2019.10.23

おでかけ

岩見沢に?本格フィンランドサウナで身も心もリフレッシュ!「メープルロッジ」で癒されよう!

SASARU編集部


提供写真:メープルロッジ

岩見沢市の市街地から車で20分ほど離れた、静かな森の中。
ドライブにもおすすめな、自然いっぱいの景色の先に、檜(ひのき)・御影石(みかげいし)・露天風呂の3つの湯量豊かな天然温泉に加え、本格的なフィンランドサウナを備えた「ログホテル メープルロッジ(LOG HOTEL THE MAPLELODGE)」はあります。

寒くなってくる季節に訪れたい、日帰り利用も可能な身体の芯までぽかぽかになる温泉と、日々の疲れを心ゆくまで癒すことができるフィンランドサウナで、非日常を味わえるログホテルのご紹介です。

木の温もりに溢れたログホテルの天然温泉

“ログホテル”という名前の通り、入り口の扉をくぐると、高い天井のロビーと、思わずさわりたくなってしまうような丸太の柱。
入浴券(大人800円・小人250円・幼児無料 ※税込価格)を購入し、暖炉の火がゆらめくロビーでゆっくりしたい気持ちを抑えてお風呂に向かうと、内風呂にはやわらかな檜の香りに包まれる檜風呂と御影石のお風呂があります。

提供写真:メープルロッジ

本格的なフィンランドサウナで非日常を味わう


提供写真:メープルロッジ

シャワーでひととおり汗を流したら、念願のフィンランドサウナ体験へと向かいます。フィンランドサウナは、70〜80度の心地よい室温で、サウナ内にはストーブがあり、その上に熱々の石が置いてあるのが特徴です。熱くなった石に水をかけることで、湿度を調節します。
 
 
サウナ内は木とレンガを基調として作られた温かみのある空間。四季の彩りを眺められる森に面した窓があり、まるで本場フィンランドにきたかのような非日常な気分を味わうことができます。
サウナでは、熱々の石に備え付けの水をかけて音や水蒸気を楽しんでください。
体調に合わせて無理のない範囲で汗を流したら、サウナの隣にある水風呂へ。水風呂に入ると、血行が良くなり肌がきゅっと引き締まるのを感じます。サウナの水風呂には、自律神経を整える効果もあるのだとか。
ウッドデッキにはベンチも備えられているので、森の景色を眺めながらゆったり休憩してクールダウンするのも良いですね。

提供写真:メープルロッジ

森の景色を楽しめる露天風呂も!


提供写真:メープルロッジ

さらに、天然温泉の露天風呂もあるので、瑞々しい空気の中で、温泉の香りに包まれましょう。身体の力をふっとゆるめ、心ゆくまでリラックスした時間を過ごすことができます。
温泉内は、脱衣所をはじめ、浴場やサウナも手入れが行き届きとても清潔!木のぬくもりあふれる空間を、安心して満喫できます。

お得なランチと入浴券のセットもおすすめ

「メープルロッジ」には、食事と温泉がセットで1,250円(税込)のお得なプランも。地元の食材が使われたハンバーグやカレーライスを味わうことができ、子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、三世代で訪れるのもおすすめです。
 
■販売時間 午前11時30分~午後2時
      午後5時~午後8時30分(L.O.午後7時)

日帰りだけでなく宿泊での利用も可能


提供写真:メープルロッジ

もっとゆったりと過ごしたい方はもちろん宿泊することも可能。周囲を森に囲まれた、木の質感を感じられるお部屋で、ゆったりと時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

自然を満喫できるグランピングも気になる!

「メープルロッジ」には、ログホテルのお部屋のほかにグランピングを楽しめるプランも夏限定(6月中旬~9月中旬)で登場します!札幌近郊ながら自然豊かな環境で、手軽に楽しめるのが嬉しいですね。
 
寒くなってくる季節に訪れたい、自然に囲まれた中で温泉やサウナを楽しめる「メープルロッジ」にぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
【店舗情報】
LOG HOTEL THE MAPLELODGE(ログホテル メープルロッジ)
住所:岩見沢市毛陽町183番地2
営業時間: 日帰り入浴/午前11時~午後8時(受付 午後7時まで)
ご宿泊の方/チェックイン~深夜0時 翌朝午前6時~午後7時30分まで
定休日: 無休
電話:0126-46-2222
公式HP:https://www.maplelodge.or.jp


提供写真:メープルロッジ

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

SASARU編集部

2019年初夏に誕生した「SASARU」編集部では北海道民や北海道外に住む道産子、北海道が大好きな方…多くの人の心に刺さる北海道の話題や、つい押ささってしまう情報を集めています。編集部では、読んでくれる皆さんの日常生活に「SASARU」が染み入るように、日々企画を考え取材をしています。 読まさる記事、見ささる記事が、皆さんの心にささりますように。