片付けてばかり!お子さんと一緒にお片付け♡おもちゃ部屋にトライ!

緊急事態宣言の延長とともに休園・休校期間も延長となり、まだまだ続く「ステイホーム」。おうち時間を利用して、普段なかなかできずにいたお家の掃除やモノの整理に取り組まれている方も多いかと思います。

今回の記事では、すっきり片付けることが難しくストレスを感じるお母さんも少なくない「お子さんのおもちゃ」について整理収納のポイントを紹介しますね!

[ライター:パーソナルライフコーチ 上村あかり]

2020.5.12

大前提は、使う本人を尊重するマインド

カラフルな積み木

おもちゃや遊び道具は、お子さんの成長にともなって種類や数が増えたり、よく使うモノが変化してきたりしますよね。お子さんにも自分で片付けられるようになってほしい、と思う場合は、お子さん自身がどんなふうにおもちゃを区別したり認識したりしているかを聞きながら作業を進めると良いです。

大事なことは、「大人の目線を押し付けない」ということ。使う本人の感覚や意志を尊重する姿勢が、まず前提として大切です。その上で、「一緒に考えよう」と、コーチのように前向きに進めることを意識してみてください。

考えを促す「質問」

散らばったレゴ

まず、整理の基本のルールは、①余分なモノをなくし、②それぞれのモノのあるべきところ(定位置)を決めて、③使いやすく収納する、という順序。

①の作業をおこなうためには、まず手持ちのモノ(すべてのおもちゃ)を集めます。

そこで迷うのは、「あまり使っていないけれど、手放すのはもったいない気がする…」というモノや、「もう出番がないのに、子どもが捨てたがらない」というモノですよね。

年齢が上がったことで使わなくなったおもちゃや、出番が減った遊び道具は、

・『まだ遊びたい?いつ使って遊ぶ?』(=具体化する質問)
・『これとこれ、どっちが好き?』(=選択肢を提示する質問)

などと、お子さんに質問を投げかけてあげてください。

お子さん自身に考えてもらうことで、「自分で決めたことなんだ」と責任感をもってもらいます。(もちろん、まだ自分で考えられない幼いお子さんの場合は、お母さんが自分に対して同様の質問を投げかけて、ひとつひとつ決断してくださいね。)

確認せず勝手に捨ててしまうことには要注意。それが実はお子さんにとって大事なモノだったりすると、ショックから少なからず大人への不信感を抱いたり、モノへの執着心をもたせる要因になってしまう場合もありますので、気をつけましょう。

カラフルな積み木

「いつか使うかも…」と思って手放しにくいモノは

・『もし使うとしたら、それはどんな時?』
・『実際に何がどうなったら使う?』

という質問を投げかけて考えてみてください。

「こういうときに使うかな」という答えが出たら、

・『じゃぁ実際にそうなるのは、いつだと思う?』
・『その時、本当にこれを使う??』

と、さらに具体的に問いかけて確認します。

何となくとってあるモノは、「何となく」考えているから捨てられないのです。とにかく「具体的に考える」ということをしてみることが大切。それで確信のもてる答えが出てくるならOKですが、現実的に考えてみると「そうなったら別の新しいモノを使っているかも」とか、「もう一度使ったとしても結局楽しくなくて続かないかも」と、未来が見えてきたりするものです。

わかりやすく分類を

ボックスに入ったおもちゃ

残すモノを厳選したら、次に分類をします。この時の分類も、お子さん自身がわかりやすいように、お子さんの認識を聞きながら行っていきましょう。

たとえば、「お気に入り」「たまに遊ぶ」「お友達が来たときだけ使う」といった分け方でも良いですし、「外遊びのモノ」「お絵かきのモノ」といった用途別でもOK。もちろん、「ライダー系」「ミニカー系」など特徴別でも良いですね。

大事なことは、持ち主がわかりやすい(=感覚として合っている)かどうかです。

分類ができたら、なるべくさっと仕分けや取り出しができるように、分類ごとに袋やボックスにまとめられると良いです。そして、中身のモノや動線によってどの位置に配置するのかを考えていきます。この時もお子さんの目線と動線で片付ける定位置を決めると、お子さんも自ら片付けてくれる頻度が増えます!

出しっぱなしだから片付かない?

カラフルなおもちゃ

収納において最も重要なルールは、「定位置を決めておくこと」。

もし普段出しっぱなしのおもちゃがあるとしたら、それは「なぜそこに出してあるのか?」という理由を考えてみてください。明確な理由があれば、「出しっぱなし」でもOKなんです。(「毎日使うから、しまうほうが効率が悪い」「遊びやすくするために、出している」など。)

住む人が納得していれば、何も問題はありません。問題は、「散らかっているなぁ~…」「本当はもっと片付いた状態にできそうなんだけどなぁ…」と、何となくモヤモヤ思い続けることです。

出しっぱなしのおもちゃであっても、「出しっぱなしにする場所」は決める。何でそこにあるの~!とイライラするのではなく、これはここにあっていいんだと思うと、気持ちも楽に過ごせますよ。

おもちゃ部屋

以上、ざっとポイントをお伝えしました!

整理は、生活している以上必ず定期的に行う必要のある作業です。せっかくなら、お子さんとコミュニケーションを取りながら、家族時間のひとつとして楽しんでいきましょう♪また、「お子さんのおもちゃ」以外にも考え方を応用して活かしていただけたら嬉しいです。

引き続き、有意義なおうち時間をお過ごしください。


 

Facebook Twitter Instagram
上村あかり   
パーソナルライフコーチ
Facebook Twitter Instagram
日本メンターコーチ協会認定 メンターコーチ。ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー1級。AIR-G'「朝MORi」木曜パーソナリティ。未来志向と現実思考でネガティブ癖やあらゆる悩みを解消する『思考整理コーチング』を提唱し、個人セッション・グループ講座を通して女性のメンタル面をサポート。その他、コーチングの考え方や心と身の回りの整理のスキルを伝える活動も。(札幌市出身・北海道大学文学部卒)
ブログ 「”変わりたい” 女性が 本当に変わるコーチング」
AIR-G'(FM北海道)「朝MORi」
毎週月~木 7:30~11:00生放送

最近の投稿

お金&ライフスタイル

片付けてばかり!お子さんと一緒にお片付け♡おもちゃ部屋にトライ!

お金&ライフスタイル

札幌の東急ハンズでみつけた!この春買いたい人気の文房具 #春トレンド

お金&ライフスタイル

ストレスたまってますよねぇ?心穏やかに過ごせるメンタルケア#癒し

お金&ライフスタイル

不要なモノを手放してすっきり!気持ちよく新生活を迎える準備できていますか?#チャレンジ

お金&ライフスタイル

お家にいる時間を有効活用!春に向けて、すっきり整理の#Todo

お金&ライフスタイル

すっきりと新年を迎えるために、この年末にモノを手放すコツ

お金&ライフスタイル

新年のセールへ行く前に!年末の今すぐやっておくべき「クローゼット整理」の方法

お金&ライフスタイル

爽やかな秋こそ整理整頓!スッキリ暮らすための「所有量のルール」後編

お金&ライフスタイル

​秋の整理整頓のススメ。すっきり暮らすための「所有量のルール」前編

おでかけ&天気

札幌中心部で1人でホッとしたい時はここ。

お金&ライフスタイル

増える!捨てられない!プロが伝えるコツは「ルール化」の勧め

ファッション&ビューティ

夏至シーズン到来!さっぽろ朝活美容のすすめ