札幌の司法書士が教える「相続放棄と生命保険金」

相続財産と生命保険金は大きな違いがないと思われていますが、
マイナス財産が大きいときは、生命保険金は大きな役割を果たします!

2019.7.31

相続放棄ってなに?

相続放棄は、全ての財産に関して相続をしないという選択をすることです。プラス財産もマイナス財産も相続をしないことです。相続放棄をすれば分割協議に参加することもありません。
とにかく最初から「相続人」としての地位を失う手続です。
相続放棄をするには、条件があります。

①単純承認していないこと。単純承認とは、亡くなった方の財産の処分をしていないことを指します。
つまりお金を使ったり、物を売ったり、名義を変更していないことです。
②亡くなったことを知った時から3カ月以内に申立てをすることが必要です。近しい関係の親族であれば、死亡時=知った時が通常ですが、子どもが元配偶者の下にいる場合などは、その連絡を受けた日、となります。
3カ月以内に「申立て」をすればいいので全ての手続が完了している必要がありません。申立書が裁判所に到達していれば相続放棄することができます。
この「知った日」というのも裁判所が感知できることではないので、申立人の自己申告です。

相続と生命保険金の違い

相続と生命保険金はその性格が大きく違います。
相続は亡くなった方が所有していた財産の全てについて相続人全員で話し合い、誰がどのくらいどの財産を相続するのか協議します。(遺言書がないことを前提に記載しています。)
生命保険金は「受取人固有の財産」と言われており、受取人の指定があれば相続財産とはなりません。この「相続財産」とはならない、というのがポイントです。

「相続財産」じゃないから相続放棄の対象にならない!

相続放棄は「相続財産」の全てについて放棄することです。生命保険金は「受取人固有の財産」であり「相続財産」ではありません。なので相続放棄をしたとしても、生命保険金は受取人がそのまま受け取れるのです!
ただし、受取人指定がなされていない場合は受取人は亡くなられた方なので、その場合のみ「相続財産」に分類されます。

こんなときに使える!生命保険金

明らかにマイナス財産が大きい場合は、生命保険に加入しておくといいでしょう。
あなたが亡くなったときにご家族が相続放棄をすればマイナス財産は継承せず、生命保険金が支払われて現金が手元に残ります。

「争族」を避けたい場合にも使えます。遺言書をのこしておくという方法ももちろんありますが、生命保険も有効です。

例えば前妻との間に子どもがいる場合。
なんの対策も講じてなければ後妻と子どもが相続財産の分割協議をすることになります。しかし後妻を受取人として指定した生命保険に加入し、相続放棄をしてもらえば、上記の協議はしなくて済むのです。
争族を避けるために、様々な手段を使って対策をしておきましょう!

Facebook
大西千桜里   
司法書士
Facebook
平成23年北海学園大学法学部卒業後、司法書士試験合格。埼玉県の司法書士事務所で1年半勤務し、札幌に帰ってきて独立。商業・法人登記や企業法務を中心に、相続、不動産売買の登記にも携わっている。法律家の堅いイメージを払拭し、話しやすい・相談しやすい司法書士として活動。企業CSRの一環として、「オレオレ詐欺撲滅ポスター」を平成30年に制作。本活動は北海道新聞の地域欄に取り上げられた。
司法書士 大西千桜里 事務所

最近の投稿

お金&ライフスタイル

北海道女子が“見ささる”「相続法が改正!ここが変わった②」

お金&ライフスタイル

北海道女子が“見ささる“「相続法が改正!ここが変わった①」

お金&ライフスタイル

札幌の司法書士が教える「相続放棄と生命保険金」

お金&ライフスタイル

特に「婚前契約書」の作成をオススメする婚姻関係とは?

お金&ライフスタイル

もしもの確率が高いからこそ『婚前契約書』は離婚条件の記載はマスト

お金&ライフスタイル

幸せな時こそ『婚前契約書』をオススメする3つの理由

お金&ライフスタイル

海外のセレブが結婚前に取り交わす『婚前契約書』とは?