2020.5.10

おでかけ

「まるで天使!」かわいい動物たちに癒されよう♡心なごむSASARUフォト動物園

SASARU編集部

外出自粛が延長されて、お菓子やマスクを手作りしたり、不用品の整理など、「おうちの中でできること」で、一日が終わってしまったという人もいますよね。
5月の北海道は、絶好の行楽シーズンですが、今しばらく「おうちで楽しめる」ことをやっていきましょう!
そこで、今回は、SASARUフォト動物園と題して、北海道長沼町にある観光牧場の老舗『ハイジ牧場』さんからいただいたかわいい動物の赤ちゃん写真で癒されてください♪


提供写真:ハイジ牧場

札幌から車で1時間ほどにある長沼町は、「これぞ北海道!」という空の広さと、緑の大地がフォトジェニックなまち。農業が盛んで、作物が育つ畑の風景がとてもキレイなんです。
ハイジ牧場は、牛や馬、ポニー、羊、ヤギ、モルモットにウサギなど、かわいい動物たちとふれあえる観光牧場の草分け的な場所。広大な敷地内でのんびりと散策したり、レストランで食事も楽しめます。

現在は休園中ですが、動物たちの出産シーズン。まずはヒツジさんの赤ちゃんとお母さん。「うまれたよ~♪」とお母さんの背中に乗ってドヤ顔の仔羊ちゃん。かわいいですね!
「あれ?そこはエサ箱ですよ(笑)」こんな瞳で見つめられたら許しちゃいますよね。春の出産シーズンは、スタッフさんも大忙し。開園の準備に向けて奮闘しています。

提供写真:ハイジ牧場


提供写真:ハイジ牧場

5月は、ヤギの出産シーズン真っ盛り。まるで天使のようなコヤギちゃん♡見ているだけで心が癒されますね!
ウサギちゃんもたくさん生まれています!ふわふわモフモフ♡思わず抱っこしたくなりますよね!
ハイジ牧場は、小さなお子さんから家族みんなで動物たちとふれあうことができるので、生き物を慈しむ心も育ちますよ♪

コロナウイルス感染拡大を受けて、ハイジ牧場は休業延長になり、開園はしばらく後になるそうですが、オープンのお知らせはホームページで案内するそうです。
開園したら、かわいい動物たちに会いに行ってくださいね!

提供写真:ハイジ牧場

ハイジ牧場
 
住所:北海道夕張郡長沼町東9線南2番地
営業時間:午前10時~午後4時
駐車場無料(約350台)
入場料金(通常料金):大人(中学生以上)1,000円
小人(3歳~小学生)500円
幼児(3歳未満)無料
公式HP https://www.heidi-farm.com/
地図はこちら

提供写真:ハイジ牧場

札幌から車で1時間ほどにある長沼町は、「これぞ北海道!」という空の広さと、緑の大地がフォトジェニックなまち。農業が盛んで、作物が育つ畑の風景がとてもキレイなんです。
ハイジ牧場は、牛や馬、ポニー、羊、ヤギ、モルモットにウサギなど、かわいい動物たちとふれあえる観光牧場の草分け的な場所。広大な敷地内でのんびりと散策したり、レストランで食事も楽しめます。

現在は休園中ですが、動物たちの出産シーズン。まずはヒツジさんの赤ちゃんとお母さん。「うまれたよ~♪」とお母さんの背中に乗ってドヤ顔の仔羊ちゃん。かわいいですね!

提供写真:ハイジ牧場

「あれ?そこはエサ箱ですよ(笑)」こんな瞳で見つめられたら許しちゃいますよね。春の出産シーズンは、スタッフさんも大忙し。開園の準備に向けて奮闘しています。

提供写真:ハイジ牧場

5月は、ヤギの出産シーズン真っ盛り。まるで天使のようなコヤギちゃん♡見ているだけで心が癒されますね!

提供写真:ハイジ牧場

ウサギちゃんもたくさん生まれています!ふわふわモフモフ♡思わず抱っこしたくなりますよね!
ハイジ牧場は、小さなお子さんから家族みんなで動物たちとふれあうことができるので、生き物を慈しむ心も育ちますよ♪

コロナウイルス感染拡大を受けて、ハイジ牧場は休業延長になり、開園はしばらく後になるそうですが、オープンのお知らせはホームページで案内するそうです。
開園したら、かわいい動物たちに会いに行ってくださいね!
ハイジ牧場
 
住所:北海道夕張郡長沼町東9線南2番地
営業時間:午前10時~午後4時
駐車場無料(約350台)
入場料金(通常料金):大人(中学生以上)1,000円
小人(3歳~小学生)500円
幼児(3歳未満)無料
公式HP https://www.heidi-farm.com/
地図はこちら

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。