2021.4.1

おでかけ

穴から“ひょっこり”エゾリスちゃんファンになる野生動物の【癒しショット】

伊藤はるな

道産子ママライター

エゾリス アップ

北海道に生息する、エゾリスやシマエナガ。その見た目や仕草のかわいらしさに、SNSやTVなどを通して癒されている人が増えています。
前回ご紹介し好評だった、シマエナガなどの野生動物のかわいい瞬間を捉えた写真集。今回は後編として、撮影した写真をSNSに掲載している「新米たぬき」ことmiyukaさんに、北海道の野生動物のユニークでキュンとする一面をお伺いしました!

すばしっこいけどおっちょこちょい?愛嬌たっぷりのエゾリス

札幌市内の公園でも見かける、エゾリス。夏はもちろん、冬場も冬眠せずに一年中活動しているので、見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

miyukaさんが感じるエゾリスの魅力は、表情の豊かさ。「好物のくるみを見つけた時の喜んだ表情や美味しそうに食べている顔、敵を警戒しているときの不安げな顔など、毎日通っていても日々違う表情を見せてくれるところが大好きです」と話します。

一体どうしたの?と話しかけたくなるこの表情

エゾリスは北海道の厳しい自然環境の中で生きている動物だし、すばしっこく動き回っているし、運動神経抜群な動物だという印象がありますよね。
しかし、miyukaさんによるとおっちょこちょいな一面もあるのだそう。

「エゾリスって、実は割と木から落ちたりするんですよ(笑)。他のリスと追いかけっこをしていたり他の木にジャンプをしたりする時、目測を誤って落ちてしまうことも。見ている方からすると、ソワソワする瞬間が結構あります」
しかしそんなエゾリスも、果敢に戦う場面が…!

森林に住むエゾリスの巣とカラスの縄張りが被ってしまうことがあるため、カラスとエゾリスが戦っている場面を目撃することがある、というmiyukaさん。
「カラスは仲間を連れて攻撃するのですが、エゾリスも臆せず威嚇のために木に飛びかかりカラスを追い払います。普段は私が近づいたら逃げる子でも、その時ばかりは私の側に来るなど、上手く人間を利用しているなと感心しました」

エゾリスは秋の間にクルミを地面に隠し、冬はそれを掘り返して食べます。その掘り返している姿や堀った穴からクルミをくわえて出てくる姿は、冬ならではのとてもかわいらしい光景だそうですよ。

大きなクルミをくわえてひょっこり

くりくりの目がたまらない!エゾモモンガ

北海道に生息する動物の中でも、エゾモモンガはシマエナガと並ぶほど人気です。

見ての通りのくりっとした目、丸まって木に止まるこんもりとしたシルエット…思わず愛おしくなってしまう程のかわいさ!
実は交通ICカードの「Kitaca」にもエゾモモンガがモチーフになったキャラクターが採用されているんですよ。
 
「ぬいぐるみのような可愛らしい瞳に魅力を感じています。そもそも動物園ではない場所で野生のモモンガがみれることに驚きました。食べている姿、歩いている姿、滑空している姿…どの瞬間でもかわいいモモンガに、尊敬の念すら感じています!」とmiyukaさん。
miyukaさんが初めてエゾモモンガに出会ったのは、夜の公園でした。木の上でガサガサと音がするので目を凝らしてみたところ、ネズミみたいな生物が! その時はエゾモモンガが身近な生き物だとは知らず、飛んでいる姿を見てもモモンガだと信じられなそうです笑。

モモンガは冬になると寒さ対策から家族では無い子たちも集まって1つの巣の中で暮らします。
「『この木の中でみんなで仲良く寝ているのか』と思うと、見守りたいな、という温かな気持ちになります。毎日観察していると、巣から飛ぶ発着場所がいつも同じだと気がつき、『この場所飛びやすいな』と考えているのかな?かわいいな〜なんて発見もあるんですよ」と、毎日通っているmiyukaさんならではのエピソードも教えてくれました。

会えたらラッキー!レアなクマゲラ

北海道や東北地方に生息しているクマゲラ。キツツキの一種ですが、絶滅危惧種でなかなかお目にかかれない動物です。

miyukaさんも、そんな珍しいクマゲラに出会った経験があるのだそう!
クマゲラは北海道に500羽しかいないと言われているので、出会えるのはラッキーです。どこか憎めないひょっこりした顔が魅力で、会えた時はあまり緊張感がありません(笑)。でもそんな姿に癒されますし、落ち着いた気持ちで写真を撮ることができるので感謝してます」とその時のことを振り返ります。
森の中で甲高い独特な鳴き声を聞いたら、それはクマゲラ! クマゲラは木を突いて中にいるアリなどを食べるのですが、その突き方があまりに豪快で、思わずスローでその様子を撮影したそう。
「突く前に助走をつけていたり、突く瞬間に目を閉じていたり、口から舌が出ていたり、普通に見ていたら気付かなかった行動が分かり面白かったです」

その様子は、miyukaさんのYouTubeで公開中。気になる方はぜひ動画でチェックしてみてくださいね。

北海道の景色と動物のコラボレーションが見れるかも!

かわいらしい動物達の生き生きとした写真に、SNSでは日に日にファンが増加中。筆者もそのうちの1人で、毎日のようにアップされる動物達の表情にメロメロ!「このリスちゃんかわいい〜こんな表情するんだ!」なんて、日々の癒しになっています。

 花や景色も好きだというmiyukaさん。春になったら、道内の色んなところに景色も撮りに行きたいなと考えているそうです。
特に素敵な景色と可愛らしい動物がコラボした写真も撮ってみたいです。また春は動物たちが赤ちゃんを産む季節なので、桜と子リス、桜とキタキツネ、新緑の中にいるシマエナガの赤ちゃんなどを撮ってみたいですね。
コロナの状況次第ではありますが、車中泊をしながら野生動物の宝庫である道東方面に新たな出会いを探しに行きたいとも思っています」
最後に、miyukaさんからのメッセージをご紹介します。

「野生動物は可愛らしい姿で癒しを与えてくれるだけではなく、生きるために一生懸命で、その真っ直ぐな姿が、人に勇気や元気を与えてくれています。
私のTwitter・Instagramでは、毎日その日に撮ったエゾリスの写真を更新しています。YouTubeでは週に1回ほどエゾリスに限らず魅力的な動物たちの姿を投稿しているので、そちらもよろしければご覧ください」

miyuka(新米たぬき)さん
Twitter:@shinmai_tanuki
Instagram:@shinmai.tanuki
YouTube:
https://m.youtube.com/channel/UC2fzGti23cYURAT_7kf-ZTg

提供画像:miyukaさん

すばしっこいけどおっちょこちょい?愛嬌たっぷりのエゾリス

札幌市内の公園でも見かける、エゾリス。夏はもちろん、冬場も冬眠せずに一年中活動しているので、見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

miyukaさんが感じるエゾリスの魅力は、表情の豊かさ。「好物のくるみを見つけた時の喜んだ表情や美味しそうに食べている顔、敵を警戒しているときの不安げな顔など、毎日通っていても日々違う表情を見せてくれるところが大好きです」と話します。

一体どうしたの?と話しかけたくなるこの表情

エゾリスは北海道の厳しい自然環境の中で生きている動物だし、すばしっこく動き回っているし、運動神経抜群な動物だという印象がありますよね。
しかし、miyukaさんによるとおっちょこちょいな一面もあるのだそう。

「エゾリスって、実は割と木から落ちたりするんですよ(笑)。他のリスと追いかけっこをしていたり他の木にジャンプをしたりする時、目測を誤って落ちてしまうことも。見ている方からすると、ソワソワする瞬間が結構あります」

大きなクルミをくわえてひょっこり

しかしそんなエゾリスも、果敢に戦う場面が…!

森林に住むエゾリスの巣とカラスの縄張りが被ってしまうことがあるため、カラスとエゾリスが戦っている場面を目撃することがある、というmiyukaさん。
「カラスは仲間を連れて攻撃するのですが、エゾリスも臆せず威嚇のために木に飛びかかりカラスを追い払います。普段は私が近づいたら逃げる子でも、その時ばかりは私の側に来るなど、上手く人間を利用しているなと感心しました」

エゾリスは秋の間にクルミを地面に隠し、冬はそれを掘り返して食べます。その掘り返している姿や堀った穴からクルミをくわえて出てくる姿は、冬ならではのとてもかわいらしい光景だそうですよ。

くりくりの目がたまらない!エゾモモンガ

北海道に生息する動物の中でも、エゾモモンガはシマエナガと並ぶほど人気です。

見ての通りのくりっとした目、丸まって木に止まるこんもりとしたシルエット…思わず愛おしくなってしまう程のかわいさ!
実は交通ICカードの「Kitaca」にもエゾモモンガがモチーフになったキャラクターが採用されているんですよ。
 
「ぬいぐるみのような可愛らしい瞳に魅力を感じています。そもそも動物園ではない場所で野生のモモンガがみれることに驚きました。食べている姿、歩いている姿、滑空している姿…どの瞬間でもかわいいモモンガに、尊敬の念すら感じています!」とmiyukaさん。
miyukaさんが初めてエゾモモンガに出会ったのは、夜の公園でした。木の上でガサガサと音がするので目を凝らしてみたところ、ネズミみたいな生物が! その時はエゾモモンガが身近な生き物だとは知らず、飛んでいる姿を見てもモモンガだと信じられなそうです笑。

モモンガは冬になると寒さ対策から家族では無い子たちも集まって1つの巣の中で暮らします。
「『この木の中でみんなで仲良く寝ているのか』と思うと、見守りたいな、という温かな気持ちになります。毎日観察していると、巣から飛ぶ発着場所がいつも同じだと気がつき、『この場所飛びやすいな』と考えているのかな?かわいいな〜なんて発見もあるんですよ」と、毎日通っているmiyukaさんならではのエピソードも教えてくれました。

会えたらラッキー!レアなクマゲラ

北海道や東北地方に生息しているクマゲラ。キツツキの一種ですが、絶滅危惧種でなかなかお目にかかれない動物です。

miyukaさんも、そんな珍しいクマゲラに出会った経験があるのだそう!
クマゲラは北海道に500羽しかいないと言われているので、出会えるのはラッキーです。どこか憎めないひょっこりした顔が魅力で、会えた時はあまり緊張感がありません(笑)。でもそんな姿に癒されますし、落ち着いた気持ちで写真を撮ることができるので感謝してます」とその時のことを振り返ります。
森の中で甲高い独特な鳴き声を聞いたら、それはクマゲラ! クマゲラは木を突いて中にいるアリなどを食べるのですが、その突き方があまりに豪快で、思わずスローでその様子を撮影したそう。
「突く前に助走をつけていたり、突く瞬間に目を閉じていたり、口から舌が出ていたり、普通に見ていたら気付かなかった行動が分かり面白かったです」

その様子は、miyukaさんのYouTubeで公開中。気になる方はぜひ動画でチェックしてみてくださいね。

北海道の景色と動物のコラボレーションが見れるかも!

かわいらしい動物達の生き生きとした写真に、SNSでは日に日にファンが増加中。筆者もそのうちの1人で、毎日のようにアップされる動物達の表情にメロメロ!「このリスちゃんかわいい〜こんな表情するんだ!」なんて、日々の癒しになっています。

 花や景色も好きだというmiyukaさん。春になったら、道内の色んなところに景色も撮りに行きたいなと考えているそうです。
特に素敵な景色と可愛らしい動物がコラボした写真も撮ってみたいです。また春は動物たちが赤ちゃんを産む季節なので、桜と子リス、桜とキタキツネ、新緑の中にいるシマエナガの赤ちゃんなどを撮ってみたいですね。
コロナの状況次第ではありますが、車中泊をしながら野生動物の宝庫である道東方面に新たな出会いを探しに行きたいとも思っています」
最後に、miyukaさんからのメッセージをご紹介します。

「野生動物は可愛らしい姿で癒しを与えてくれるだけではなく、生きるために一生懸命で、その真っ直ぐな姿が、人に勇気や元気を与えてくれています。
私のTwitter・Instagramでは、毎日その日に撮ったエゾリスの写真を更新しています。YouTubeでは週に1回ほどエゾリスに限らず魅力的な動物たちの姿を投稿しているので、そちらもよろしければご覧ください」

miyuka(新米たぬき)さん
Twitter:@shinmai_tanuki
Instagram:@shinmai.tanuki
YouTube:
https://m.youtube.com/channel/UC2fzGti23cYURAT_7kf-ZTg

提供画像:miyukaさん

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

伊藤はるな

道産子ママライター

札幌生まれの札幌育ち、生粋の道産子です。結婚・出産を経て、現在WEBメディアを中心としたライター活動をしています。また北海道の食や自然が大好きで、個人で運営中のサイト「てんころブログ」では、家族で訪れたおいしいお店やお出かけスポット、子育てに便利な情報などを紹介しています。