2020.11.30

お金&ライフスタイル

札幌東区に食べ/飲み/読み放題!TSUTAYAのカフェラウンジがオープン

伊藤はるな

道産子ママライター

地下鉄新道東駅からすぐの場所にある「TSUTAYA新道東駅前店」がこの秋リニューアル! 食べ放題・飲み放題・読み放題の「3放題」ができちゃう、おしゃれなカフェラウンジが誕生しました。

全国で3店目、北海道では初となるこのカフェラウンジ。ちょっとした休憩にはもちろん、ワークスペースやファミリーでの寛ぎの場としても利用ができるそう。
「3放題」って一体どんな飲み物が飲めるの?食べ物は?など、気になるところを早速ご紹介します!

TSUTAYAのカフェラウンジで3放題を堪能!

カフェラウンジでは、なんと約1万5千冊レンタルコミックが「読み放題」!
また、本好きにはたまらないサービスとして、店内の約5万5千冊の本を自由に持ち込み、ラウンジ内で選ぶことが可能というから驚きです。(1回につき3冊まで)
「食べ放題」のスナックは、よくあるジャンクなお菓子ではなく“オーガニック&ナチュラル”をテーマにセレクトされたおしゃれでおいしいラインナップ。

「ヨーグルトアーモンド」や「有機サニーベア ベジー(グミ)」など、珍しいスナックが約15種類並びます。
海外チックなレバー式の容器は小さなお子さんにも人気で、まるでおもちゃのようでかわいいデザインに、大人もワクワク♡

原材料に有機食材や遺伝子組換フリーの素材が使用されているスナックが多く、健康を気にする女性もうれしいですね!
飲み物が好きなだけ飲めちゃう「飲み放題」は約20種類。最新のコーヒーマシンや、通常はホテルで提供されているような上質なジュースなどがずらりと並びます。

よく見ると、これからの寒い季節にぴったりなフリーズドライのスープまで! 休憩やお仕事の合間にほっこり一息つきたい時にもぴったりですね♡
ドリンクの目玉はアルコール! なんとフリードリンクの中にビールやサワーなども含まれているんです。株式会社蔦屋書店の河浪さんは、「上質な空間でアルコールの飲み放題ができるのは珍しいことなので、是非(この空間を)口でも堪能して頂きたい」と話します。

選んだスナックやドリンクはお席でゆっくりいただきました♡

札幌の人気カフェ「森彦」系列のあのスイーツが食べられる!

実はこちらのカフェラウンジでは、同じ建物内にあるファミリーマートの商品や、あの人気カフェ「JB ESPRESSO MORIHICO.」の商品をテイクアウトして持ち込むことが可能なんです。

店員さんによると、SNSではもはやお馴染みの人気商品「JBソフトクリーム 450円〜(税込)」をはじめ、新メニューの「JBホットドッグ 380円 〜(税込)」などを購入する人が多いそうですよ。

TSUTAYAのカフェラウンジはビジネスや勉強にも◎

カフェラウンジは“静”と“動”それぞれのエリアにゾーニングされていて、用途によって利用者が快適に過ごせるように工夫がなされています。

ビジネスや勉強で利用する人向けのこちらのエリアには、明るく広々とした座席に区切られた、集中しやすい席がずらり。高速Wi-Fiやロッカーを備え、近くには話題のビジネス書も並びます。これはモチベーションもアップしそうですね!
他のスペースとしっかり区切ってくれるパーテーションに囲まれた座席は、リモート会議や電話での打ち合わせといったシーンでも、周りの目が気になりにくておすすめ。
受験勉強をする学生さんからも人気の席なんだそうですよ。
カフェラウンジの反対側には、家族連れに人気のソファー席やおひとりさま向けの席など、気軽にカフェ感覚で利用できるオープンなエリアが広く設けられています。

SASARUライターの大橋さんも、この日はラウンジを体験! かわいいスイーツとともに、話題のコミックを堪能していました♪
こちらのカフェラウンジでは「中央区に集中しがちなサービスを地域の方に体感してもらいたい」という思いから、地域に根差した空間を目指しているそうです。
実は、ラウンジ内にある絵画や植栽も地域(東区)のお店やアーティストのもので、気に入った場合は購入が可能なんですって!

「3放題」を、地域を照らす太陽に…という願いにかけて「SUN放題」と表現する河浪さん。今後も地域の企業を交えたイベントやワークショップなどが企画されており、この場所からさらなる活気が生み出されそうです。
東区民も、そうでない方も、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?

【ラウンジ利用料金】
・1時間800円(キッズ400円)
・30分延長400円(キッズ200円)
・2時間1,200円(キッズ600円)
・1日利用2,000円
・1ヶ月20,0000円(全て税抜き)

TSUTAYA新道東駅前店
住所:札幌市東区北34条東16丁目1-1
営業時間:午前8時〜午前0時
定休日:なし
電話: 011-785-5050
駐車場:あり
Webサイト / Instagram 
※掲載情報は取材時の内容です

番組収録でラウンジを体験した大橋美友さん

TSUTAYAのカフェラウンジで3放題を堪能!

カフェラウンジでは、なんと約1万5千冊レンタルコミックが「読み放題」!
また、本好きにはたまらないサービスとして、店内の約5万5千冊の本を自由に持ち込み、ラウンジ内で選ぶことが可能というから驚きです。(1回につき3冊まで)
「食べ放題」のスナックは、よくあるジャンクなお菓子ではなく“オーガニック&ナチュラル”をテーマにセレクトされたおしゃれでおいしいラインナップ。

「ヨーグルトアーモンド」や「有機サニーベア ベジー(グミ)」など、珍しいスナックが約15種類並びます。
海外チックなレバー式の容器は小さなお子さんにも人気で、まるでおもちゃのようでかわいいデザインに、大人もワクワク♡

原材料に有機食材や遺伝子組換フリーの素材が使用されているスナックが多く、健康を気にする女性もうれしいですね!
飲み物が好きなだけ飲めちゃう「飲み放題」は約20種類。最新のコーヒーマシンや、通常はホテルで提供されているような上質なジュースなどがずらりと並びます。

よく見ると、これからの寒い季節にぴったりなフリーズドライのスープまで! 休憩やお仕事の合間にほっこり一息つきたい時にもぴったりですね♡
ドリンクの目玉はアルコール! なんとフリードリンクの中にビールやサワーなども含まれているんです。株式会社蔦屋書店の河浪さんは、「上質な空間でアルコールの飲み放題ができるのは珍しいことなので、是非(この空間を)口でも堪能して頂きたい」と話します。

選んだスナックやドリンクはお席でゆっくりいただきました♡

札幌の人気カフェ「森彦」系列のあのスイーツが食べられる!

実はこちらのカフェラウンジでは、同じ建物内にあるファミリーマートの商品や、あの人気カフェ「JB ESPRESSO MORIHICO.」の商品をテイクアウトして持ち込むことが可能なんです。

店員さんによると、SNSではもはやお馴染みの人気商品「JBソフトクリーム 450円〜(税込)」をはじめ、新メニューの「JBホットドッグ 380円 〜(税込)」などを購入する人が多いそうですよ。

TSUTAYAのカフェラウンジはビジネスや勉強にも◎

カフェラウンジは“静”と“動”それぞれのエリアにゾーニングされていて、用途によって利用者が快適に過ごせるように工夫がなされています。

ビジネスや勉強で利用する人向けのこちらのエリアには、明るく広々とした座席に区切られた、集中しやすい席がずらり。高速Wi-Fiやロッカーを備え、近くには話題のビジネス書も並びます。これはモチベーションもアップしそうですね!
他のスペースとしっかり区切ってくれるパーテーションに囲まれた座席は、リモート会議や電話での打ち合わせといったシーンでも、周りの目が気になりにくておすすめ。
受験勉強をする学生さんからも人気の席なんだそうですよ。
カフェラウンジの反対側には、家族連れに人気のソファー席やおひとりさま向けの席など、気軽にカフェ感覚で利用できるオープンなエリアが広く設けられています。

SASARUライターの大橋さんも、この日はラウンジを体験! かわいいスイーツとともに、話題のコミックを堪能していました♪

番組収録でラウンジを体験した大橋美友さん

こちらのカフェラウンジでは「中央区に集中しがちなサービスを地域の方に体感してもらいたい」という思いから、地域に根差した空間を目指しているそうです。
実は、ラウンジ内にある絵画や植栽も地域(東区)のお店やアーティストのもので、気に入った場合は購入が可能なんですって!

「3放題」を、地域を照らす太陽に…という願いにかけて「SUN放題」と表現する河浪さん。今後も地域の企業を交えたイベントやワークショップなどが企画されており、この場所からさらなる活気が生み出されそうです。
東区民も、そうでない方も、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?

【ラウンジ利用料金】
・1時間800円(キッズ400円)
・30分延長400円(キッズ200円)
・2時間1,200円(キッズ600円)
・1日利用2,000円
・1ヶ月20,0000円(全て税抜き)

TSUTAYA新道東駅前店
住所:札幌市東区北34条東16丁目1-1
営業時間:午前8時〜午前0時
定休日:なし
電話: 011-785-5050
駐車場:あり
Webサイト / Instagram 
※掲載情報は取材時の内容です

OFFICIAL SNS 公式SNS

フォローして最新情報を受け取る

伊藤はるな

道産子ママライター

札幌生まれの札幌育ち、生粋の道産子です。結婚・出産を経て、現在WEBメディアを中心としたライター活動をしています。また北海道の食や自然が大好きで、個人で運営中のサイト「てんころブログ」では、家族で訪れたおいしいお店やお出かけスポット、子育てに便利な情報などを紹介しています。