2022.7.28

PR

美容のプロと“クマ”について語る!クマの種類や原因…私たちの正しいケア方法とは?

竹花美里

フリーライター

多くの方が悩んでいるであろう、目の下のクマ。SASARUライターのわたしたちも、それぞれ「幼い頃からクマが消えない」「メイクをしてもなかなかクマが隠れない」といった悩みを持っていました。

目の下にクマがあると、それだけでお疲れ顔に見えてしまいますよね。第3回目となった今回は、品川スキンクリニック札幌院の院長である小林雅郎先生に“目の下のクマ”をテーマとしてお話をお伺いしました。

クマができる原因は骨格や体質によってさまざま!

クマには3種類あり、どのクマができやすいかは顔の骨格や体質によって人それぞれ。青クマは血行不良、茶クマはくすみや色素沈着、黒クマはたるみや脂肪が原因で起こるクマです。

目がぱっちりとしていて大きい人は、目の下にある“眼窩脂肪”によってたるみができやすいのだとか。小林先生によると、野口さんはこちらのタイプだそう。一方で私は目の下に少しくぼみがあり、それが影となって暗く見えるタイプとのことでした!

セルフマッサージはクマを悪化させる恐れも…

クマ改善には、セルフマッサージによる血行改善や目周りのメイクをきっちり落として色素沈着を防ぐことが有効だと思っていました。しかし小林先生いわく、「目周辺の皮膚はとても薄いため、刺激を与えるのは厳禁ですよ」とのこと。

目元に刺激を与えると、クマを改善しようと思って行ったことが新たなクマの原因になってしまう可能性があります。とにかく、目周りの皮膚はなるべく触ったり擦ったりしないようにすることが大切なんだとか。

自分でできるケアは、「クマを悪化させない」こと

「セルフケアでクマを改善することはなかなか難しいんです」と話す小林先生。自分でケアをする場合は、クマを悪化させないことを念頭に置いて行うことが大切なのだとか。

「少しくらいメイクが残っても良いから、とにかく肌を擦らず優しく洗う方が大切です」というお話は、目から鱗でした!また、前回の座談会でテーマとなった“紫外線対策”も、クマの悪化予防にとても重要です。そのため、1年を通してしっかりと対策をしましょう。

クマを改善したい場合はどうすればいい?

クマを改善するには、セルフケアだけだと限界があります。また、わたしたちライターも「自分のクマタイプが分からない」「正しいケアが分からない」と悩んでいました。

クリニックでクマの状態を診てもらうと、何が原因で起きているクマなのかが分かります。クマは加齢や時間の経過に伴って悪化するものなので、正しくケアをしてもらうことは予防にも非常に効果的。

クマに関して素朴な疑問をお持ちの方も、気軽に相談できるのが美容クリニックです。クリニックに相談することで、現状や正しい治療方法が分かるかもしれませんよ。
品川スキンクリニック 札幌院

住所:札幌市中央区北4条西5-1 アスティ45ビル2F 
電話番号:0120-891-300
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:なし 
HP:https://shinagawa-skin.com/clinic/sapporo/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は店舗・施設にお問い合わせください)

クマができる原因は骨格や体質によってさまざま!

クマには3種類あり、どのクマができやすいかは顔の骨格や体質によって人それぞれ。青クマは血行不良、茶クマはくすみや色素沈着、黒クマはたるみや脂肪が原因で起こるクマです。

目がぱっちりとしていて大きい人は、目の下にある“眼窩脂肪”によってたるみができやすいのだとか。小林先生によると、野口さんはこちらのタイプだそう。一方で私は目の下に少しくぼみがあり、それが影となって暗く見えるタイプとのことでした!

セルフマッサージはクマを悪化させる恐れも…

クマ改善には、セルフマッサージによる血行改善や目周りのメイクをきっちり落として色素沈着を防ぐことが有効だと思っていました。しかし小林先生いわく、「目周辺の皮膚はとても薄いため、刺激を与えるのは厳禁ですよ」とのこと。

目元に刺激を与えると、クマを改善しようと思って行ったことが新たなクマの原因になってしまう可能性があります。とにかく、目周りの皮膚はなるべく触ったり擦ったりしないようにすることが大切なんだとか。

自分でできるケアは、「クマを悪化させない」こと

「セルフケアでクマを改善することはなかなか難しいんです」と話す小林先生。自分でケアをする場合は、クマを悪化させないことを念頭に置いて行うことが大切なのだとか。

「少しくらいメイクが残っても良いから、とにかく肌を擦らず優しく洗う方が大切です」というお話は、目から鱗でした!また、前回の座談会でテーマとなった“紫外線対策”も、クマの悪化予防にとても重要です。そのため、1年を通してしっかりと対策をしましょう。

クマを改善したい場合はどうすればいい?

クマを改善するには、セルフケアだけだと限界があります。また、わたしたちライターも「自分のクマタイプが分からない」「正しいケアが分からない」と悩んでいました。

クリニックでクマの状態を診てもらうと、何が原因で起きているクマなのかが分かります。クマは加齢や時間の経過に伴って悪化するものなので、正しくケアをしてもらうことは予防にも非常に効果的。

クマに関して素朴な疑問をお持ちの方も、気軽に相談できるのが美容クリニックです。クリニックに相談することで、現状や正しい治療方法が分かるかもしれませんよ。
品川スキンクリニック 札幌院

住所:札幌市中央区北4条西5-1 アスティ45ビル2F 
電話番号:0120-891-300
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:なし 
HP:https://shinagawa-skin.com/clinic/sapporo/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は店舗・施設にお問い合わせください)

竹花美里

フリーライター

秋田県にかほ市出身、大学進学を機に札幌市へ移住。趣味はモーニングカフェ巡りとメイクやファッションの研究。SASARUではグルメやメイク・ファッションなどの自分の趣味を生かしながら、北海道女性にとって有益な情報を発信します!

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード