2022.9.7

メディア

情報アップデート!…最近の「温泉グルメ」札幌近郊コスパ最強バイキング・極上スイーツ

みんテレ

夏休みもあっという間に終わり、子どもたちも学校が始まりました。
バタバタと過ごし、逆に疲れが…なんてことはありませんか??
今回はそんな夏休みの疲れを癒やす札幌近郊「温泉グルメ」を紹介していきます。
温泉もグルメも両方満喫しちゃいましょ~!

石狩市の人気スポット「番屋の湯」

まず最初に紹介するのは石狩市にある「番屋の湯」
石狩周辺の観光には欠かせない人気スポットになっています。
 
温泉は化石海水が特徴。
湯冷めしづらく、美肌効果や疲労回復などに期待できるんだそう。
かわいいカピバラも名物なんですよ!
温泉を楽しんだ後はご飯!
番屋の湯では土日祝日限定のランチバイキングが大人気なんです!
 
和・洋・中の約30種類の料理が
70分食べ放題で大人 1100円/小学生以下 650円で楽しめるんです。
中でもこのバイキングの目玉は海鮮丼。
新鮮な刺身が乗せ放題なんです!
 
他にも石狩鍋やあんかけ焼きそばまで…2回戦目もたくさん食べちゃいましょう。
番屋の湯
住所:石狩市弁天町51-2
電話番号:0133-62-5000
営業時間:午前10時~翌午前0時
定休日:なし
料金:
大人 750円
65歳以上 700円
小学生以下 350円
3歳まで 無料
※タオル・室内着は有料

定山渓の手前にある「湯元 小金湯」

続いて紹介するのが定山渓の手前にある「湯元 小金湯」
 
温泉は毛細血管を広げ、血圧を下げる効果があると言われています。
そして今ブームのサウナもあり、オートロウリュも楽しめます。
水風呂に入り、小金湯の自然を眺めながらととのえちゃう最高のロケーションなんです。
露天風呂につかるのも最高ですよ~!
ここでのオススメグルメは「かき氷」
10種類以上のかき氷のメニューがあり、中でも注目なのは氷にミルク味が加えられている「台湾風かき氷 カラフルフルーツ」
 
マンゴー、いちご、ブルーベリーの入ったカラフルフルーツが一番人気。
フワフワのかき氷と甘酸っぱいフルーツが相性抜群です。

「台湾風かき氷 カラフルフルーツ 720円」


「寿司とせいろそばのセット 1380円」

そして宿泊施設でもあるので食事もこだわっているんです。

北海道産のそば粉を毎日製麺している十割そばは看板メニュー。
日高産の昆布を利用したそばつゆも自家製なんですよ。
板前さんが作る天ぷらは本格的な味でサックサク!ビールと一緒に食べれば最高ですよ~。

「天ぷら盛り合わせ 1020円/ビール 500円」

湯元 小金湯
住所:札幌市南区小金湯25番地
電話番号:011-596-2111
営業時間:午前10時~午後11時(最終受付 午後10時)
定休日:なし
料金:
大人(中学生以上) 900円
子ども(4歳以上) 450円
シルバー(70歳以上・タオル・浴衣付き) 900円
※土日祝日・特別日 大人・シルバー+100円 子ども50円
※タオル・室内着は有料

天然温泉が楽しめる「ていね温泉 ほのか」

最後にやってきたのは「ていね温泉 ほのか」
 
道内各地に6店舗構えるほのかグループ。
手稲店の天然温泉は、保湿効果が高く湯冷めがしにくいのが特徴です。
女性に嬉しい岩盤浴は4種類とバライティー豊かな施設が入っていますよ~。
そして先月料理をリニューアルしたんです。
中でも人気があるメニューは「網焼き 紅雪豚丼」
 
三元豚の中でも特にジューシーな肉質が特徴の“紅雪豚”を使い、特性ダレをつけて網焼きした香ばしい味がたまりません!

「網焼き 紅雪豚丼 1080円」

更に期間限定で「拉麺巡りの旅」と題した企画を開催中。
道内各5店舗で全国のご当地ラーメンを食べることが出来るんです。
手稲店で出しているのは「名物 徳島風拉麺 890円」
豚骨醤油スープに卵黄や生姜、甘辛く味付けした豚肉などが乗った様々な味わいが楽しめるラーメンなんです。
札幌にいながら全国のご当地ラーメンが食べられるなんて嬉しいですね!
 
拉麺巡りの旅は12月中旬まで、ご当地ラーメン5商品は道内5店舗でローテーションにて提供する予定なんですって。
※詳しくは各店舗をお問い合わせください
夏休みの疲れを癒やしにぜひ訪れてみては?
 
ていね温泉 ほのか
住所:札幌市手稲区富丘2条3丁目2-1
電話番号:011-683-4126
営業時間:24時間営業 年中無休

*みんテレ8月23日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

石狩市の人気スポット「番屋の湯」

まず最初に紹介するのは石狩市にある「番屋の湯」
石狩周辺の観光には欠かせない人気スポットになっています。
 
温泉は化石海水が特徴。
湯冷めしづらく、美肌効果や疲労回復などに期待できるんだそう。
かわいいカピバラも名物なんですよ!
温泉を楽しんだ後はご飯!
番屋の湯では土日祝日限定のランチバイキングが大人気なんです!
 
和・洋・中の約30種類の料理が
70分食べ放題で大人 1100円/小学生以下 650円で楽しめるんです。
中でもこのバイキングの目玉は海鮮丼。
新鮮な刺身が乗せ放題なんです!
 
他にも石狩鍋やあんかけ焼きそばまで…2回戦目もたくさん食べちゃいましょう。
番屋の湯
住所:石狩市弁天町51-2
電話番号:0133-62-5000
営業時間:午前10時~翌午前0時
定休日:なし
料金:
大人 750円
65歳以上 700円
小学生以下 350円
3歳まで 無料
※タオル・室内着は有料

定山渓の手前にある「湯元 小金湯」

続いて紹介するのが定山渓の手前にある「湯元 小金湯」
 
温泉は毛細血管を広げ、血圧を下げる効果があると言われています。
そして今ブームのサウナもあり、オートロウリュも楽しめます。
水風呂に入り、小金湯の自然を眺めながらととのえちゃう最高のロケーションなんです。
露天風呂につかるのも最高ですよ~!

「台湾風かき氷 カラフルフルーツ 720円」

ここでのオススメグルメは「かき氷」
10種類以上のかき氷のメニューがあり、中でも注目なのは氷にミルク味が加えられている「台湾風かき氷 カラフルフルーツ」
 
マンゴー、いちご、ブルーベリーの入ったカラフルフルーツが一番人気。
フワフワのかき氷と甘酸っぱいフルーツが相性抜群です。

「寿司とせいろそばのセット 1380円」

そして宿泊施設でもあるので食事もこだわっているんです。

北海道産のそば粉を毎日製麺している十割そばは看板メニュー。
日高産の昆布を利用したそばつゆも自家製なんですよ。

「天ぷら盛り合わせ 1020円/ビール 500円」

板前さんが作る天ぷらは本格的な味でサックサク!ビールと一緒に食べれば最高ですよ~。
湯元 小金湯
住所:札幌市南区小金湯25番地
電話番号:011-596-2111
営業時間:午前10時~午後11時(最終受付 午後10時)
定休日:なし
料金:
大人(中学生以上) 900円
子ども(4歳以上) 450円
シルバー(70歳以上・タオル・浴衣付き) 900円
※土日祝日・特別日 大人・シルバー+100円 子ども50円
※タオル・室内着は有料

天然温泉が楽しめる「ていね温泉 ほのか」

最後にやってきたのは「ていね温泉 ほのか」
 
道内各地に6店舗構えるほのかグループ。
手稲店の天然温泉は、保湿効果が高く湯冷めがしにくいのが特徴です。
女性に嬉しい岩盤浴は4種類とバライティー豊かな施設が入っていますよ~。

「網焼き 紅雪豚丼 1080円」

そして先月料理をリニューアルしたんです。
中でも人気があるメニューは「網焼き 紅雪豚丼」
 
三元豚の中でも特にジューシーな肉質が特徴の“紅雪豚”を使い、特性ダレをつけて網焼きした香ばしい味がたまりません!
更に期間限定で「拉麺巡りの旅」と題した企画を開催中。
道内各5店舗で全国のご当地ラーメンを食べることが出来るんです。
手稲店で出しているのは「名物 徳島風拉麺 890円」
豚骨醤油スープに卵黄や生姜、甘辛く味付けした豚肉などが乗った様々な味わいが楽しめるラーメンなんです。
札幌にいながら全国のご当地ラーメンが食べられるなんて嬉しいですね!
 
拉麺巡りの旅は12月中旬まで、ご当地ラーメン5商品は道内5店舗でローテーションにて提供する予定なんですって。
※詳しくは各店舗をお問い合わせください
夏休みの疲れを癒やしにぜひ訪れてみては?
 
ていね温泉 ほのか
住所:札幌市手稲区富丘2条3丁目2-1
電話番号:011-683-4126
営業時間:24時間営業 年中無休

*みんテレ8月23日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。

SHARE