2022.11.14

メディア

進化系ハンバーグ4選!秘技で鹿肉“ふっくらジューシー”"話題必至が勢ぞろい【札幌】

みんテレ

子どもから大人まで人気のハンバーグ。

ただのハンバーグではなく、最近はアレンジを加えた“進化形ハンバーグ”が注目を集めているんです。

そこで今回は、少し変わっているけどおいしい、冬に食べたいアツアツのハンバーグをご紹介します!

歯がいらないほど柔らかいハンバーグ


「チーズトマトクリームハンバーグ(ライス・サラダセット)」1,400円

はじめに、白石区で“歯のいらないハンバーグ”として有名な『歯のいらないはんばーぐシュシュウルフ』へ訪れました。同店は、開店前に行列ができるほどの人気店なんですよ。

一番人気は「チーズトマトクリームハンバーグ」で、最後まで熱々で味わえるようにとスキレットで提供されています。

力を入れなくてもスプーンがすっとお肉を通るほど柔らかく、口のなかで溶けてなくなる食感に驚くほど。とろ~りチーズとトマトの酸味の相性が抜群です!
「もこもこ土鍋 デミグラスハンバーグ」は、冬季限定で提供される人気メニューです。

真っ白でふわふわの見た目がインパクト抜群ですが、これはメレンゲと長芋を混ぜたもの。口のなかに入れた瞬間に、しゅわしゅわと溶ける感覚を楽しめますよ。

ハンバーグはデミグラスソースにどっぷりと浸かっていて、セットで付く卵黄をかければより濃厚な味わいを堪能することも。

まさに「歯がいらない」ほど柔らかいハンバーグを味わいたい人は、シュシュウルフがおすすめです!

歯のいらないはんばーぐシュシュウルフ
住所:札幌市白石区東札幌3条5丁目
営業時間:【ランチ】午前11時~午後4時 【ディナー】午後5時半~午後10時
定休日:木・不定休

「もこもこ土鍋 デミグラスハンバーグ(ライス・サラダセット)」1,580円

エゾシカ肉を炭火で焼いた豪華なハンバーグ


「道産牛100%×エゾ鹿肉ハンバーグ」パン・副菜・サラダ付きで2,850円

次に訪れたのは、9月24日にオープンしたばかりの『夜のNorth Continent』。

一押しのメニューが「道産牛100%×エゾ鹿肉ハンバーグ」で、まずこのおしゃれな見た目に驚かされます!ステーキもついて豪華なので、特別な日にぴったりですね。

ハンバーグは、エゾシカ100%のお肉を豚のあみあぶらで包んで焼き上げています。
同メニューは炭火の香ばしさが魅力ですが、これには調理方法が大きく関係しています。

七輪とオーブンを合わせたような炭用の“蒸しかまど”を使っており、調理の際に蒸気が逃げないので、ふっくらとジューシーになるんだとか。

エゾシカ本来の荒々しい味わいは、炭火との相性が最高なんですよ~!

夜のNorth Continent
住所:札幌市中央区南5条西7丁目
営業時間:午後6時~午後11時
定休日:日・祝

目の前でハンバーグがボロネーゼに!

東京に本店があるステーキがメインのお店『マークマツオカグリル札幌』は、お肉の質にこだわっているのが魅力です。

おすすめメニューをお願いすると、やってきたのはパスタの上にハンバーグがどん!と乗った不思議な料理。

これはまだ完成状態ではなく、ここからお店の方が仕上げてくれるんです。
ハンバーグの上にフォンドボーを使ったソースをかけ、お肉をほぐしながらボロネーゼを作ります。

そして最後に、パルミジャーノ・レッジャーノというチーズをたっぷりとかければ完成!

先ほどまでハンバーグだったこともあり、お肉のゴロゴロとした食感を楽しめます。牛肉100%の旨味がたっぷりで、味と見た目の両方を堪能できるのが魅力です。

「ひと味違うハンバーグを味わいたい」という人は、今回紹介したお店へ行ってみるといいかも?

マークマツオカグリル札幌
住所:幌市中央区北5条西4丁目7大丸札幌店8F
営業時間:11:00~22:00
定休日:大丸札幌に準ずる

*みんテレ11月1日OAのものです
 (上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

歯がいらないほど柔らかいハンバーグ


「チーズトマトクリームハンバーグ(ライス・サラダセット)」1,400円

はじめに、白石区で“歯のいらないハンバーグ”として有名な『歯のいらないはんばーぐシュシュウルフ』へ訪れました。同店は、開店前に行列ができるほどの人気店なんですよ。

一番人気は「チーズトマトクリームハンバーグ」で、最後まで熱々で味わえるようにとスキレットで提供されています。

力を入れなくてもスプーンがすっとお肉を通るほど柔らかく、口のなかで溶けてなくなる食感に驚くほど。とろ~りチーズとトマトの酸味の相性が抜群です!

「もこもこ土鍋 デミグラスハンバーグ(ライス・サラダセット)」1,580円

「もこもこ土鍋 デミグラスハンバーグ」は、冬季限定で提供される人気メニューです。

真っ白でふわふわの見た目がインパクト抜群ですが、これはメレンゲと長芋を混ぜたもの。口のなかに入れた瞬間に、しゅわしゅわと溶ける感覚を楽しめますよ。

ハンバーグはデミグラスソースにどっぷりと浸かっていて、セットで付く卵黄をかければより濃厚な味わいを堪能することも。

まさに「歯がいらない」ほど柔らかいハンバーグを味わいたい人は、シュシュウルフがおすすめです!

歯のいらないはんばーぐシュシュウルフ
住所:札幌市白石区東札幌3条5丁目
営業時間:【ランチ】午前11時~午後4時 【ディナー】午後5時半~午後10時
定休日:木・不定休

エゾシカ肉を炭火で焼いた豪華なハンバーグ


「道産牛100%×エゾ鹿肉ハンバーグ」パン・副菜・サラダ付きで2,850円

次に訪れたのは、9月24日にオープンしたばかりの『夜のNorth Continent』。

一押しのメニューが「道産牛100%×エゾ鹿肉ハンバーグ」で、まずこのおしゃれな見た目に驚かされます!ステーキもついて豪華なので、特別な日にぴったりですね。

ハンバーグは、エゾシカ100%のお肉を豚のあみあぶらで包んで焼き上げています。
同メニューは炭火の香ばしさが魅力ですが、これには調理方法が大きく関係しています。

七輪とオーブンを合わせたような炭用の“蒸しかまど”を使っており、調理の際に蒸気が逃げないので、ふっくらとジューシーになるんだとか。

エゾシカ本来の荒々しい味わいは、炭火との相性が最高なんですよ~!

夜のNorth Continent
住所:札幌市中央区南5条西7丁目
営業時間:午後6時~午後11時
定休日:日・祝

目の前でハンバーグがボロネーゼに!

東京に本店があるステーキがメインのお店『マークマツオカグリル札幌』は、お肉の質にこだわっているのが魅力です。

おすすめメニューをお願いすると、やってきたのはパスタの上にハンバーグがどん!と乗った不思議な料理。

これはまだ完成状態ではなく、ここからお店の方が仕上げてくれるんです。
ハンバーグの上にフォンドボーを使ったソースをかけ、お肉をほぐしながらボロネーゼを作ります。

そして最後に、パルミジャーノ・レッジャーノというチーズをたっぷりとかければ完成!

先ほどまでハンバーグだったこともあり、お肉のゴロゴロとした食感を楽しめます。牛肉100%の旨味がたっぷりで、味と見た目の両方を堪能できるのが魅力です。

「ひと味違うハンバーグを味わいたい」という人は、今回紹介したお店へ行ってみるといいかも?

マークマツオカグリル札幌
住所:幌市中央区北5条西4丁目7大丸札幌店8F
営業時間:11:00~22:00
定休日:大丸札幌に準ずる

*みんテレ11月1日OAのものです
 (上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード