2022.7.1

メディア

札幌と近郊に"クレープ店"続々オープン…おかず系も生地自慢も…情報番組で総力取材!

みんテレ

老若男女問わず多くの人に愛されているスイーツの定番「クレープ」。
実は今、札幌市内を中心に続々とクレープ店がオープンしているということで、注目の新店をみんテレで取材しましたよ~!

クレープの聖地・原宿で行列必至のクレープ店

東京・原宿で革命を起こした『コムクレープ』がこの春、札幌白石区にオープンしました。東京などで話題となっていて、ピーク時は連日2時間待ちという超人気店です。
看板商品の「クレープブリュレ」に使われているのは、クレープ生地とカスタードクリームのみと至ってシンプル。

バニラビーンズたっぷりの特製バニラカスタードクリームを生地の中にぎっしり詰めて、グラニュー糖をまぶしてバーナーでこんがり焼き目をつけたら完成です。

たっぷり入ったカスタードクリームは、とろっとろで飲めるくらいなめらかなんです…!

「クレープブリュレ」持ち帰り 618円、店内 630円


「イチゴミクレープ」持ち帰り 687円、店内 700円

他にも『コムクレープ』では、クレープの定番イチゴと生クリームを使ったクレープや…
カリカリに焼いたベーコンと卵、新鮮な野菜が入ったおかずクレープも人気です。

どれもとっても美味しそうですよね~!

「ベーコンエッグクーパー」持ち帰り 618円、店内 630円

6月オープン!生地だけで食べられるクレープ

続いてご紹介するのが、北広島市の住宅街に6月にオープンした『ニワクレープ』。主婦だった仁和美香さんが、自宅の敷地内にトレーラーで開業させました。
こちらのクレープの特徴は、こだわり抜いた生地。無農薬の小麦粉と国産全粒粉をブレンドし、「ギー」と呼ばれるオイルを使用しています。

「ギー」は無塩バターを煮詰めてろ過したもので、仁和さんによるとこれが無ければ生地が美味しくならないんだとか。
また、チョコレートはシロップではなく、ベルギー産のチョコレートを溶かして使っているんですって。なんとも贅沢ですよね~。
「ホントノチョコイチゴ(冷凍)ホイップ」は、生地はサクッとしながらもっちりしていて、香りもものすごく良いんだとか!

「ホントノチョコイチゴ(冷凍)ホイップ」650円

クレープの新店続々オープン…その理由とは?

実は今、札幌や近郊でクレープ専門店が増えていて、この春だけで少なくとも6店舗がオープンしているんです。

poroco(ポロコ)編集長の谷藤夏紀さんは、コロナ禍のテイクアウト需要でクレープ人気が高まっているといいます。また、コンパクトなスペースでも出店しやすく、調理しやすいこともあり、お店が増えているんだとか。
生地や具材を様々アレンジして、お店ならではのメニューを出しているところが多いそうですよ。
ボリューム感もあって、出来立てを手軽に楽しめるクレープ。
個性豊かなクレープが続々誕生しているので、飽きることなく楽しめそうですね。

*みんテレ6月17日OAのものです

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

クレープの聖地・原宿で行列必至のクレープ店

東京・原宿で革命を起こした『コムクレープ』がこの春、札幌白石区にオープンしました。東京などで話題となっていて、ピーク時は連日2時間待ちという超人気店です。

「クレープブリュレ」持ち帰り 618円、店内 630円

看板商品の「クレープブリュレ」に使われているのは、クレープ生地とカスタードクリームのみと至ってシンプル。

バニラビーンズたっぷりの特製バニラカスタードクリームを生地の中にぎっしり詰めて、グラニュー糖をまぶしてバーナーでこんがり焼き目をつけたら完成です。

たっぷり入ったカスタードクリームは、とろっとろで飲めるくらいなめらかなんです…!

「イチゴミクレープ」持ち帰り 687円、店内 700円

他にも『コムクレープ』では、クレープの定番イチゴと生クリームを使ったクレープや…

「ベーコンエッグクーパー」持ち帰り 618円、店内 630円

カリカリに焼いたベーコンと卵、新鮮な野菜が入ったおかずクレープも人気です。

どれもとっても美味しそうですよね~!

6月オープン!生地だけで食べられるクレープ

続いてご紹介するのが、北広島市の住宅街に6月にオープンした『ニワクレープ』。主婦だった仁和美香さんが、自宅の敷地内にトレーラーで開業させました。
こちらのクレープの特徴は、こだわり抜いた生地。無農薬の小麦粉と国産全粒粉をブレンドし、「ギー」と呼ばれるオイルを使用しています。

「ギー」は無塩バターを煮詰めてろ過したもので、仁和さんによるとこれが無ければ生地が美味しくならないんだとか。
また、チョコレートはシロップではなく、ベルギー産のチョコレートを溶かして使っているんですって。なんとも贅沢ですよね~。

「ホントノチョコイチゴ(冷凍)ホイップ」650円

「ホントノチョコイチゴ(冷凍)ホイップ」は、生地はサクッとしながらもっちりしていて、香りもものすごく良いんだとか!

クレープの新店続々オープン…その理由とは?

実は今、札幌や近郊でクレープ専門店が増えていて、この春だけで少なくとも6店舗がオープンしているんです。

poroco(ポロコ)編集長の谷藤夏紀さんは、コロナ禍のテイクアウト需要でクレープ人気が高まっているといいます。また、コンパクトなスペースでも出店しやすく、調理しやすいこともあり、お店が増えているんだとか。
生地や具材を様々アレンジして、お店ならではのメニューを出しているところが多いそうですよ。
ボリューム感もあって、出来立てを手軽に楽しめるクレープ。
個性豊かなクレープが続々誕生しているので、飽きることなく楽しめそうですね。

*みんテレ6月17日OAのものです

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。

SHARE