2021.3.29

お金&ライフスタイル

「便利でおしゃれでコスパ良し」キッチンのプロが愛用する便利アイテム

中西まゆみ

テーブル&フードコーディネーター

スタイリッシュな白の電気ケトル

こんにちは。テーブル&フードコーディネーターの中西まゆみです。
雪も解けてすっかり春の陽気。陽気に誘われて心がワクワクする季節ですね。

今回は、テーブルコーディネーター&フードコーディネーターという職業柄、キッチンに立つ時間が多い私から、おすすめのキッチンアイテムをご紹介したいと思います。

キッチン用品とひとくちにいってもデザインや機能性もさまざま。使い勝手のよいキッチンアイテムをそろえて楽しくお料理したいと思っても、アイテム選びに頭を悩ませることってありますよね。

ご紹介するのは、私自身が実際に使っている「使いやすくてとても便利」な愛用品ですので、この春から新生活を始める方や、心機一転、新しいキッチン用品を迎え入れたいと考えている方必見ですよ!

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き

クラシックなデザインが目を引くトースター。

トースターを購入しようと思った数年前、曲線を活かした他にはないデザインとシンプルさに惹かれて、欲しいものリストの候補にあがったものでした。

迷ったのはトーストに特化したものにするか、こちらにするか。

わが家にはスチーム式のオーブンレンジがあるので、たいていの調理は楽しめるのですが、「もっと早く美味しいトーストを食べたい!」と思っていました。また、ピザやグラタンを焼く時など、オーブンを使おうとすると余熱が必要なことも解決したいことのひとつだったのです。

アラジンのトースターには2枚焼きと4枚焼きのタイプが2種類あって、デザインも性能も同じ。大きな違いは本体サイズと、付属品の有無。私が愛用しているのは4枚焼きのほうで、こちらにはグリルパン(浅型+深型)とグリルネットがついています。(現在はスクエア型にリニューアル)
このグリルパンとグリルネットがついているおかげで、煮物や蒸し物、ヘルシーな揚げ物までできるので、トースターの枠を超えて大活躍してくれるのでは?と期待がふくらみました。

そして、一番大きな決め手はわずか0.2秒で発熱すること!

1300Wで、最高280℃になる遠赤グラファイトが搭載されているので、とにかく立ち上がりが早くてハイパワー。つまみをひねった瞬間から庫内が赤く照らされるので水分を損ねずに加熱でき、なにより時短につながることが大きなポイントです。

わが家にはトーストに特化しているものより、こちらを購入して正解でした。トーストが美味しく焼けるだけでなく、ピザやグラタンもあっという間に焼き上がりますし、揚げ物の再加熱にもとっても重宝。お魚を焼いたりお菓子を焼いたりするのはスチームオーブンとメニューによって使い分けられるのが便利です。

キッチンに置いていても飽きないデザイン。いつ見てもかわいらしくてお気に入りになっています。

ソーダストリーム

身体に良いと聞いてから毎日飲み続けている炭酸水。

元々は市販の炭酸水(ペリエをコストコでまとめ買い)を愛飲していたのですが、

・買い物の時に重くてかさばる
・ストックするのに場所を取る
・大量のペットボトルごみ

これを解決したくて炭酸水メーカーの購入を検討している時に、ちょうど出会ったのがコストコでのソーダストリームの試飲でした。

電源いらずで省スペースなので置く場所を選ばず、なにより一番嬉しかったのは自分好みの濃さで出来立て炭酸水が味わえること!「強炭酸」が好きなのでこれはかなりの決め手になりました。
炭酸水を作るのには専用のボトルが必要ですが、ソーダストリーム用のボトルは500mlと1Lと2種類のサイズ展開があります。本体購入時に1L用が付属されていますが、TPOに合わせて使えるので、500mlボトルを買い足して使っています。

冷えた水さえあればわずか3~4秒ほどでできてしまうのでとっても便利。60Lのガスシリンダーはもちも良くてコスパも良いし、ガスシリンダーの取扱店が多いので買い替えにも不便がありません。

難点をひとつあげると、ボトルを洗わなければならないことでしょうか。そのかわりペットボトルごみが驚くほど減り、SDGsにも貢献できます。

「どうしてもっと早くに買わなかったのか」と思ったソーダストリーム。炭酸水を愛飲している方、ご自宅でハイボールを楽しまれる方などにおすすめです。上位モデルも数種類あるので比較してみてくださいね。

山善 電気ケトル

「コーヒーのドリップにも使える電気ケトルが欲しい!」そう思ったのがきっかけで、数あるメーカー数あるデザイン、気になったものを色々比較してたどりついたのがこれでした。

スタイリッシュなデザインと、コーヒーのドリップにも使える注ぎ口、扱いやすそうなハンドル、見た目は全て合格点!さらに決め手となった点は、60℃~100℃まで1℃単位で温度設定ができること。

コーヒー、紅茶、日本茶など、温かい飲み物にはそれを淹れる時に適した温度があります。それを予め設定できるのがこのケトルの大きな特徴でした。
そして操作部の電光表示の白い文字が本体のデザインに調和していたこともポイント。突出したボタンなどがないので操作面がフラットになっていてお手入れも楽にできます。
容量は800mlで1時間保温できるので、おもてなしの際にもとっても便利。

スタイリッシュで使い勝手のよい電気ケトルを探しているなら候補に入れてみてくださいね。

お気に入りを探して

以上3点のキッチンアイテムをご紹介いたしました。
どれも購入前には徹底比較、実際に使ってみて「買ってよかった!」と実感している便利なアイテムです。

ネットで比較検討できるのでとっても便利な時代ですが、それゆえに情報過多で迷ってしまうことも多いことと思います。そんな時に参考にしたいのは実際に使っている人の口コミですよね。ライフスタイルや好みがあるとは思いますが、参考になれば嬉しいです。

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き

クラシックなデザインが目を引くトースター。

トースターを購入しようと思った数年前、曲線を活かした他にはないデザインとシンプルさに惹かれて、欲しいものリストの候補にあがったものでした。

迷ったのはトーストに特化したものにするか、こちらにするか。

わが家にはスチーム式のオーブンレンジがあるので、たいていの調理は楽しめるのですが、「もっと早く美味しいトーストを食べたい!」と思っていました。また、ピザやグラタンを焼く時など、オーブンを使おうとすると余熱が必要なことも解決したいことのひとつだったのです。

アラジンのトースターには2枚焼きと4枚焼きのタイプが2種類あって、デザインも性能も同じ。大きな違いは本体サイズと、付属品の有無。私が愛用しているのは4枚焼きのほうで、こちらにはグリルパン(浅型+深型)とグリルネットがついています。(現在はスクエア型にリニューアル)
このグリルパンとグリルネットがついているおかげで、煮物や蒸し物、ヘルシーな揚げ物までできるので、トースターの枠を超えて大活躍してくれるのでは?と期待がふくらみました。

そして、一番大きな決め手はわずか0.2秒で発熱すること!

1300Wで、最高280℃になる遠赤グラファイトが搭載されているので、とにかく立ち上がりが早くてハイパワー。つまみをひねった瞬間から庫内が赤く照らされるので水分を損ねずに加熱でき、なにより時短につながることが大きなポイントです。

わが家にはトーストに特化しているものより、こちらを購入して正解でした。トーストが美味しく焼けるだけでなく、ピザやグラタンもあっという間に焼き上がりますし、揚げ物の再加熱にもとっても重宝。お魚を焼いたりお菓子を焼いたりするのはスチームオーブンとメニューによって使い分けられるのが便利です。

キッチンに置いていても飽きないデザイン。いつ見てもかわいらしくてお気に入りになっています。

ソーダストリーム

身体に良いと聞いてから毎日飲み続けている炭酸水。

元々は市販の炭酸水(ペリエをコストコでまとめ買い)を愛飲していたのですが、

・買い物の時に重くてかさばる
・ストックするのに場所を取る
・大量のペットボトルごみ

これを解決したくて炭酸水メーカーの購入を検討している時に、ちょうど出会ったのがコストコでのソーダストリームの試飲でした。

電源いらずで省スペースなので置く場所を選ばず、なにより一番嬉しかったのは自分好みの濃さで出来立て炭酸水が味わえること!「強炭酸」が好きなのでこれはかなりの決め手になりました。
炭酸水を作るのには専用のボトルが必要ですが、ソーダストリーム用のボトルは500mlと1Lと2種類のサイズ展開があります。本体購入時に1L用が付属されていますが、TPOに合わせて使えるので、500mlボトルを買い足して使っています。

冷えた水さえあればわずか3~4秒ほどでできてしまうのでとっても便利。60Lのガスシリンダーはもちも良くてコスパも良いし、ガスシリンダーの取扱店が多いので買い替えにも不便がありません。

難点をひとつあげると、ボトルを洗わなければならないことでしょうか。そのかわりペットボトルごみが驚くほど減り、SDGsにも貢献できます。

「どうしてもっと早くに買わなかったのか」と思ったソーダストリーム。炭酸水を愛飲している方、ご自宅でハイボールを楽しまれる方などにおすすめです。上位モデルも数種類あるので比較してみてくださいね。

山善 電気ケトル

「コーヒーのドリップにも使える電気ケトルが欲しい!」そう思ったのがきっかけで、数あるメーカー数あるデザイン、気になったものを色々比較してたどりついたのがこれでした。

スタイリッシュなデザインと、コーヒーのドリップにも使える注ぎ口、扱いやすそうなハンドル、見た目は全て合格点!さらに決め手となった点は、60℃~100℃まで1℃単位で温度設定ができること。

コーヒー、紅茶、日本茶など、温かい飲み物にはそれを淹れる時に適した温度があります。それを予め設定できるのがこのケトルの大きな特徴でした。
そして操作部の電光表示の白い文字が本体のデザインに調和していたこともポイント。突出したボタンなどがないので操作面がフラットになっていてお手入れも楽にできます。
容量は800mlで1時間保温できるので、おもてなしの際にもとっても便利。

スタイリッシュで使い勝手のよい電気ケトルを探しているなら候補に入れてみてくださいね。

お気に入りを探して

以上3点のキッチンアイテムをご紹介いたしました。
どれも購入前には徹底比較、実際に使ってみて「買ってよかった!」と実感している便利なアイテムです。

ネットで比較検討できるのでとっても便利な時代ですが、それゆえに情報過多で迷ってしまうことも多いことと思います。そんな時に参考にしたいのは実際に使っている人の口コミですよね。ライフスタイルや好みがあるとは思いますが、参考になれば嬉しいです。

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

中西まゆみ

テーブル&フードコーディネーター

美味しいものが好き!おしゃれが好き!器が好き!そんな私が30代の時に出会ったテーブルコーディネートは日々の暮らしを心豊かなものにしてくれました。「おいしい!うれしい!楽しい!」の声が響く食卓のコーディネート術や、美味しいグルメ情報をお届けいたします。
テーブルコーディネート教室・おもてなしサロンCamarade.キャマラード主宰。
空間コーディネート、ディスプレイ。専門誌掲載・コンテスト受賞歴多数。