いよいよ消費税が10%!お金のプロが9月中に買ったものはコレ!

10月1日から消費税が10%になるのを前に、テレビやネットで、「買っておくもの」「買わなくてよいもの」などの情報があふれています。
前回までの増税と大きく異なるのは、軽減税率制度(軽減税率対象品目の税率は8%で据え置き)があること。
そのため、結局どうしたら良いのか、混乱しているという方が多いということで、
今回は、軽減税率制度についてわかりやすく解説します。
 

2019.9.24

軽減税率の対象となるのは?

軽減税率が適用になるのは、
(1)飲食料品(酒類・外食を除く)
(2)新聞(定期購読・週2回以上発行などの条件あり)です。
判断が難しい食品
・みりん・・・みりんは酒類に該当するため、軽減税率の対象外で10%です。
・みりん風調味料・・・飲食料品であるため、軽減税率の対象で8%です。
栄養ドリンク
・医薬品、医薬部外品・・・飲食料品ではないため、軽減税率の対象外で10%です。
・特定保健用食品、栄養機能食品、健康食品、美容食品・・・飲食料品であるため、軽減税率の対象で8%です。
普段、愛飲しているようなサプリメントの分類項目に『食品』と書かれているかどうか、ここは要チェック!
 

そこで私が9月中に買ったものはコレ!

10月からキャッシュレス・ポイント還元事業が始まるため、10月以降に買った方が
お得になる場合もあります。
私が9月中に買ったものは
・デパートで売っている化粧品など
・JRの特急乗車券
デパートは、キャッシュレス・ポイント還元事業の登録加盟店から除外されるため
JRは、10月から運賃が値上げしても、9月中に購入した値上げ前の特急乗車券を使用でき、差額を払う必要はありません。
 札幌市交通局では、9月中の料金値上げ前に購入した定期券を10月以降も差額負担なしで利用できます。ただし、定期券は使用開始日の10日前からの購入となります。
 JR北海道も札幌市交通局と同様に9月中に購入した定期券を10月以降も差額負担なしで利用できます。ただし、購入時期は乗車日の7日前からで、継続購入の場合は14日前から可能です。定期券を購入している人は9月中をお勧めします。

マークのある店でキャッシュレス・ポイント還元制度を上手に使おう!

10月から始まるキャッシュレス・ポイント還元制度では、クレジットカード、電子マネー、QRコードなど現金を使わないでお買い物をすると、ポイント還元される制度で、2020年6月まで期間限定で行われます。
お店によって、「○○ペイの利用で5%ポイント還元」など、キャッシュレスであれば何でも良いとは限りませんので、ご注意ください。
9月20日からは、対象店舗を地図アプリで検索できるようになりました。
 経済産業省 消費者向けHP
https://cashless.go.jp/consumer/
 今後も対象店舗が増えていく予定ですので、このマークに注目してみてくださいね。

遠藤起予子   
特定社会保険労務士
札幌市で開業している特定社会保険労務士です。就業規則の作成や労働相談、老齢、遺族、障害年金等の請求や年金相談、年金セミナーの他、一般社団法人ワークルールに所属しており、高校生や大学生向けのワークルール講座も行っています。

最近の投稿

お金&ライフスタイル

今年は確定申告の期間が延長!今やるべきピックアップ #Todo

グルメ

この時期だけ!幻の「コロッケサンド」

グルメ

手土産にも◎!人気和菓子店、期間限定パンプキンスイーツ

お金&ライフスタイル

いよいよ消費税が10%!お金のプロが9月中に買ったものはコレ!

お金&ライフスタイル

お盆の前に確認のススメ。あなたも対象?10月から「プレミアム付商品券」

お金&ライフスタイル

いつもとちょっと違う?6月の給料明細

お金&ライフスタイル

春の残業は損?