2022.12.5

メディア

「滑りにくい」話題の靴!ガラス繊維・セラミック配合…“ツルツル路面”対策【札幌】

みんテレ

冬の道路で気になるのが路面の凍結。「つるつるの道路で滑ってケガをした」という人も珍しくありません。

そこで今回調査したのは、セラミックとガラス、ゴムなどを活用した“最新の滑らない冬靴”!

さらに、靴底の張り替えサービスなども調査したので、チェックしてみてくださいね~。

セラミックやガラスの靴底で冬の路面対策

しばらく最低気温が氷点下の日が予測される札幌。

そこで、2022年の冬靴事情を調べるために『丸井今井 札幌本店』の婦人靴売り場へ足を運びました!丸井今井と三越合わせて、約300種類の冬靴を取り揃えています。

外出自粛要請などの規制がない今年は、2021年の同時期と比べて2割増しで冬靴が売れているそうですよ。
さまざまな種類の冬靴があり、たとえばつるつる路面に対してグリップ力が増す”セラミック素材”を靴底に使った「<卑弥呼>ショートブーツ」などが販売されています。

同商品は、セラミック素材に細かい”ガラス繊維”が配合されたことで、少しザラザラした感触になっているのが特徴です。

セラミックとガラスによりグリップ力がより増して、滑りにくくなっているんだとか。

「<卑弥呼>ショートブーツ」(34,100円 税込)


「<フィール・ア・フィール>ショート ブーツ」(27,500円 税込)

ギザギザの形状のゴム素材が交互に並ぶ靴底で、氷の上でも滑りにくい冬靴「<フィール・ア・フィール>ショート ブーツ」などの取り扱いもあります。

靴の値段高騰で「靴底の張り替えサービス」も

冬靴の購入に加えて、手持ちの靴を滑らない靴底に張り替えるサービスも人気を集めています。三越にある中山靴店では、9,900円から承っているとのこと。

2021年の2割増しで注文が増えているそうですが、その理由には物価の高騰が関係しているようです。

冬靴も値段が上がる傾向にあるため、買い換えるのではなく、大切な靴を張り替えてまた履いていこうと考える人も多いんだとか。

安く冬靴を手に入れたいなら『ハミューレ』

次に訪れたのが、『ハミューレ羊ヶ丘通店』です。北海道発の作業用品店が手がけるアパレルショップで、50種類ほどの冬靴を取り揃えています。

同店ではおおよそ4,000円から冬靴の取り扱いがあり、安く冬靴を手に入れたい人にぴったりなんです。
ハミューレ 企画販売課の小松 勇太さんによると、今年のおすすめ冬靴は「鬼底防水ブーティー」とのこと。

氷をグリップし、滑りにくくするガラス繊維配合部分を外側に配置。さらに内側にくぼみを施すことで、滑りの原因となる水分が排出しやすくしています。

これからどんどん寒くなり、道路がつるつるになる北海道。冬靴の準備を始める人は、靴底にこだわった最新の冬靴を活用するのがおすすめです!

*みんテレ11月29日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。
最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

「鬼底防水ブーティー」(7,139円 税込)

セラミックやガラスの靴底で冬の路面対策

しばらく最低気温が氷点下の日が予測される札幌。

そこで、2022年の冬靴事情を調べるために『丸井今井 札幌本店』の婦人靴売り場へ足を運びました!丸井今井と三越合わせて、約300種類の冬靴を取り揃えています。

外出自粛要請などの規制がない今年は、2021年の同時期と比べて2割増しで冬靴が売れているそうですよ。

「<卑弥呼>ショートブーツ」(34,100円 税込)

さまざまな種類の冬靴があり、たとえばつるつる路面に対してグリップ力が増す”セラミック素材”を靴底に使った「<卑弥呼>ショートブーツ」などが販売されています。

同商品は、セラミック素材に細かい”ガラス繊維”が配合されたことで、少しザラザラした感触になっているのが特徴です。

セラミックとガラスによりグリップ力がより増して、滑りにくくなっているんだとか。

「<フィール・ア・フィール>ショート ブーツ」(27,500円 税込)

ギザギザの形状のゴム素材が交互に並ぶ靴底で、氷の上でも滑りにくい冬靴「<フィール・ア・フィール>ショート ブーツ」などの取り扱いもあります。

靴の値段高騰で「靴底の張り替えサービス」も

冬靴の購入に加えて、手持ちの靴を滑らない靴底に張り替えるサービスも人気を集めています。三越にある中山靴店では、9,900円から承っているとのこと。

2021年の2割増しで注文が増えているそうですが、その理由には物価の高騰が関係しているようです。

冬靴も値段が上がる傾向にあるため、買い換えるのではなく、大切な靴を張り替えてまた履いていこうと考える人も多いんだとか。

安く冬靴を手に入れたいなら『ハミューレ』

次に訪れたのが、『ハミューレ羊ヶ丘通店』です。北海道発の作業用品店が手がけるアパレルショップで、50種類ほどの冬靴を取り揃えています。

同店ではおおよそ4,000円から冬靴の取り扱いがあり、安く冬靴を手に入れたい人にぴったりなんです。

「鬼底防水ブーティー」(7,139円 税込)

ハミューレ 企画販売課の小松 勇太さんによると、今年のおすすめ冬靴は「鬼底防水ブーティー」とのこと。

氷をグリップし、滑りにくくするガラス繊維配合部分を外側に配置。さらに内側にくぼみを施すことで、滑りの原因となる水分が排出しやすくしています。

これからどんどん寒くなり、道路がつるつるになる北海道。冬靴の準備を始める人は、靴底にこだわった最新の冬靴を活用するのがおすすめです!

*みんテレ11月29日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。
最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード