2020.7.15

おでかけ

ワンちゃん連れで思いっきり遊ぼう♪フードも充実!銭函のドッグランカフェ「Clubわん日和」

上坂由香

エディター

ドッグカフェ Clubわん日和

夏の行楽やドライブにワンちゃんも一緒だとよりいっそう楽しいですよね♪
そこで!今ホットな人気スポット「銭函エリア」にあるドッグランカフェ「Clubわん日和」をご紹介します。
もともとはオーナーが、愛犬のためにつくったハンドメイド感たっぷりの150坪のランでしたが、カフェも併設してオープンしました。

きれいな芝生の上でワンちゃんが楽しく遊べるのはもちろん、飼い主さんものんびりくつろげる店内では、おいしいフードが味わえます。

また、ラン内の「オープンエアー」では、ワンちゃんと一緒にジンギスカンも楽しめちゃいますよ♪

アットホームな雰囲気と、銭函の海から流れてくる潮の香…
「Clubわん日和」で、ワンちゃんと一緒にリゾート気分を味わってみて♪

 

150坪のランは種から撒いてつくった芝生が気持ちいい♪

札幌の中心部から車で40分。JR銭函駅から徒歩10分ほどにある「Clubわん日和」は、通りにあるのぼりが目印。
海水浴場のある通りから1本国道側の閑静な住宅街にあります。

オーナーの鹿内真奈美さんがひとりで経営しているわん日和は、2018年にオープンしました。
「もともとは、自分の犬たちを遊ばせるために、トラクターで土をおこして種を撒き、3年半かかってこのランができました」とのこと。イタリアングレーハウンドを2頭飼っている愛犬家さんです。

ワンちゃんと一緒に写真撮影できるよう、ミニステージやベンチ、水飲み場など、
ひとつひとつ、犬たちのために手作りした愛情いっぱいのランなのです♪


 
この日も、地元や札幌近郊からお客さんとわんちゃんたちが楽しそうに遊んでいました。

ビジター料金は、平日小型犬500円、中型犬(20㎏まで)1,000円、大型犬(21kg以上)1,500円。
土日祝は、小型犬800円、中型犬1,300円、大型犬1,800円。2頭目より半額になります。
同行者1名に対し2頭までの利用です。
*狂犬病の予防接種と混合ワクチンの証明書持参を。

愛犬と一緒にオープンエアーでジンギスカンも味わえる!

北海道広しといえど、ドッグランのメニューにジンギスカンがあるところはなかなかありませんよね!
オープンエアーだからこそできるジンギスカンは1人前1,500円(税込)で、味付けのお肉とたっぷりの野菜、おにぎりが付いて2時間ゆっくり味わえます。アルコール度数のないオールフリーのビールもあるので、ドライバーの人も安心して楽しめますよ。
*前日の午後6時までの予約
ランに隣接しているカフェのエントランスには、ワンちゃん用の足ふきタオルも用意。
細やかな気配りがうれしいですよね!
 
天井が高く開放的な店内には、カウンターやテーブル席、座り心地のいいソファー席が20席ほど。ワンちゃんが安心できるカートもあって、いたれりつくせり♪
備え付けのテレビには、お客さんたちが送った愛犬たちのかわいい写真がスライド放映されていました。

数量限定!ボリューム満点でおいしいプレートが大人気♡

「Clubわん日和」はオーナーがひとりで店を切り盛りしていることもあり、フードメニューは数量限定。この日のプレートは「牛のハラミ焼き(980円 税込)」と、おかめやさんのパンを使った「ガーリックバタートーストセット(880円 税込)」。

ワンプレートでも、ボリューミーなこの牛ハラミ焼きは、リピーター続出の一品です。
ドッグランで本格的なランチが味わえるのもうれしいですね!
そのほかにも、カレーやナポリタンなどもあって、ワンちゃんと運動した後の腹ペコさんにぴったりのメニューやドリンクがそろっています♪

季節のフルーツをふんだんに使ったパフェにうっとり♡

その日に仕入れた果物でパフェの内容は変わりますが、
この日はなんと、大きなメロンが乗ったゴージャスな「シャインマスカットのパフェ(680円 税込)」!
もっちりとコクのあるソフトクリームの下には、濃厚なプリンやアイス、パイナップルやブルーベリーなどのフルーツがぎっしり♡
パフェだけでお腹いっぱいになっちゃいそうでした!

 

愛情たっぷり♪ワンちゃんには野菜で作った「ワンバーグ」も

おいしいフードメニューはワンちゃんにもありますよ♪
こちらの「ワンバーグ(300円 税込)」は、かぼちゃ、インゲン、ニンジンでできたベジタブルハンバーグ。ふんわりと蒸し焼きになっているので、おいしい香りにワンちゃんもまっしぐら!
「7月よりドッグラン内をライトアップして利用できるナイトランを始めました」と鹿内さん。
夏は気温が上がる昼間より日が落ちてからのほうが思いっきり遊べますね。

ナイトランは涼しくなるまで継続する予定ですが、お店に向かう前にFacebookで確認してください。

Clubわん日和
住所:小樽市銭函2丁目49番29号
営業時間:午前11時~午後5時
定休日:毎週月曜日、木曜日
電話:090-9510-4540 
Facebook
地図はこちら

150坪のランは種から撒いてつくった芝生が気持ちいい♪

札幌の中心部から車で40分。JR銭函駅から徒歩10分ほどにある「Clubわん日和」は、通りにあるのぼりが目印。
海水浴場のある通りから1本国道側の閑静な住宅街にあります。

オーナーの鹿内真奈美さんがひとりで経営しているわん日和は、2018年にオープンしました。
「もともとは、自分の犬たちを遊ばせるために、トラクターで土をおこして種を撒き、3年半かかってこのランができました」とのこと。イタリアングレーハウンドを2頭飼っている愛犬家さんです。

ワンちゃんと一緒に写真撮影できるよう、ミニステージやベンチ、水飲み場など、
ひとつひとつ、犬たちのために手作りした愛情いっぱいのランなのです♪


 
この日も、地元や札幌近郊からお客さんとわんちゃんたちが楽しそうに遊んでいました。

ビジター料金は、平日小型犬500円、中型犬(20㎏まで)1,000円、大型犬(21kg以上)1,500円。
土日祝は、小型犬800円、中型犬1,300円、大型犬1,800円。2頭目より半額になります。
同行者1名に対し2頭までの利用です。
*狂犬病の予防接種と混合ワクチンの証明書持参を。

愛犬と一緒にオープンエアーでジンギスカンも味わえる!

北海道広しといえど、ドッグランのメニューにジンギスカンがあるところはなかなかありませんよね!
オープンエアーだからこそできるジンギスカンは1人前1,500円(税込)で、味付けのお肉とたっぷりの野菜、おにぎりが付いて2時間ゆっくり味わえます。アルコール度数のないオールフリーのビールもあるので、ドライバーの人も安心して楽しめますよ。
*前日の午後6時までの予約
ランに隣接しているカフェのエントランスには、ワンちゃん用の足ふきタオルも用意。
細やかな気配りがうれしいですよね!
 
天井が高く開放的な店内には、カウンターやテーブル席、座り心地のいいソファー席が20席ほど。ワンちゃんが安心できるカートもあって、いたれりつくせり♪
備え付けのテレビには、お客さんたちが送った愛犬たちのかわいい写真がスライド放映されていました。

数量限定!ボリューム満点でおいしいプレートが大人気♡

「Clubわん日和」はオーナーがひとりで店を切り盛りしていることもあり、フードメニューは数量限定。この日のプレートは「牛のハラミ焼き(980円 税込)」と、おかめやさんのパンを使った「ガーリックバタートーストセット(880円 税込)」。

ワンプレートでも、ボリューミーなこの牛ハラミ焼きは、リピーター続出の一品です。
ドッグランで本格的なランチが味わえるのもうれしいですね!
そのほかにも、カレーやナポリタンなどもあって、ワンちゃんと運動した後の腹ペコさんにぴったりのメニューやドリンクがそろっています♪

季節のフルーツをふんだんに使ったパフェにうっとり♡

その日に仕入れた果物でパフェの内容は変わりますが、
この日はなんと、大きなメロンが乗ったゴージャスな「シャインマスカットのパフェ(680円 税込)」!
もっちりとコクのあるソフトクリームの下には、濃厚なプリンやアイス、パイナップルやブルーベリーなどのフルーツがぎっしり♡
パフェだけでお腹いっぱいになっちゃいそうでした!

 

愛情たっぷり♪ワンちゃんには野菜で作った「ワンバーグ」も

おいしいフードメニューはワンちゃんにもありますよ♪
こちらの「ワンバーグ(300円 税込)」は、かぼちゃ、インゲン、ニンジンでできたベジタブルハンバーグ。ふんわりと蒸し焼きになっているので、おいしい香りにワンちゃんもまっしぐら!
「7月よりドッグラン内をライトアップして利用できるナイトランを始めました」と鹿内さん。
夏は気温が上がる昼間より日が落ちてからのほうが思いっきり遊べますね。

ナイトランは涼しくなるまで継続する予定ですが、お店に向かう前にFacebookで確認してください。

Clubわん日和
住所:小樽市銭函2丁目49番29号
営業時間:午前11時~午後5時
定休日:毎週月曜日、木曜日
電話:090-9510-4540 
Facebook
地図はこちら

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

上坂由香

エディター

札幌市生まれ。中央競馬所属のトウショウシロッコに魅せられ、2007年から競馬を始める。馬に関する著述を各種媒体で行うほか、観光Webサイトのライターも手掛ける。2010年に引退したトウショウシロッコを引き取り、警視庁騎馬隊へ譲渡後、引退馬支援のボランティア活動を開始。第6回週刊Gallopエッセイ大賞受賞。