2022.6.29

メディア

狸小路に巨大な水族館…タマワンも入る商業施設 “モユク サッポロ”「札幌の街がかわる」

みんテレ

札幌・狸小路で再開発ビルの建設が進んでいます。

このビルには、都市型の水族館がオープンする予定。6月21日、巨大な水槽が搬入されました。

2023年春の開業を目指して工事が進む「モユク サッポロ」とは、一体どんな複合商業ビルなのでしょうか。

都市型の水族館開業に向けて、巨大水槽が搬入

 「モユク」とは、アイヌ語で「たぬき」を意味する言葉。地上28階建てとなる「モユク サッポロ」には、目玉施設の建設が予定されています。

まだ仮ですが、「札幌大通水族館」と名づけられた都市型の水族館です。のべ床面積は約5100平方メートルで、ビルの4階から6階にオープンする予定となっています。
6月21日、水族館建設の第一歩として、最大で幅4メートル、重さ2.4トンにも及ぶ巨大な水槽が搬入されました。アクリル製で、厚さは15センチほどもあるとのこと。

水槽はクレーンを使って7階まで吊り上げられた後、人の手を使って館内を移動させます。
この水槽にどんな生き物が入るのかは、現時点でまだ発表されていません。ですが、観光客だけでなく、札幌市民が日常的に利用できる水族館を目指しているとのことです。

街の人々からは「行ってみたい。興味があります」や「イルカが見たい」など、期待の声が寄せられました。

モユク サッポロは2023年春の開業予定

地下2階から地上6階には商業施設などが入るほか、7階には屋上広場も設置される予定です。

また、上層階には分譲マンションが入る予定で、地下街ポールタウンとも直結します。

建設が進むモユク サッポロ。
2023年春の開業が楽しみですね。

*みんテレ6月21日OAのものです

都市型の水族館開業に向けて、巨大水槽が搬入

 「モユク」とは、アイヌ語で「たぬき」を意味する言葉。地上28階建てとなる「モユク サッポロ」には、目玉施設の建設が予定されています。

まだ仮ですが、「札幌大通水族館」と名づけられた都市型の水族館です。のべ床面積は約5100平方メートルで、ビルの4階から6階にオープンする予定となっています。
6月21日、水族館建設の第一歩として、最大で幅4メートル、重さ2.4トンにも及ぶ巨大な水槽が搬入されました。アクリル製で、厚さは15センチほどもあるとのこと。

水槽はクレーンを使って7階まで吊り上げられた後、人の手を使って館内を移動させます。
この水槽にどんな生き物が入るのかは、現時点でまだ発表されていません。ですが、観光客だけでなく、札幌市民が日常的に利用できる水族館を目指しているとのことです。

街の人々からは「行ってみたい。興味があります」や「イルカが見たい」など、期待の声が寄せられました。

モユク サッポロは2023年春の開業予定

地下2階から地上6階には商業施設などが入るほか、7階には屋上広場も設置される予定です。

また、上層階には分譲マンションが入る予定で、地下街ポールタウンとも直結します。

建設が進むモユク サッポロ。
2023年春の開業が楽しみですね。

*みんテレ6月21日OAのものです

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード