2023.1.20

メディア

チーズとろ~り!超リーズナブルな本格ピザ クロワッサン&絶品カレーも【札幌手稲】

みんテレ

SNSや口コミで話題のお店にみんテレグルメ特捜班が突撃し徹底調査!噂の真相を解き明かす人気コーナー「噂の街グルメ」。今回は札幌手稲エリアで注目の3店をご紹介しますよ~。           

BIGでサックサクなクロワッサン

噂のお店1軒目は「クロワッサン専門店 みかづき」。

札幌の数々のパン屋で修業し2022年9月にオープン。開店当初は500個が2時間で完売したボリューミーでサクサクなクロワッサンの人気は今も続いていて、完売は当たり前のお店です。
幼稚園がお休みの日限定の「小さな店長」、4歳の秋田真寧(まな)ちゃんのオススメは定番メニューのアップルカスタード。
 
りんごの香りがふわっと広がって、ほどよい酸味もあってとってもおいしい!
シナモンが入っていないので苦手な方でも大丈夫。カスタードとホイップクリームを混ぜているのでくどすぎずサッパリと食べられます。
 
他にも定番や日替わりなど毎日15種類ほどがお店に並びます。
 
 
一番人気のプレーンは、パリパリ、サックサク!小麦の香りが口いっぱいに広がって幸せな気持ちに。
 
食感と香りにこだわって、2種類の北海道産小麦をブレンド。道産の発酵バターを使っているので、たくさん入れても風味豊かでさっぱりとしてくどくないんですって。
 
のばした生地は1日冷凍庫で寝かせて翌日成形し、さらに一晩発酵させてから焼き上げています。2日熟成させることでうま味が凝縮され、パリパリ食感も増すそうです。
 
買いやすい値段+大きめで満腹になれるアットホームなお店なので気軽に寄ってほしいと母の秋田未紘(みこ)さん。小さな店長、真寧ちゃんにも会いに行ってみては?
             
クロワッサン専門店 みかづき     
住所:札幌市手稲区新発寒4条5丁目13-15

材料にとことんこだわる絶品カレー

SNSでは「前田エリアでは繁盛店になる予感がする」という書き込み。街ゆく人に話を聞いてみると「最近できて気になっていた」という人も。
 
続いて訪ねたのは「アメイロカリィ」。有名スープカレー店にも勤めたことのあるオーナーが2022年9月に開店。けっして妥協しない長時間仕込みのカレーが食通たちをとりこにしています。
 
スパイスの香りと甘い香りが食欲をそそる「アメイロチキンカレー」。
もったりと重たいイメージのルーカレーとは違い、玉ねぎたっぷりでサラッとしてヘルシー。
オーナーの滝康弘さんによると、玉ねぎを8~9時間低温で炒め甘みを最大限に引き出しているんですって。
 
低温で炒めた玉ねぎの甘みに20種類のスパイスや、ホロホロになるまで煮込んだチキンのうま味、さらに隠し味の和だしのうま味もプラスされています。
 
元々食材の10年以上卸業者として働いていた店主が、自身の経験を生かして厳選した材料で時間と手間を惜しまず作っているんです!
あぶりポークカレーは、豚バラ軟骨を溶けるまで煮込んだスープカレー。お肉がビックリするほどやわらかい!軟骨がコラーゲン状に溶けてプルプル食感に。
 
滝さんによると、6時間くらいは煮込んでいるとのこと。
 
鶏がらや豚骨、香味野菜をベースに10時間かけて作ったスープにポークのとろみやうま味が溶け込んで、サラッとしつつ濃厚さのある味わいです。
 
手間を惜しまずおいしいと思えるカレーを追求してきた滝オーナーのカレー、ぜひ味わってみてください。
 
アメイロカリィ 
住所:札幌市手稲区前田8条10丁目2−15 
 

おいしすぎて予約殺到のピザ店

三軒目は「キッチン青山」。埼玉で人気だったピザのテイクアウト専門店が2022年5月、札幌に移転オープン。
 
直径約30センチの本格石窯ピザがどれも990円で食べられるというコスパの最強さが噂となり、今話題のお店です。
最近人気とオーナーの青山清子さんが勧めてくれたのは「茄子のボロネーゼ風」。
 
程よい厚さのもちもち感のある生地にチーズがたっぷりでとろっとろ。ショウガを少しきかせた甘辛い和風のそぼろをトッピングしていて、日本人好みの味わいです。
 
生地作りは夫の青山保さんの担当。強力粉のみで保水力の高い天然酵母、白神こだま酵母を使い発酵させ、500度以上の石窯で一気に焼き上げるので、翌日温めてもモチモチ食感が味わえるんですって。
 
昔からお料理が好きでレストランを営んでいたオーナー。
 
レストラン時代の人気メニューをアレンジしたのが「ホワイトソースとそぼろ肉のグラタン風」。
 
シンプルで優しい味のホワイトソースと表面のチーズの香ばしさがベストマッチ。バターと牛乳だけで作ったまろやかなホワイトソースと和風のそぼろが相性抜群です。
直径約30cmのピザがどれも990円という超リーズナブルな値段がうれしい!おいしいピザをお腹いっぱい食べてほしいというオーナー夫婦の愛を感じるお店です。
 
キッチン青山
住所:札幌市手稲区前田12条10丁目23−2         
 
*みんテレ1月12日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)             

BIGでサックサクなクロワッサン

噂のお店1軒目は「クロワッサン専門店 みかづき」。

札幌の数々のパン屋で修業し2022年9月にオープン。開店当初は500個が2時間で完売したボリューミーでサクサクなクロワッサンの人気は今も続いていて、完売は当たり前のお店です。
幼稚園がお休みの日限定の「小さな店長」、4歳の秋田真寧(まな)ちゃんのオススメは定番メニューのアップルカスタード。
 
りんごの香りがふわっと広がって、ほどよい酸味もあってとってもおいしい!
シナモンが入っていないので苦手な方でも大丈夫。カスタードとホイップクリームを混ぜているのでくどすぎずサッパリと食べられます。
 
他にも定番や日替わりなど毎日15種類ほどがお店に並びます。
 
 
一番人気のプレーンは、パリパリ、サックサク!小麦の香りが口いっぱいに広がって幸せな気持ちに。
 
食感と香りにこだわって、2種類の北海道産小麦をブレンド。道産の発酵バターを使っているので、たくさん入れても風味豊かでさっぱりとしてくどくないんですって。
 
のばした生地は1日冷凍庫で寝かせて翌日成形し、さらに一晩発酵させてから焼き上げています。2日熟成させることでうま味が凝縮され、パリパリ食感も増すそうです。
 
買いやすい値段+大きめで満腹になれるアットホームなお店なので気軽に寄ってほしいと母の秋田未紘(みこ)さん。小さな店長、真寧ちゃんにも会いに行ってみては?
             
クロワッサン専門店 みかづき     
住所:札幌市手稲区新発寒4条5丁目13-15

材料にとことんこだわる絶品カレー

SNSでは「前田エリアでは繁盛店になる予感がする」という書き込み。街ゆく人に話を聞いてみると「最近できて気になっていた」という人も。
 
続いて訪ねたのは「アメイロカリィ」。有名スープカレー店にも勤めたことのあるオーナーが2022年9月に開店。けっして妥協しない長時間仕込みのカレーが食通たちをとりこにしています。
 
スパイスの香りと甘い香りが食欲をそそる「アメイロチキンカレー」。
もったりと重たいイメージのルーカレーとは違い、玉ねぎたっぷりでサラッとしてヘルシー。
オーナーの滝康弘さんによると、玉ねぎを8~9時間低温で炒め甘みを最大限に引き出しているんですって。
 
低温で炒めた玉ねぎの甘みに20種類のスパイスや、ホロホロになるまで煮込んだチキンのうま味、さらに隠し味の和だしのうま味もプラスされています。
 
元々食材の10年以上卸業者として働いていた店主が、自身の経験を生かして厳選した材料で時間と手間を惜しまず作っているんです!
あぶりポークカレーは、豚バラ軟骨を溶けるまで煮込んだスープカレー。お肉がビックリするほどやわらかい!軟骨がコラーゲン状に溶けてプルプル食感に。
 
滝さんによると、6時間くらいは煮込んでいるとのこと。
 
鶏がらや豚骨、香味野菜をベースに10時間かけて作ったスープにポークのとろみやうま味が溶け込んで、サラッとしつつ濃厚さのある味わいです。
 
手間を惜しまずおいしいと思えるカレーを追求してきた滝オーナーのカレー、ぜひ味わってみてください。
 
アメイロカリィ 
住所:札幌市手稲区前田8条10丁目2−15 
 

おいしすぎて予約殺到のピザ店

三軒目は「キッチン青山」。埼玉で人気だったピザのテイクアウト専門店が2022年5月、札幌に移転オープン。
 
直径約30センチの本格石窯ピザがどれも990円で食べられるというコスパの最強さが噂となり、今話題のお店です。
最近人気とオーナーの青山清子さんが勧めてくれたのは「茄子のボロネーゼ風」。
 
程よい厚さのもちもち感のある生地にチーズがたっぷりでとろっとろ。ショウガを少しきかせた甘辛い和風のそぼろをトッピングしていて、日本人好みの味わいです。
 
生地作りは夫の青山保さんの担当。強力粉のみで保水力の高い天然酵母、白神こだま酵母を使い発酵させ、500度以上の石窯で一気に焼き上げるので、翌日温めてもモチモチ食感が味わえるんですって。
 
昔からお料理が好きでレストランを営んでいたオーナー。
 
レストラン時代の人気メニューをアレンジしたのが「ホワイトソースとそぼろ肉のグラタン風」。
 
シンプルで優しい味のホワイトソースと表面のチーズの香ばしさがベストマッチ。バターと牛乳だけで作ったまろやかなホワイトソースと和風のそぼろが相性抜群です。
直径約30cmのピザがどれも990円という超リーズナブルな値段がうれしい!おいしいピザをお腹いっぱい食べてほしいというオーナー夫婦の愛を感じるお店です。
 
キッチン青山
住所:札幌市手稲区前田12条10丁目23−2         
 
*みんテレ1月12日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)             

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。

SHARE