2021.4.9

お金&ライフスタイル

春こそお札で"張る"財布!知って得「お金が溜まる術」

川部紀子

ファイナンシャルプランナー
・社会保険労務士

ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。
新型コロナウイルスの影響で、イマイチ世の中パッとしませんが春がやってきましたね。
皆様のお金や家計を身近なところからちょっと見つめてみませんか?

例えば、「お財布」は中身もスッキリ見た目も美しく整っていますか?
財布の乱れはお金の乱れ、お金の乱れは心の乱れです。
「春」と、たっぷり満たされるという意を込めた「張る」をかけて「春財布」なんて言葉もありますね。

お金持ちの財布は◯◯だ?!

財布はお金を入れて持ち運ぶものですから、まぎれもなく大切なもの。
「お金持ちの財布は◯◯」という話に科学的根拠はありませんが、お金を大切にする気持ちを財布にも反映させるのはいいことですよね!
日本人らしい「縁起担ぎ」のような解釈ができるかもしれません。

筆者はスポーツ選手を思い浮かべます。一流の選手は道具を大切にすると言いますよね。
お金と上手に付き合っていくために、お金にまつわるものも大切にしていきましょう。

あなたの財布は美しい?見苦しい?

財布は大切なものですから、ていねいに扱い美しい状態を保ちたいですよね。
割り勘の際などにチラッと見える財布も、ボロボロなものより、キレイな状態のほうが清潔感のある人に見えそうです!
というのも、財布というのは修理を重ねて長年使い込むほど味が出るというものではありません。
修理やクリーニングなんてあまり聞きませんし、形状も崩れ色も悪くなるので、ちょっと汚く見えてしまうのです。

中身はどうでしょう。どんなに良いお財布でも、レシート類、カード類、多過ぎの小銭で膨張していれば台無しです。ズバリ見苦しくありませんか?

春はお財布売り場がもっとも充実しています。ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか?

財布はトレンド重視?こだわり重視?

最近お財布売り場に行きましたか?
キャッシュレス決済が発展し、かつてほどの現金を持ち歩く必要がなくなり、カード類のアプリ化も進みました。
財布に入れるものが減った今、ミニ財布の人気が高まっています。

私はキャッシュレス派ですが、財布は今でも長財布です。
財布に毎月一万円の新券(発行されてまだ誰も使用していないお札)を入れるのですが、ピンとしたお札を曲げることに抵抗が…。
いつかミニ財布を使う日が来るのかなと思いながら財布売り場を眺めています。

さて、皆様はトレンド重視?こだわり重視?

金種をそろえると無駄遣いが減る?

「一万円札を崩すとお金が減るのが妙に早い!」と感じたことはありませんか?
これは定番の「お金あるある」です。

これを防ぐためには、一万円札が崩れるタイミングを後ろ倒しにすることが重要です。
そこでおすすめなのが、金種をそろえること。

支払う際に目的の金種がすぐに見つからないと、つい大きめの紙幣を出してしまいます。
これでは小銭が増えてお札に手を出すタイミングが早まってしまいます。
金種がそろっていれば、小さなお金から順番に払いやすいのです。

お財布が小銭でパンパンになることも防げますしオススメの方法です。

スマホの財布化も受け入れる!

お財布&現金も大事ですが、お得度という意味ではキャッシュレス決済&共通ポイント(Tポイント、Pontaなど)は外せません。

今やポイントがバカにできないほど魅力的です。
キャッシュレス決済と共通ポイントなどを組み合わせると、1つの家計で年間10万円分を超える例も珍しくありません。

ポイントはイコールお金です
「一円を笑うものは一円に泣く」といいますが、今は「ポイントを笑うものはポイントに泣く」という言い方もできそうです。

時代は移り変わっていきますが、トレンドも毛嫌いせず柔軟に受け入れて、家計に嬉しいお得も手に入れていきたいですね。

今一度お財布やポイントなどお金周りを見つめ直して、桜の季節を迎えてみてはいかがでしょう。

お金持ちの財布は◯◯だ?!

財布はお金を入れて持ち運ぶものですから、まぎれもなく大切なもの。
「お金持ちの財布は◯◯」という話に科学的根拠はありませんが、お金を大切にする気持ちを財布にも反映させるのはいいことですよね!
日本人らしい「縁起担ぎ」のような解釈ができるかもしれません。

筆者はスポーツ選手を思い浮かべます。一流の選手は道具を大切にすると言いますよね。
お金と上手に付き合っていくために、お金にまつわるものも大切にしていきましょう。

あなたの財布は美しい?見苦しい?

財布は大切なものですから、ていねいに扱い美しい状態を保ちたいですよね。
割り勘の際などにチラッと見える財布も、ボロボロなものより、キレイな状態のほうが清潔感のある人に見えそうです!
というのも、財布というのは修理を重ねて長年使い込むほど味が出るというものではありません。
修理やクリーニングなんてあまり聞きませんし、形状も崩れ色も悪くなるので、ちょっと汚く見えてしまうのです。

中身はどうでしょう。どんなに良いお財布でも、レシート類、カード類、多過ぎの小銭で膨張していれば台無しです。ズバリ見苦しくありませんか?

春はお財布売り場がもっとも充実しています。ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか?

財布はトレンド重視?こだわり重視?

最近お財布売り場に行きましたか?
キャッシュレス決済が発展し、かつてほどの現金を持ち歩く必要がなくなり、カード類のアプリ化も進みました。
財布に入れるものが減った今、ミニ財布の人気が高まっています。

私はキャッシュレス派ですが、財布は今でも長財布です。
財布に毎月一万円の新券(発行されてまだ誰も使用していないお札)を入れるのですが、ピンとしたお札を曲げることに抵抗が…。
いつかミニ財布を使う日が来るのかなと思いながら財布売り場を眺めています。

さて、皆様はトレンド重視?こだわり重視?

金種をそろえると無駄遣いが減る?

「一万円札を崩すとお金が減るのが妙に早い!」と感じたことはありませんか?
これは定番の「お金あるある」です。

これを防ぐためには、一万円札が崩れるタイミングを後ろ倒しにすることが重要です。
そこでおすすめなのが、金種をそろえること。

支払う際に目的の金種がすぐに見つからないと、つい大きめの紙幣を出してしまいます。
これでは小銭が増えてお札に手を出すタイミングが早まってしまいます。
金種がそろっていれば、小さなお金から順番に払いやすいのです。

お財布が小銭でパンパンになることも防げますしオススメの方法です。

スマホの財布化も受け入れる!

お財布&現金も大事ですが、お得度という意味ではキャッシュレス決済&共通ポイント(Tポイント、Pontaなど)は外せません。

今やポイントがバカにできないほど魅力的です。
キャッシュレス決済と共通ポイントなどを組み合わせると、1つの家計で年間10万円分を超える例も珍しくありません。

ポイントはイコールお金です
「一円を笑うものは一円に泣く」といいますが、今は「ポイントを笑うものはポイントに泣く」という言い方もできそうです。

時代は移り変わっていきますが、トレンドも毛嫌いせず柔軟に受け入れて、家計に嬉しいお得も手に入れていきたいですね。

今一度お財布やポイントなどお金周りを見つめ直して、桜の季節を迎えてみてはいかがでしょう。

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

RELATED WORDS 関連ワード

川部紀子

ファイナンシャルプランナー
・社会保険労務士

ファイナンシャルプランナー(CFP®、1級FP技能士)社会保険労務士として全国で活動中。講演・セミナー、執筆、相談業務の他、テレビ、ラジオ等メディア出演も多数。初心者にも分かりやすい解説と楽しく飽きさせない語り口に定評があり、「お金」にまつわる講師依頼は年間約200件。受講者は3万人を超えた。近著『まだ間に合う 老後資金4000万円をつくる! お金の貯め方・増やし方』(明日香出版社)も好評発売中。