2022.5.11

メディア

北海道の「甘エビ」に異変…かつてない不漁で”価格急上昇” 外国産も品薄

みんテレ

いま、北海道産の甘エビの価格が高騰しています。さらに外国産の甘エビも品薄の状態に…。

北海道の甘エビは3月から5月が旬の季節ですが、2022年は異変が起きています。
札幌市内のスーパーでは北海道産の甘エビが100グラム約400円に。価格は、2021年の約2倍に跳ね上がっていました!

急激な値上がりは、なぜ起きたのでしょうか。

かつてない不漁に…

日本海に面した北海道北部の羽幌町。日本有数の甘エビの漁獲量を誇る町ですが、2022年はかつてない不漁に見舞われています。

例年エビかご漁が解禁となる春先は最も水揚げの多い時期ですが、不漁の影響で鮮魚店では、甘エビの入荷がない日も…。入荷できた日でも1日3パックほどしか入ってこないとのこと。

「例年の10分の1ぐらい。私、この店に10年ぐらいいますが、ここまで心配したのは初めてです。1キロあたりだと去年に比べて3倍は違うかもしれない」と北のにしん屋さん 下山 茜さん。
その影響は、羽幌町の名物どんぶりにも及んでいました。
 
地元の食堂では、これまでエビ丼にすべて甘エビをのせていましたが…。

「今年は甘エビをのせられない日もあります。のせても半分だけで残りの半分はシマエビやボタンエビをのせています」と下山さん。

なぜ、甘エビは深刻な不漁に陥っているのでしょうか。専門家に聞きました。

なぜ深刻な不漁に?

「マイワシが死んで、エビが籠の中に入らないというのが有力な原因のではないかと思います。今年の冬に日本海各地でマイワシが打ち上がりました。酸欠状態になったことや急激に水温が冷たくなったことが影響していると思います」と道立総合研究機構 中央水産試験場 山口 浩志 研究主幹。

かごの中の餌で引き寄せ甘エビをとるのがエビかご漁ですが、甘エビはいま死んだイワシを食べているというのです。

一方でこんな可能性も指摘しました。
「気になるのは、甘エビの有力な捕食者であるマダラが空前の豊漁。甘エビを捕る漁船は大幅に減っているにも関わらず、漁獲量が減っているのは捕食者増加の可能性も否定できない」と山口 浩志 研究主幹。
 

外国産も入荷が難しく…

品薄になっているのは、北海道産の甘エビだけではありません。外国産も入荷が難しくなっていました。

「ウクライナ情勢などもあって、ロシア産のものから他の外国産にシフトする国も増えているので、そこの引き合いが強くなっています。あとは円安の兼ね合い、輸入で相場がどんどん上がっています」とラッキー山の手店 岩倉 正晃さん。

スーパーでは、現在冷凍された在庫でしのいでいます。店頭に並ぶエビ自体もさらに値上がりということは十分に考えられるとのこと。

今後も価格の上昇がありそうな甘エビ。見通しは甘くなさそうです。
 
*みんテレ5月5日OAのものです
 

かつてない不漁に…

日本海に面した北海道北部の羽幌町。日本有数の甘エビの漁獲量を誇る町ですが、2022年はかつてない不漁に見舞われています。

例年エビかご漁が解禁となる春先は最も水揚げの多い時期ですが、不漁の影響で鮮魚店では、甘エビの入荷がない日も…。入荷できた日でも1日3パックほどしか入ってこないとのこと。

「例年の10分の1ぐらい。私、この店に10年ぐらいいますが、ここまで心配したのは初めてです。1キロあたりだと去年に比べて3倍は違うかもしれない」と北のにしん屋さん 下山 茜さん。
その影響は、羽幌町の名物どんぶりにも及んでいました。
 
地元の食堂では、これまでエビ丼にすべて甘エビをのせていましたが…。

「今年は甘エビをのせられない日もあります。のせても半分だけで残りの半分はシマエビやボタンエビをのせています」と下山さん。

なぜ、甘エビは深刻な不漁に陥っているのでしょうか。専門家に聞きました。

なぜ深刻な不漁に?

「マイワシが死んで、エビが籠の中に入らないというのが有力な原因のではないかと思います。今年の冬に日本海各地でマイワシが打ち上がりました。酸欠状態になったことや急激に水温が冷たくなったことが影響していると思います」と道立総合研究機構 中央水産試験場 山口 浩志 研究主幹。

かごの中の餌で引き寄せ甘エビをとるのがエビかご漁ですが、甘エビはいま死んだイワシを食べているというのです。

一方でこんな可能性も指摘しました。
「気になるのは、甘エビの有力な捕食者であるマダラが空前の豊漁。甘エビを捕る漁船は大幅に減っているにも関わらず、漁獲量が減っているのは捕食者増加の可能性も否定できない」と山口 浩志 研究主幹。
 

外国産も入荷が難しく…

品薄になっているのは、北海道産の甘エビだけではありません。外国産も入荷が難しくなっていました。

「ウクライナ情勢などもあって、ロシア産のものから他の外国産にシフトする国も増えているので、そこの引き合いが強くなっています。あとは円安の兼ね合い、輸入で相場がどんどん上がっています」とラッキー山の手店 岩倉 正晃さん。

スーパーでは、現在冷凍された在庫でしのいでいます。店頭に並ぶエビ自体もさらに値上がりということは十分に考えられるとのこと。

今後も価格の上昇がありそうな甘エビ。見通しは甘くなさそうです。
 
*みんテレ5月5日OAのものです
 

みんテレ

「働く女性」の帰宅が増える、ごご4時48分から放送!「子育てママ」「働く女性」は、夕方は忙しい!そこで、「みんテレ」は、「耳で観る」=耳で聴くだけで情報がわかる、また夕食の支度で忙しい視聴者にも短時間で情報が分かる、即効性&実用性のある情報をお届けします。

SHARE

RELATED WORDS 関連ワード