた最初のキャラクターから、総勢1000ものキャラクターが一堂に会しているこちらの大展示会。

今回のために特別に描き下ろされたイラストも見ることができ、ファンにはたまらないものとなっています。

皆さんお気に入りの「うちのコ」を見つけに、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

イベント限定グッズも魅力的!

会場では、イベント限定のグッズも多数そろっています。

仕事や勉強のテンションがあがる文具類などの雑貨から、食品、衣類までさまざまなラインナップ。
泉屋カップインクッキー(写真左 1,566円 税込)は、絵柄入りクッキーのほかに数種類の味が楽しめる一品。食べ終わったあとの容器もとっておきたくなりますね。

サンエックスだいすきおでかけぬいぐるみキーホルダー「リラックマ(たれぱんだ)」(写真中央 2,090円 税込)
こちらの、リラックマがたれぱんだを抱っこしている姿というのは、本イベントならでは。

気になるグッズを探すのも展示会の醍醐味のひとつ。

見どころ満載の作品やフォトスポット、オリジナルグッズと内容が盛りだくさんのイベントです!

©2022 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.
「サンエックス90周年 うちのコたちの大展覧会」

会場:東1丁目劇場(旧北海道四季劇場)
住所:札幌市中央区大通1丁目10
開催期間:10月27日(木)~11月27日(日)
開催時間:平日午前11時~午後5時 土日祝午前10時~午後5時 (入館は閉館の30分前まで・月曜日は休館)
公式HP https://san-x90th-ten.exhibit.jp

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は公式ホームページでご確認、またはお問合せ先 北海道新聞社事業センター【電話:011-210-5731 土日祝を除く午前9時半~午後5時半】までお問い合わせください)

川西菜都美

ライター

これまで住んだことのなかった北海道。在住数年ですっかり大好きになりました。写真や文章で物事を伝えるおもしろさに魅了され、本業の傍らWebライターとしても活動中。 自分の足で見える景色や空気が変わっていくのが好きで、マラソンを趣味にしています。甘えたい盛りの2児の母。グルメやトレンド、おでかけスポットなどSASARUを通して、「まだ見ぬ北海道の魅力を広めたい!」が原動力です。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード