2021.10.1

おでかけ

「小樽におでかけ」北海道三大夜景・グルメ・おみやげ・謎解き…小樽天狗山の楽しみ方

磯部 敦子

ライター

小樽天狗山 鼻なで天狗さん

小樽の観光スポット「天狗山」が日々進化しているのをご存知でしょうか? フォトスポットや展望テラス、天狗山限定のカフェメニューなど!訪れてみたくなる天狗山の魅力をご紹介します。

まずはおなじみ!天狗山の夜景

天狗山から見下ろす小樽の街並み。きらきらと輝く様子は、まるで宝石みたい。港の灯りや海にほんわりと浮かぶ漁火も美しいです。
天狗山から見える夜景は、函館山、藻岩山の夜景と並び北海道三大夜景と言われているそう。

山頂では樹木もライトアップされ、幻想的な景色が漂います。

画像出典:小樽天狗山

絶景と共に味わう贅沢な時間|TENGUU テラス(テングーテラス)


小樽天狗山

ロープウエイを降りて山頂レストハウスの建物に沿って歩いていくと…

テラスとその先には、空と海が一体となったような青。まるで箱庭のような小樽の街並みと、まわりを囲む山々。あまりにも見事な景観に、感嘆の声を上げる方も多いそう。晴れた日には、くっきりと浮かび上がる石狩湾対岸の暑寒別連峰が見渡せます。

【おすすめの過ごし方】by天狗山の永山さん
TENGUUカフェのテイクアウトフードやドリンクをお伴に、イージーリスニングの音楽を聴きながらゆったりと過ごすのがおすすめ! 眺望を楽しみながら、心地よい時間を楽しんでください。

写真撮影するなら、テラスに立ち、浮かび上がる絶景をバックに撮影してみましょう。テラス席に座って、ドリンクを片手に自撮りするのも良いですね。

「満点」の景色と「満天」の星空|満天ステージ

小樽の東側(札幌寄り)の街並みやまっすぐに伸びる高速道路、青々とした山並みを臨めます。今後は、これから建設予定の北海道新幹線の駅もすぐ下に見られるようになるそうです。

写真は、天狗の顔のように見える「天狗岩」を入れて撮影するのがおすすめ。TENGUU テラスとはまた違う景観を楽しめるスポットです。
そして、「満天ステージ」という名のとおり、夜には満天の星が見られますよ。

画像出典:小樽天狗山

天狗山ならではの映えスイーツも!TENGUU CAFE(てんぐーカフェ)


画像出典:小樽天狗山

濃厚なソフトクリームに、天狗の鼻に見立てたかりんとうをトッピング! インパクト絶大な天狗ソフトは、天狗山オリジナルメニューです。テラスの絶景と共に写真に収めたくなりますね。

そのほか、香ばしい焦がしバターとアカシアのハチミツの風味が漂う「キャラメルフィナンシェ」、レインフォレストアライアンス認証豆を使用した、「天狗山オリジナルコーヒー」もおすすめです。

日本全国の天狗と映えショット撮影|天狗の館

見渡す限り、天狗! 全国から大小約700点の天狗にまつわる展示品が集めた資料館、天狗の館もおすすめのスポットです。
猿田彦大神をイメージした人形は今にも動き出しそう。360度、天狗に囲まれる施設はほかになかなかないですよね。

また、館内にはオリンピックや国民体育大会などで使用されたアイテムや、スキーに関わる貴重な資料を約400点展示したスキー資料館もあります。スキーの歴史にご興味がある方はぜひ!

天狗山のことが知れる謎解きゲーム「小樽天狗山の秘密」


画像出典:小樽天狗山

ロープウエイに乗車した方は、天狗山オリジナルの謎解きゲーム、「小樽天狗山の秘密」に参加できます!8箇所の見どころを巡り、そこに掲示してある謎(問題)を解いていくゲーム。

謎が解けた方には抽選でロープウエイペア優待券や天狗山オリジナルグッズなどが当たるそうです。お子様はもちろん、大人も一緒に盛り上がれそうですね。

限定品やかわいいおみやげが充実|天狗山ショップ

天狗山ロープウエイやシマリス公園のシマリスをイメージしたデザインがかわいい手ぬぐいは天狗山オリジナルのおみやげ。天狗の羽団扇や天狗の高下駄をイメージしたオリジナルストラップも人気です。

天狗山オリジナル商品や、小樽で活動されているアーティストさんの作品などなど。雑貨からお菓子まで種類豊富に揃っているので、目移りしてしまいそう。

また来年会いましょう!餌やりもできるシマリス公園


画像出典:小樽天狗山

かわいいシマリスさんに会えると噂のシマリス公園。エサ(ひまわりの種200円)を、直接ではなくエサ台に置いて静かに待っていると食べに来てくれます。運が良ければ、シマリスさん専用のロープウエイに乗車しているシーンに出会えますよ。

シマリスさん達は、自ら巣穴をほり暮らしています。寒がりなので気温が18℃を下回るとあまり外に出たがらないそう。そのため、残念ながら今年の営業期間は終了してしまいました。

シマリス公園の営業期間は、例年5月下旬~9月末まで。また来年会えるのをお楽しみに!

映えスポットいっぱいの天狗山で思い出作り

太陽が降り注ぐ日中、夕暮れ時。きらきら輝く夜景と、いつ訪れても美しい景色を楽しめる天狗山。これからは、紅葉、雪景色と、また違う景観を見せてくれることでしょう。
また、映えスポットやスイーツ、おみやげなどお楽しみも満載! ドライブがてら訪れてみてはいかがでしょうか。
小樽天狗山
住所:北海道小樽市最上2丁目26−15
営業期間:夏期営業|11月3日(水・祝)まで
営業時間:(ロープウエイ)午前11時~午後7時48分
定休日:営業期間内はなし
※ロープウエイ整備のため運休になる場合あり。公式サイト要確認
電話番号:0134-33-7381
 Instagram:@otaru_tenguyama
Facebook:@tenguyamaropeway 
Webサイト:https://tenguyama.ckk.chuo-bus.co.jp/
画像提供:小樽天狗山

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は公式サイトでご確認ください)

まずはおなじみ!天狗山の夜景


画像出典:小樽天狗山

天狗山から見下ろす小樽の街並み。きらきらと輝く様子は、まるで宝石みたい。港の灯りや海にほんわりと浮かぶ漁火も美しいです。
天狗山から見える夜景は、函館山、藻岩山の夜景と並び北海道三大夜景と言われているそう。

山頂では樹木もライトアップされ、幻想的な景色が漂います。

絶景と共に味わう贅沢な時間|TENGUU テラス(テングーテラス)


小樽天狗山

ロープウエイを降りて山頂レストハウスの建物に沿って歩いていくと…

テラスとその先には、空と海が一体となったような青。まるで箱庭のような小樽の街並みと、まわりを囲む山々。あまりにも見事な景観に、感嘆の声を上げる方も多いそう。晴れた日には、くっきりと浮かび上がる石狩湾対岸の暑寒別連峰が見渡せます。

【おすすめの過ごし方】by天狗山の永山さん
TENGUUカフェのテイクアウトフードやドリンクをお伴に、イージーリスニングの音楽を聴きながらゆったりと過ごすのがおすすめ! 眺望を楽しみながら、心地よい時間を楽しんでください。

写真撮影するなら、テラスに立ち、浮かび上がる絶景をバックに撮影してみましょう。テラス席に座って、ドリンクを片手に自撮りするのも良いですね。

「満点」の景色と「満天」の星空|満天ステージ


画像出典:小樽天狗山

小樽の東側(札幌寄り)の街並みやまっすぐに伸びる高速道路、青々とした山並みを臨めます。今後は、これから建設予定の北海道新幹線の駅もすぐ下に見られるようになるそうです。

写真は、天狗の顔のように見える「天狗岩」を入れて撮影するのがおすすめ。TENGUU テラスとはまた違う景観を楽しめるスポットです。
そして、「満天ステージ」という名のとおり、夜には満天の星が見られますよ。

天狗山ならではの映えスイーツも!TENGUU CAFE(てんぐーカフェ)


画像出典:小樽天狗山

濃厚なソフトクリームに、天狗の鼻に見立てたかりんとうをトッピング! インパクト絶大な天狗ソフトは、天狗山オリジナルメニューです。テラスの絶景と共に写真に収めたくなりますね。

そのほか、香ばしい焦がしバターとアカシアのハチミツの風味が漂う「キャラメルフィナンシェ」、レインフォレストアライアンス認証豆を使用した、「天狗山オリジナルコーヒー」もおすすめです。

日本全国の天狗と映えショット撮影|天狗の館

見渡す限り、天狗! 全国から大小約700点の天狗にまつわる展示品が集めた資料館、天狗の館もおすすめのスポットです。
猿田彦大神をイメージした人形は今にも動き出しそう。360度、天狗に囲まれる施設はほかになかなかないですよね。

また、館内にはオリンピックや国民体育大会などで使用されたアイテムや、スキーに関わる貴重な資料を約400点展示したスキー資料館もあります。スキーの歴史にご興味がある方はぜひ!

天狗山のことが知れる謎解きゲーム「小樽天狗山の秘密」


画像出典:小樽天狗山

ロープウエイに乗車した方は、天狗山オリジナルの謎解きゲーム、「小樽天狗山の秘密」に参加できます!8箇所の見どころを巡り、そこに掲示してある謎(問題)を解いていくゲーム。

謎が解けた方には抽選でロープウエイペア優待券や天狗山オリジナルグッズなどが当たるそうです。お子様はもちろん、大人も一緒に盛り上がれそうですね。

限定品やかわいいおみやげが充実|天狗山ショップ

天狗山ロープウエイやシマリス公園のシマリスをイメージしたデザインがかわいい手ぬぐいは天狗山オリジナルのおみやげ。天狗の羽団扇や天狗の高下駄をイメージしたオリジナルストラップも人気です。

天狗山オリジナル商品や、小樽で活動されているアーティストさんの作品などなど。雑貨からお菓子まで種類豊富に揃っているので、目移りしてしまいそう。

また来年会いましょう!餌やりもできるシマリス公園


画像出典:小樽天狗山

かわいいシマリスさんに会えると噂のシマリス公園。エサ(ひまわりの種200円)を、直接ではなくエサ台に置いて静かに待っていると食べに来てくれます。運が良ければ、シマリスさん専用のロープウエイに乗車しているシーンに出会えますよ。

シマリスさん達は、自ら巣穴をほり暮らしています。寒がりなので気温が18℃を下回るとあまり外に出たがらないそう。そのため、残念ながら今年の営業期間は終了してしまいました。

シマリス公園の営業期間は、例年5月下旬~9月末まで。また来年会えるのをお楽しみに!

映えスポットいっぱいの天狗山で思い出作り

太陽が降り注ぐ日中、夕暮れ時。きらきら輝く夜景と、いつ訪れても美しい景色を楽しめる天狗山。これからは、紅葉、雪景色と、また違う景観を見せてくれることでしょう。
また、映えスポットやスイーツ、おみやげなどお楽しみも満載! ドライブがてら訪れてみてはいかがでしょうか。
小樽天狗山
住所:北海道小樽市最上2丁目26−15
営業期間:夏期営業|11月3日(水・祝)まで
営業時間:(ロープウエイ)午前11時~午後7時48分
定休日:営業期間内はなし
※ロープウエイ整備のため運休になる場合あり。公式サイト要確認
電話番号:0134-33-7381
 Instagram:@otaru_tenguyama
Facebook:@tenguyamaropeway 
Webサイト:https://tenguyama.ckk.chuo-bus.co.jp/
画像提供:小樽天狗山

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は公式サイトでご確認ください)

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

磯部 敦子

ライター

ライター経験を経て、WEBメディアのディレクターとして活動中。札幌在住の北海道大好きっ子です!お休みの日は、話題のスポットや絶品グルメを求めてお出かけ。自身の運営サイト「おしゃまち歩き 北海道」に情報を掲載し、北海道の魅力を発信しています。SASARUでも、お友達に教えたい。大切な人と一緒に行ってみたい。そんなみなさまのハートにささる情報をお届けします!