2021.8.26

おでかけ

ただのアクション・コメディじゃない! 映画「フリー・ガイ」の温かなユーモアとポジティブなメッセージ

森涼美

ライター

物語の主人公は、いつも陽の当たる存在。

そんな常識を覆すSF映画が、今夏公開となりました。世間的にいう脇役に焦点を当ててストーリーが展開する、映画「フリー・ガイ」。

オンライン参加型ゲームをテーマにした映画でありながら、現実世界の登場人物の間に生まれるドラマも見どころの本作。独特な設定と、爽快でスピーディーな物語展開は、見る者を魅了すること間違いなしの作品です。

モブキャラが世界を救う! 笑って泣ける痛快アクション


© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

思いっきり笑って、興奮して、そしてホロリと泣ける映画」と、レビューで賞賛の声が止まらない「フリー・ガイ」。何でもありのゲームの世界を舞台に、地味な“モブキャラ(背景キャラ)”が世界の危機を救うべく戦う姿を描いたアドベンチャーアクションです。

平凡な人生を送る一人の男“ガイ”は、強盗や暴行が日常のゲームの世界「フリー・シティ」で窓口係を務める銀行員。そんな彼は、偶然遭遇した女性モロトフ・ガールに一目惚れしたことをきっかけに、退屈な日常に疑問を抱き始めます。
自我が芽生えたガイは、常連のコーヒーショップでいつものコーヒーではなくカプチーノの注文を試みたり、ブルーシャツではなくヘンリーネックのTシャツを着てみたりと、ゲームのプログラムにはない規格外の行動に。

ついに強盗に反撃した彼は、プレイヤーのみが身に付けるサングラスを手に入れたことで、この世界はビデオゲームの中で、自分はそのモブキャラだと気づくことに。そんな彼が、愛する女性と街の平和を守るヒーローになるべく健闘していく姿が本作品の見どころです。

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

“モブキャラ”を通じて表現される心の葛藤と人生哲学


© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

「オンラインゲームのモブキャラたちにそれぞれ性格があって、プレイヤーには見えないところで普通に生活している」という独特な設定と、「自分が生きている世界は、実は仮構の空間だったことに気付く」という巧みなストーリー展開。

物語の中盤には、ゲームの仮想世界を抜け出せないガイが、現実の世界に存在するプレイヤーに恋をしたことで生まれる心中の葛藤も描かれます。
成就するはずのない恋愛に悩みながらも、彼女への想いは確かであることを受け止めて真っ直ぐに進む姿からは、大切な人を想う気持ちの偉大さも感じさせられます。
温かなユーモアや痛快なアクションシーン、ラブロマンス的な要素が散りばめられているだけでなく、随所に哲学的なテーマまで盛り込まれている本作。ドキドキハラハラの展開の中には、生き方について考えさせられるような一面があるのも魅力です。

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

何者でもない普通の人だって、ヒーローになれる


© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

本作を鑑賞して最も痛烈に感じるのは、「何者でもない普通の人だって、ヒーローになれる」というメッセージ。「自分の人生の傍観者でいる必要はない」という劇中のガイの言葉からも、同様の主張を受け取ることができます。

自分の人生の主人公は自分である」。他人に揉まれて忙しく生きる現代の中では、そんな当たり前の事実すら忘れてしまうことがあります。全ての“普通の人”への希望が込められたこの映画は、そんな心掴まれる事柄を再確認できる作品です。
フリー・ガイ
監督:ショーン・レヴィ
出演:ライアン・レイノルズ、ジョディ・カマー、ジョー・キーリー、タイカ・ワイティティ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開日:2021年8月13日
URL:https://www.20thcenturystudios.jp/movie/Freeguy.html

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

モブキャラが世界を救う! 笑って泣ける痛快アクション


© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

思いっきり笑って、興奮して、そしてホロリと泣ける映画」と、レビューで賞賛の声が止まらない「フリー・ガイ」。何でもありのゲームの世界を舞台に、地味な“モブキャラ(背景キャラ)”が世界の危機を救うべく戦う姿を描いたアドベンチャーアクションです。

平凡な人生を送る一人の男“ガイ”は、強盗や暴行が日常のゲームの世界「フリー・シティ」で窓口係を務める銀行員。そんな彼は、偶然遭遇した女性モロトフ・ガールに一目惚れしたことをきっかけに、退屈な日常に疑問を抱き始めます。

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

自我が芽生えたガイは、常連のコーヒーショップでいつものコーヒーではなくカプチーノの注文を試みたり、ブルーシャツではなくヘンリーネックのTシャツを着てみたりと、ゲームのプログラムにはない規格外の行動に。

ついに強盗に反撃した彼は、プレイヤーのみが身に付けるサングラスを手に入れたことで、この世界はビデオゲームの中で、自分はそのモブキャラだと気づくことに。そんな彼が、愛する女性と街の平和を守るヒーローになるべく健闘していく姿が本作品の見どころです。

“モブキャラ”を通じて表現される心の葛藤と人生哲学


© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

「オンラインゲームのモブキャラたちにそれぞれ性格があって、プレイヤーには見えないところで普通に生活している」という独特な設定と、「自分が生きている世界は、実は仮構の空間だったことに気付く」という巧みなストーリー展開。

物語の中盤には、ゲームの仮想世界を抜け出せないガイが、現実の世界に存在するプレイヤーに恋をしたことで生まれる心中の葛藤も描かれます。
成就するはずのない恋愛に悩みながらも、彼女への想いは確かであることを受け止めて真っ直ぐに進む姿からは、大切な人を想う気持ちの偉大さも感じさせられます。

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

温かなユーモアや痛快なアクションシーン、ラブロマンス的な要素が散りばめられているだけでなく、随所に哲学的なテーマまで盛り込まれている本作。ドキドキハラハラの展開の中には、生き方について考えさせられるような一面があるのも魅力です。

何者でもない普通の人だって、ヒーローになれる


© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

本作を鑑賞して最も痛烈に感じるのは、「何者でもない普通の人だって、ヒーローになれる」というメッセージ。「自分の人生の傍観者でいる必要はない」という劇中のガイの言葉からも、同様の主張を受け取ることができます。

自分の人生の主人公は自分である」。他人に揉まれて忙しく生きる現代の中では、そんな当たり前の事実すら忘れてしまうことがあります。全ての“普通の人”への希望が込められたこの映画は、そんな心掴まれる事柄を再確認できる作品です。

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

フリー・ガイ
監督:ショーン・レヴィ
出演:ライアン・レイノルズ、ジョディ・カマー、ジョー・キーリー、タイカ・ワイティティ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開日:2021年8月13日
URL:https://www.20thcenturystudios.jp/movie/Freeguy.html

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

森涼美

ライター

北海道の「美味しいモノ、楽しい場所、面白い人」がメインテーマ。文章を通して、そんな3つのテーマを届けられたらと思っています。普段は雑誌・映画・音楽が好きなインドア派ですが、食のことになるとアウトドア派。素直な直観や興味を大切に、グルメやライフスタイル情報を発信していきます。SASARUを通して、読者の方がまだ見ぬ魅力的なモノや場所に出会えることを願っています。