2022.9.26

おでかけ

「十勝ワッカの森キャンプ場」オープン!極寒冷地仕様のドームテント"冬のグランピング"

SASARU編集部

札幌から車で約2時間、とかち帯広空港から約50分の日高山脈の麓に、十勝エリア初のドームテントで過ごせるグランピング施設『十勝ワッカの森キャンプ場』がオープンしました。
 
旅館やホテルでの宿泊とは異なる「グランピングステイ」。『十勝ワッカの森キャンプ場』は女性や初心者、子どもでも安心して楽しめるということで、その詳細をご紹介します。

非日常のグランピングステイ

『十勝ワッカの森キャンプ場』がオープンしたのは、日高山脈の麓に位置する手つかずの大自然の中。“ワッカ"はアイヌ語で「きれいな水」という意味なんですって。

鳥の声や草木の香りを感じ、夜は空いっぱいに広がる星空に癒される、非日常のグランピングステイを楽しむことができるそうですよ~!

冬でも暖かい!十勝エリア初の「ドームテント」

この施設最大の特徴は、十勝エリア初となる「ドームテント」。ポーランドから輸入した日本初導入・極寒冷地仕様のドームテントなんですって。
 
従来のドームテントフレームよりも太いフレームと多層構造の断熱材を使用し、春から秋はもちろん、北海道ならではの"冬のグランピング"も楽しめる仕様となっています。
 
テントの直径は7mで天井も高いので、ゆったり過ごすことができそうですね。

食事も充実

また、ドームテントにはスクリーンハウスが併設されており、天候に関係なくBBQを満喫できるんです!

十勝エリアの食材にこだわった特別なBBQメニューはもちろん、食材持込でオリジナルBBQを楽しむ「素泊りプラン」もあるので、好みに合わせてプランを選ぶことができますよ。
さらに朝食には、アウトドアの定番・ホットサンドをいただくことができるんですって。

テントサウナも設置予定!

また、日高山脈から流れ出る清く澄んだ川の側には、テントサウナを設置する予定なんだとか…!

川のせせらぎの音を聞きながらサウナでしっかり汗を流し、川でクールダウンした後は、外気浴で”ととのう”ことができますよ。

アメニティも充実

施設内には充実の設備・アメニティが用意されており、アウトドアが初めての方でも安心して気軽にグランピングを楽しむことができるそうです。
 
また、新型コロナウイルスへの対応の一環として、他のお客様と接触する機会を極力排除した施設作りを意識しているそう。
 
アウトドア初心者の方も、まずはグランピングからチャレンジしてみては?
~相澤ワイナリープロデュース~
グランピング&キャンプフィールド/十勝ワッカの森キャンプ場

HP:https://www.obihiro-glamping.com/
住所:北海道上川郡清水町旭山28番46
宿泊棟数:ドームテント3棟(定員2名~5名)
料金:9,000円~/名(4名1室時・素泊まり)
画像提供:十勝ワッカの森キャンプ場
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

非日常のグランピングステイ

『十勝ワッカの森キャンプ場』がオープンしたのは、日高山脈の麓に位置する手つかずの大自然の中。“ワッカ"はアイヌ語で「きれいな水」という意味なんですって。

鳥の声や草木の香りを感じ、夜は空いっぱいに広がる星空に癒される、非日常のグランピングステイを楽しむことができるそうですよ~!

冬でも暖かい!十勝エリア初の「ドームテント」

この施設最大の特徴は、十勝エリア初となる「ドームテント」。ポーランドから輸入した日本初導入・極寒冷地仕様のドームテントなんですって。
 
従来のドームテントフレームよりも太いフレームと多層構造の断熱材を使用し、春から秋はもちろん、北海道ならではの"冬のグランピング"も楽しめる仕様となっています。
 
テントの直径は7mで天井も高いので、ゆったり過ごすことができそうですね。

食事も充実

また、ドームテントにはスクリーンハウスが併設されており、天候に関係なくBBQを満喫できるんです!

十勝エリアの食材にこだわった特別なBBQメニューはもちろん、食材持込でオリジナルBBQを楽しむ「素泊りプラン」もあるので、好みに合わせてプランを選ぶことができますよ。
さらに朝食には、アウトドアの定番・ホットサンドをいただくことができるんですって。

テントサウナも設置予定!

また、日高山脈から流れ出る清く澄んだ川の側には、テントサウナを設置する予定なんだとか…!

川のせせらぎの音を聞きながらサウナでしっかり汗を流し、川でクールダウンした後は、外気浴で”ととのう”ことができますよ。

アメニティも充実

施設内には充実の設備・アメニティが用意されており、アウトドアが初めての方でも安心して気軽にグランピングを楽しむことができるそうです。
 
また、新型コロナウイルスへの対応の一環として、他のお客様と接触する機会を極力排除した施設作りを意識しているそう。
 
アウトドア初心者の方も、まずはグランピングからチャレンジしてみては?
~相澤ワイナリープロデュース~
グランピング&キャンプフィールド/十勝ワッカの森キャンプ場

HP:https://www.obihiro-glamping.com/
住所:北海道上川郡清水町旭山28番46
宿泊棟数:ドームテント3棟(定員2名~5名)
料金:9,000円~/名(4名1室時・素泊まり)
画像提供:十勝ワッカの森キャンプ場
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)
 

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード