2022.9.16

メディア

レトロブームが鍋にも!毎年発表…2022年"トレンド鍋"「平成リバイバル」主役は「もつ」

みんテレ

そろそろ鍋の季節ですね~。その時々の食のトレンドや世相を反映した鍋料理を提案する「トレンド鍋」が発表されましたよ~。2022年のテーマは「Z世代」。いったい、どんな鍋なんでしょうか?
 

グルメ情報サイト「ぐるなび」がその時々の食のトレンドや世相を反映した鍋料理を提案している「トレンド鍋」

2019年は発酵食品人気から「発酵鍋」。2020年はコロナ禍を反映した一人鍋「みんなでこなべ」。2021年はSDGsへの関心の高まりを表現した「まるごと鍋」でした。
街角であなたが考える2022年の「トレンド鍋」を聞いてみると…。

「魚をメインにしたタラ鍋。私の腕がいいから出来栄えはグーです」という70代の女性や「キムチ鍋です。家ですごくキムチ鍋が出る。週に3回」という10代の女性も。

9月8日に発表された2022年の「トレンド鍋」は「平成リバイバル」。一体どんな鍋なのかというと…

「Z世代が注目する『平成』に、今らしさを加えてリバイバルした鍋」とのこと。
 
こちらは、1992年に流行した「もつ鍋」を、感染対策として串で取り分けられ、通常よりも食材数を多くすることで彩り豊かに令和向けにリバイバルした「彩り串もつ鍋」
1997年ごろに流行した「キムチ・チゲ鍋」を、SNS映えするようチェンジした「クリームチゲ鍋」。

この「クリームチゲ鍋」、作ってみました!

ポイントは豆乳で作る「豆乳ホイップクリーム」。
 
成分無調整の豆乳ハンドミキサーで泡立てます

とろみがついたら酢を加えてさらに泡立てホイップクリームにしたら、鶏がらスープの素や粉唐辛子を加えて味付けします。
続いてフライパンで豚バラ肉とキムチを炒め、コチュジャン、すりごま、鶏がらスープの素、粉唐辛子で味付けをして、水を加えてひと煮立ち。
 
豆腐やネギ、ニラを入れ、立ち最後に豆乳ホイップクリームを映えるようにのせて完成です。

完成予想図は先ほどの写真のようにふわふわ感を出したいのですが…。
熱すぎたのかクリームが溶けてしまいました。
 
普通のチゲ鍋なら辛そうですが、豆乳のまろやかさや、やわらかさが勝っておいしい!見た目は「映え」とは言えないかもしれないですが、おいしかったですよ~。

平成を彩った鍋が、ちょっとのアレンジで令和に復活。これからの鍋の季節に挑戦してみませんか?
 
*みんテレ9月8日OAのものです
グルメ情報サイト「ぐるなび」がその時々の食のトレンドや世相を反映した鍋料理を提案している「トレンド鍋」

2019年は発酵食品人気から「発酵鍋」。2020年はコロナ禍を反映した一人鍋「みんなでこなべ」。2021年はSDGsへの関心の高まりを表現した「まるごと鍋」でした。
街角であなたが考える2022年の「トレンド鍋」を聞いてみると…。

「魚をメインにしたタラ鍋。私の腕がいいから出来栄えはグーです」という70代の女性や「キムチ鍋です。家ですごくキムチ鍋が出る。週に3回」という10代の女性も。

9月8日に発表された2022年の「トレンド鍋」は「平成リバイバル」。一体どんな鍋なのかというと…

「Z世代が注目する『平成』に、今らしさを加えてリバイバルした鍋」とのこと。
 
こちらは、1992年に流行した「もつ鍋」を、感染対策として串で取り分けられ、通常よりも食材数を多くすることで彩り豊かに令和向けにリバイバルした「彩り串もつ鍋」
1997年ごろに流行した「キムチ・チゲ鍋」を、SNS映えするようチェンジした「クリームチゲ鍋」。

この「クリームチゲ鍋」、作ってみました!

ポイントは豆乳で作る「豆乳ホイップクリーム」。
 
成分無調整の豆乳ハンドミキサーで泡立てます

とろみがついたら酢を加えてさらに泡立てホイップクリームにしたら、鶏がらスープの素や粉唐辛子を加えて味付けします。
続いてフライパンで豚バラ肉とキムチを炒め、コチュジャン、すりごま、鶏がらスープの素、粉唐辛子で味付けをして、水を加えてひと煮立ち。
 
豆腐やネギ、ニラを入れ、立ち最後に豆乳ホイップクリームを映えるようにのせて完成です。

完成予想図は先ほどの写真のようにふわふわ感を出したいのですが…。
熱すぎたのかクリームが溶けてしまいました。
 
普通のチゲ鍋なら辛そうですが、豆乳のまろやかさや、やわらかさが勝っておいしい!見た目は「映え」とは言えないかもしれないですが、おいしかったですよ~。

平成を彩った鍋が、ちょっとのアレンジで令和に復活。これからの鍋の季節に挑戦してみませんか?
 
*みんテレ9月8日OAのものです

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。

SHARE